2003年10月アーカイブ

Panther、返品交換へ

昨夜から初期画面のまま一夜を明かした Panther インストール。アップルサポートへ電話した結果、返品してメーカーにてディスクの検証、不具合があれば交換と言うことへ。電話がつながるまで、4回(これは意外に短い)。電話時間、手元の計測では54分47秒。ふう。

まず、通常にインストール開始。10.2.8 で CD を挿入、ひらいたウインドウからインストールアイコンをクリック。再起動で、CDから起動するはず・・・。起動音の後、グレーのアップルマークが出た画面のまますすまない。うーん。電源ぶちっ。

マウスをクリックしたまま、起動。CDがはき出されて、通常に起動。また、CDを入れて、再起動。"C"を押しながら起動すれば、CDから起動するはず・・・。起動音の後、グレーのアップルマークが出た画面のまますすまない。またかよ。電源ぶちっ。

CDドライブが悪いのかと、Jaguerの起動ディスクで試してみると、ちゃんと起動するやん!

では、もう一度。システム環境設定から、起動ディスクを選択。もちろん、Panther CD。はい、再起動。インストーラー出てこいよ。起動音の後、グレーのアップルマークが出た画面のまますすまない。もしかして、めっちゃじかんかかるのか?とりあえず、このまま寝てみよう。

というのがゆうべのところ。朝まで、グレーのアップルマーク画面でした。

2ちゃんねるをみていたら、CD不良でインストールできず、交換にいたるケースがある模様。アップルストアで買ったらどうしたらいいんだ?サポートは9:00からだったので、電話をかけてみる。担当窓口は混み合っていて、結局4回かけてつながった。

状況を説明し、指示通りやっぱり何度か再起動を試し、結局だめ。メーカーでのディスク検証のため、返送ということになった。もちろん着払いとのこと。

ディスクが正常だったら、どうなるのか、と聞いたら、ドライブとの相性などがあるかもしれないから、ハードの検証、もしかして修理にいたることがあるかも、そちらもサポートさせていただきます、とのこと。

この先、どうなることやら。

カズマはこの間、おんぶで寝てました。肩こり、ばりばり。

Mac OS X Panther v10.3、今日届きました。インストールCDから起動しようとして、ずううううっと、この画面のままなんですけど。このままおいて寝ます。

ちんくぇちぇんと

ダンナの車です。Fiat 500 という、推定30才を超えると思われる、うちで一番高価なおもちゃ。「走れるの?」とかよく聞かれるけど、ちゃんと走ります。一番遠いところでは、自宅のある三重県松阪市から、長野まで。ちゃんと、高速走ったぞ!シートベルトはありません。チャイルドシートは当然つきません。なかなか、子連れにはつらい車です。いつかまた、詳しく。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja