子どもと一緒にラリージャパン2004(1日目)

2004年のWRCラリージャパン、子連れ(2歳)観戦記
※壊れてしまったブログの残骸からの再エントリーです。

2004年9月2日
松阪を出発。北海道入り。

9:00
駅まで送ってほしいとお願いしていた義父が迎えに来る。小雨の中、出発。

9:30
近鉄の特急に乗り込む。JRの快速みえのほうが安く、こちらも指定があるのだけれど、4人がけの席だし、名古屋近くでは乗客が増え、通路に立っている人も多い。授乳があるので、すいてる近鉄で。電車が来たら「これ乗る!」、乗り込んだら「テーブル!」「しゅっぱつしんこう!」と大喜び。1時間ほどで飽きてきて、「おそとー、おりるー」と連発するが、少しなだめて、順調に名古屋まで。

11:00
名古屋駅からはバスで名古屋空港へ。外のトランクへ荷物を入れたけど、車内にも大きい荷物を置けるようになっていた。うちは小さめのスーツケースだったので、持ち込んだほうが便利そう。カズマは、「かずくんのバスー、これのるー!」とやはり大喜び。当然、歌は「ばすごっこ」。他にもいろいろうたいます。

11:30
飛行機は12:30。1時間前だったが、すでに満席近い。2席並びではとれずに、両側に遠く離れた窓際の席。「子どもがいるので」ということでカウンターで聞いてみると、通路をはさんで1列違いの近い席に変更してもらえた。

11:50
レストランで昼食。カズマが食べるに違いないオムライス(炊き込みごはん、チキンライスなど味付けごはんが大好き!)と日替わり定食。小皿に入れてさましてあげると、ばくばく食べる。オムライス半分ぐらい、日替わりのうどんの小鉢の半分ぐらい、その他おかず少し。スプーンで結構上手に食べてくれるので、ほんとに助かる!私もちゃんと食べることができて(いっぱい食べられちゃったから足りないけど)、落ち着いて飛行機に向かうことができた。

12:10
カズマを連れてトイレに行って・・・と思っていると時間がかなりぎりぎり。もし時間が来たら『「こどもがトイレに行っている」といってほしい』と言い残し、勘定をダンナに任せてトイレにダッシュ!見事成功。

12:15
機内へ案内・・・と思ったら、いったんバスへ。カズマを抱いて立っていたら、席を譲ってくれた方がいた。ありがとうございます!!バスも1回多くて、ラッキー。

12:30

名古屋空港を出発。飛行機は女満別空港を目指す。離陸時の急な加速に、カズマははしゃぎ気味。ほどなく、おっぱいを飲んでお昼寝へ。電車や飛行機の座席での授乳時には、カズマをだっこした上からスリングを私の首からかけて、目隠し兼毛布代わりにしている。ドリンクサービス時、カズマが寝ているのをいいことにホットコーヒーを飲む。片づけてくれるとき、「お子様の飲み物をおいれしておきましょうか?」と聞いてくれたとき、カズマが目覚める。なんて察しのいいヤツ。オレンジジュースをのむ。紙コップにはストローがさせるフタ付きで、多少傾いてもこぼれないので便利。
飛行機のおもちゃをもらう。気に入って、ぶーんぶーんと飛ばすまね。暇つぶしをいくつか仕込んでいたのだけれど、今のところ出番なし。
窓際のご夫婦も通路をはさんだ側のご夫婦も、お孫さんがいそうな年代の方。騒がしい子どもを、にこにこしながら見てくれていたり、話しかけてくれたりと、温かい対応がうれしかった。

14:30

女満別空港からはレンタカー。カズマが好きなのでマーチにした。空港カウンターは受付だけ。営業所まで送ってもらう。手続きを済ませると、「かずくんのマーチ!」とさっそく乗り込もうとする。マーチにしてよかった!もっとカラフルなのがよかったと、銀色なのがちょっと残念なダンナ。うちはパックになってるオリックスレンタカー。他のレンタカーやさんにはカラフルマーチも並んでいる。日産レンタカーでした。なるほどね。
カズマに飛行機を見せてるあいだにナビを設定しようと、女満別空港へ戻る。なんだかんだで、出発は15:00すぎ。

17:00
美幌を抜けるころ、カズマが寝る。起きていたら阿寒湖あたりで休憩しようと思っていたが、寝ている間にどんどん先を目指す。アイスクリームやさんの看板発見。北海道、やっぱり食べなきゃと言うことで休憩。見事にカズマ目覚める。

アイスクリームには目覚めているのだが、好きなのはコーンのところ。食べ終わったあとは、和式トイレでおしっこ成功!敷地にあった農機具(トラクター?)に乗ってご満悦。日が傾き、寒いぐらいに涼しくなってきたので、先を目指す。カズマは「まだのりたかった」

18:30
ホテルに到着。荷物を整理して、夕食へ。以前、弟夫婦が釧路に来たときによかったという炉端焼きの店に行くつもり。場所がわからないのでフロントに聞いてみると、徒歩10分わかりやすいところにあるらしい。

19:00
煉瓦という炉ばた焼きの店へ。少しファミレス的な雰囲気をもつ居酒屋風のお店。子ども連れでも入りやすい。子ども用のいすもちゃんと用意してある。イメージしていたよりもずいぶん大きい。ほんとにファミレスぐらいの面積がありそう。少し混んでいて、30分ほど待った。適当にセットと単品でいくつか頼んだら、多すぎ・・・。ほっけとか、かきとか、いかとか・・・何があったっけ?カズマが食べられるものをと、いくらととろろの冷やし茶漬けみたいなのを注文。いくらにはまる。

20:30

店を出てすぐ、釧路川のフィッシャーマンズワーフMOOのそばでで、船を見る。結構寒い。帰り道に買い物。紙パンツを数個しか持ってきていなかったので、こちらで調達。近くにスーパーやドラッグストアらしい店を見かけなかったので、ダンナに遠回りして探してきてもらった。見つけるのにちょっと苦労したらしい。

21:00
ダンナが買ってきたのはメリーズパンツ。いつもはムーニーマン。メリーズパンツを見てカズマが、「これ、Sちゃんのとにてるー。Hちゃんとにてるー。」保育園で一緒の子が使っているのかも。あとで確認しました。ほんとにメリーズだそうです。よくみてるなあ。
パンツでひとはしゃぎして、疲れもピークに。夕食前にずいぶん待たされたり、かなり疲れた様子なので、おふろは明朝にしてこの日は就寝。

« 前の記事:

子どもと一緒にラリージャパン2004(概要)

» 次の記事:

子どもと一緒にラリージャパン2004(2日目)

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja