ラリージャパン2006(9/2)シピリカキム1エリアA

9/2、わが家のラリージャパンツアー、メインの日です。
まずは北見~シピリカキム1エリアA。SSのことは、ほとんど書いてないです。

4:30
起床。寝ぼけながらゆっくり荷造り。

5:30
出発。カズマはおにぎりを食べ、「寝るわ」。
一応、サイトにあった案内通りに行けるようにナビを設定。地図を見るとミルクロードと名前が付いている道が近道のようなのですが、駐車場付近の様子がわからないので、行けるとわかっている道で行けるように。

ここで今さら気づいたこと。出発直前に印刷してきたラリージャパン公式サイトの『各会場の駐車場のご案内』、シピリカキム・エリアAは、駐車場から観戦エリアまで徒歩約3キロ!!チケット買うって決めたときには、絶対3kmなんて情報はなかったぞ。数百mはあったような気がするけど。それなら、4歳のカズマをだっこやおんぶしてもがんばれると思って決めたはず。

あ~~、今日は天気よくてよかった。雨だったら、すっかりめげてパスしたかも。

6:30
ミルクロードの入り口にもラリージャパン・シピリカキム駐車場の案内あり。のどかな風景のところです。写真を撮っていたら、カズマもお目覚め。


7:30
のどかな風景の中に突然現れる駐車場。車はいっぱい。バイクも数台。駐車場はちょっとどろどろで、平らじゃないところも多くて、バイクはサイドスタンドがめり込んでこけそうになってたりしてます。徒歩3キロに備え、荷物を作り直して出発!涼しいけど、暑くなりそう。写真は、少しあるいたところから駐車場を振り返ってみたところ。


途中、売店がいくつか出ているポイントがあります。ちょうどゆでとうきびやさん開店!なにげなく買ったとうもろこしがおいしくて、毎年、屋台でとうもろこしを買うのが楽しみのひとつだったりします。

ちょうどここが、エリアAとエリアBの分かれるところ。エリアAまでは徒歩20分とのこと。観戦エリアAにはトイレはないとか。え~~、あるって書いてあったのに!!徒歩3キロ&トイレまで20分。知ってたら、ぜぇったいに買ってなかっただろうな。


8:30
観戦エリア到着。エリアAに決めた理由のひとつが、観戦エリアが斜面であることが予想できたから。子どもでも、エリアの後方でもちゃんと車が見えるかも、という魂胆。それは当たったけど、予想外だったのは斜面がきつい!レジャーシートの上では滑るし、折りたたみいすは上手に座れない。あと、笹を刈ったあとがチクチクで、薄っぺらい銀マットはびりびりです。

何とか、リラックスできるポジションを確保したところで、さっそく「ゆでとうきび」。おいしいです。ほかにもお菓子とか、お茶とか、まるでピクニック♪


9:30
デジカメの電池が切れました。予備の電池は、3キロ戻った車の中・・・。

9:45
そろそろ本番。
よくわかんなくても、疾走する車はかっこよいです。

カズマも一生懸命、旗振ってます。でも、ワークス勢以外は、なんの車が来ているのか、あまりわかってないよう。去年はわかってたよね?赤いとランエボ、青いとインプレッサと惑わされているらしい。だんだん知恵がついてきてるということだと思うけど、去年までは一体なにで判断していたんでしょうか。妙に正解率高かったです。

ワークス勢が終わると、移動する人も増えますが、帰りものんびりあるきたいので、最後まで居残ります。あとの方になると車がやってくる間隔も短くなり、追いつきそうなタイミングでやってきたり、実際追い越させたり、道から落ちそうになったりと、はらはらするシーンも増えたりして、カズマも退屈せずに見ています。

11:30ごろ?
車が来なくなったので帰ることに。うちと同じく、あんまりわかってなくて、これでおわり?みたいな雰囲気で帰る人も多そう(笑)。帰りもてくてくがんばります。カズマがよくがんばってます。

半分をすぎたころでしょうか。売店から帰っていく地元の方が駐車場まで車に乗せてくれました。ありがとうございます!とっても助かりました。

12:15
駐車場に到着。トイレに行ったり、いろんな車を眺めたり。ちょっとゆっくり。

12:30
今夜の帯広のホテル、そしてオビヒロSSを目指します。経由地は足寄ラリーパーク。

なんと言っても、天候がよかったのがGood!!ピクニック気分の林道SSをめいっぱい楽しめました。

≪追記≫
今年、VIVIOはいないの?と思ったら、リタイアしてたんだそうで。来年はレギュレーションの関係ででられないんだそうです。残念!

シピリカキムの雰囲気はこちらでも。子連れにはオススメしません(笑)。

Yahoo!ブログ - *chiko*&チコ:☆帰路へ☆

途中、牛さんの頭がい骨がありましたよ~!Σ( ̄ロ ̄lll)

しらんかったです。

この際、言いたい放題=別冊版: ラリージャパン観戦記(その1)=レグ2、SS14シピリカキム

で、観戦席が最高の盛り上がりを見せたのは、これの時です!

SSの写真はこちらで。「これ」の時から、カズマもはまってます。

« 前の記事:

ラリージャパン2006(9/1)

» 次の記事:

Qステア GSRS02 レーシングセットインプレッサ&ランサーWRC編

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja