だんごむしと恐竜のレプトぼうや《虫・恐竜の絵本》

しばらく前のことなのですが、カズマが500円分の図書カードを当てました。なんの本欲しい?って聞いて答えたのがこれ。だんごむし&恐竜指名買いです(笑)。

だんごむしと恐竜のレプトぼうや
だんごむしと恐竜のレプトぼうや松岡 達英

おすすめ平均
stars恐竜好きなお子様に、是非どうぞ。
starsちっちゃな大冒険家と恐竜の世界へ
stars今回は恐竜の世界へ
starsふしぎの国のだんごむしくん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

だんごむしくんがガールフレンドの「だんこちゃん」といっしょに、迷子の恐竜のぼうやとお母さんをさがす旅に出ます。本の中に転がり込んだら、そこは恐竜の世界だったという、不思議なお話。どこまでわかっているのかは謎・・・。

だんごむしうみへいく」と同様、作者の松岡 達英 さんの、リアルなのに、愛らしさが感じられる絵がすごいです。

「だんこちゃん」というのが読みにくいのが難。音読してると「だんごむし」か「だんこちゃん」かちゃんと判断しながら読み進めないと、アクセントが全然違うので、おっとっと、ということになります。何度も読んで、覚えてきたから、もう大丈夫なんですけどね。

ラリージャパンを見に行くのに、本をひとつだけ連れて行こうといったら、選んだのもこれでした。ハラハラドキドキするのがいいのかなあ。そういえば、この「だんごむしと恐竜のレプトぼうや」も「だんごむしうみへいく」も船が転覆しちゃいます。

ところで、このエントリーを作るためにのぞいたアマゾンで、ついでのリンクで出てきた本がとても気になりました。

あまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけん
あまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけん松岡 たつひで

おすすめ平均
stars幻想的な話です
stars絵本にして科学図鑑

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
トンボ池をたんけんしてみませんか?水の中の世界は、めずらしいことばかりふしぎがいっぱい!楽しさがいっぱい!でも、こわいことも、いっぱいあるのです!読んであげるなら4才から。自分で読むなら小学校初級むき。

松岡さんのあまがえるかあ、かわいいだろうなあ。

« 前の記事:

ラリージャパン2006(9/2)足寄ラリーパーク

» 次の記事:

Love WRC People!

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja