2007年11月アーカイブ

Syncmateのお試しに加えて、Missing Sync for Windows Mobileも意外にさくっと試用できたので、簡単にかいときます。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])からMacBookのiPhotoのライブラリへの写真の取り込みについてのみ。
LeopardにアップデートしたMacBook、Mac OS X バージョン 10.5.1です。iPhotoは6.06。

SyncMate
デバイス→Macの取り込みを選択すると、デバイスから読み込むフォルダの指定、Macにコピーするフォルダの指定をします。ん、これだけ?

同期すると、Macへのコピーはできました。iPhotoには取り込まれるわけではないみたい。

Mac→デバイスの設定画面は、デバイスからの読み込みよりも設定する箇所が多かったので、iPhotoライブラリからデバイスへの書き出しは、結構いろいろできるのかも。

Missing Sync for Windows Mobile
「Leopard-ready Version」という4.0.2Betaをインストール。
デバイスからの読み込み先を指定。「\microSDカード\DCIM」と手で書かないといけないところがびみょ~。
私の場合はライブラリに入ってほしいので、ダウンロード先にはiPhotoアルバムのライブラリを指定。
同期したら、iPhotoが起動してきて、ライブラリにおさまってくれました!!

ばんざーい!!
何で、前は失敗してたんだろう・・・。

iPhoto連携の、デバイスからの画像の取り込み部分、私にとってはめちゃめちゃ大きな違いなので、これだけでMissing Sync for Windows Mobileが◎ですね。

iPhotoは使ってない、自動でライブラリに取り込まれなくても後でちょいっと読み込むからOK・・・なんて、こんなところにこだわらない人なら、SyncMateも十分便利に使えると思います。
SyncMateではWindows Mobile デバイスのmicroSDカードからの読み込み先フォルダをドロップダウンで選択できたのも非常に好感度大。Missing Syncは手で書かないといけなかったのですが、「カード」でカタカナでかいていいのか?とか、悩みました。書いてみてあたりだったからいいけど。選択式の方が断然ラク。

そうそう、先にSyncMateをインストールしていると、Missing Syncがうまく認識してくれないみたいだったので、いったんSyncMateを削除しました。

参考になるところ
[N] Macとアドエスを「SyncMate」で同期
SyncMateの設定画面のキャプチャ画像がたくさん紹介されています。iPhotoのは、Mac→Mobile dviceの画像ですね。いろいろできる感じがよくわかると思います。

あるデザイナーの雑記★2.0 W-ZERO3+[Ades] ... SyncMate検証
SyncMateとMissing Syncの比較。私の場合、同じ画像データで試していたけれど、たしかにSyncMateの方が遅かった感じはします。

(追記)iPhotoとの連携について質問してきました~。やっぱりライブラリには取り込まれないようです。tf_ftrさんがコメントで紹介してくれた手順はこちら。

一部手動になるんですが、一番簡単・安全にライブラリに取り込む方法としては、

1)「ピクチャ」フォルダ内に適当にフォルダを作る(例として「モバイルピクチャ」フォルダ)
2)SyncMateは「モバイルピクチャ」フォルダ内で同期させる設定にする
3)「モバイルピクチャ」フォルダに画像を取り込む
4)iPhotoを起動し、ウィンドウに「モバイルピクチャ」フォルダごと放り込む
5)重複ダイアログは任意で(普通に使う分には上書きを優先しても大丈夫かと)


Missing Sync for Windows Mobile以外にも、Macとの同期ソフトがあるそうです。メモメモ。

SyncmateはMissing Syncを超えた?しかもフリーウェア! :: pocketgames :: W-ZERO3応援団

SyncmateはMacとWindows Mobileとの同期ソフトウェア(フリーウェア)。アドレス帳、カレンダー、ブックマーク、ノート、音楽、写真の同期に加えて、インストールやSMS管理、ビデオや画像の変換までこなす。対応はWindows Mobile5および6、MacはOS 10.4のみらしい。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])とMacBookで、写真の管理をさくっとやりたいんだけれど、以前に「Missing Sync for Windows Mobile」の試用したときには、iPhotoの同期が期待したようには設定できなくて挫折してます。

「Syncmate」がMac OS X 10.5(Leopard)で動くようになったら試してみたいと思います。iTunesのプレイリストはどうなんだろ。期待大です。

<追記>
Leopard、OKってことでしょか、これは。やってみねば。
SyncMate - Sync Mac OS X with Windows Mobile: iTunes, contacts, folders etc.

Platforms "SyncMate" is compatible with:

*
Mac OS X 10.4 and higher
*
Mac OS X 10.5


10.4.10での素早い検証記事がこちらに!
あるデザイナーの雑記★2.0 W-ZERO3+[Ades] ... SyncMate検証


<追記>
iPhotoの使い勝手を調べてみました。
アドエスの写真をiPhotoライブラリに読み込むなら?SyncMate vs Missing Sync

Macで使えるWindowsたち
・Boot Camp
・Parallels Desktop for Mac
・VMWare Fusion
で比較しておきたいことを、仮想環境の試用を前にピックアップ。BootCampはふつうのウィンドウズマシンとかんがえていいから、仮想環境でどの程度同じようになってるかどうか、という感じです。

■IBM(Lenovo) ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付がつかえるかどうか。
BootCampなら、ドライバ入れればokだけど、仮想環境じゃ、ホストのMacが認識している状態がゲストのWindowsに渡されるのだろうから、たぶんだめだろうな・・・。

■MacBookのキーボードがどんな風に使えるのか。
トラベルキーボードがだめでも、MacBookのキーボードでの操作感がかなりいけるなら、この機会に思い切って外付けキーボードを卒業しておくとのちのち幸せかも。

■Alt + Tab でのタスクの切り替えは?
多用しているので、使えないと困る。Fusionを少し使った感じでは、ユニティモードだと区別なく切り替えられる。フルスクリーンモードだと、Macのアプリケーションとして、VMWareとほかのアプリケーションが切り替えられる。
希望としては、フルスクリーンのときは、ゲストにコントロールが奪われてしまうような、ちょっと古い感じの操作感を希望。そんな設定できるかな?ウィンドウズモード、マックモードをぱっきりと切り分けたいのです。

■アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])の接続は?
iTunesとiPhotoはMacで。たまに必要なアプリのインストールは、Windowsで。同じUSB機器の接続の割り当ての切り替えは簡単なのかどうか。

■プリンタの確認も念のため・・・。
AirMac ExpressにつないだEPSON PM-950Cで、ネットワーク経由なので影響ないとおもうけど。
両方で使いたい機器なんてそんなにないし、こんなもんかな。基本的には、MacBookのキーボードでの操作がどれだけ心地よくできるか次第だとおもってます。


<追記>
試用の記録はこちらに(随時、追加します)
日本語IMEのオン/オフにはまる~MacBookでVMWare Fusion(1)~

何となく、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])の動作が重くなってきた感じがしてきて、フォーマットして再構築しようと思っているので、ひさしぶりに今使っているツールのメモをまとめていこうと思ってます。

まずは、今使っているランチャー「KTPocketLaunch2」。以前は、smallMenu+SortInchiKeyでスタートメニュー置き換え風で使っていたのですが、今はKTPocketLaunch2に乗り換えています。

以前に「X02HT記念「KTPocketLaunch2」がいいなあ」で書いたようにアドエスに入れていいものかどうかわかってなかったのですが、ちょっと後にこの記事を発見!

あ、アドエスはどれをインストールすればよかとですか! - すくらぶる -ラクガキチョー-

WM6 standard Edition とWM6 professional Edition の二つのバージョンがあり

でもClassic Edition の表記の無いアプリケーションは

アドエスだとどれを入れればよいのやら?はて?

ということですが、私の結論は、もろもろ情報を加味して

アドエスにはprofessional Edition を入れる!

で、ウッドボール!!!

ウィルコム端末はPHSで、Windows Mobleの通信機能では制御できないので、通信機能のないClassic Edithionに独自の通信制御機能を搭載している。よって、通信機能を使わないアプリケーションなら、タッチパネル対応のWindows Mobile 6 Standard向けのバージョンを入れればOKということのようです。

謎が解けたら、早速インストール。KTPocketLaunch2のダウンロードのところから

WM5(PocketPC)/WM6(Professional)用
(KTPocketLaunch2.arm.CAB)

をダウンロード!

入れるだけで、いろんなアプリが簡単に選択できるようになる。ほんと、インストールするだけ!
細かいカスタマイズが苦手なものぐささんには絶対お勧めです。

・・・あ、簡単に起動できるようにする細工は必要かな。

私は、アドエス標準の割り当て機能で、文字キー長押しに割り当てています。あと、数字で直接選択できる設定にしてます。使用頻度で順番が変わるので、数字を記憶しておけるわけではなくて毎回画面をちゃんと見ないといけないので、何も設定しないでカーソルで選択するのでも相当便利になると思います。でも、カーソル移動+アクションキーより数字キー一発の方が気持ちいいですよ。

ついでに紹介。今、他にキーを割り当ててるものは、SortInchKeyでAlt+文字(ダイアルキー)にキャプチャソフトのKTCapt。何も設定してないときにも、できるだけなれた動きでどうにかできるようにという考え方。

今のところ、キー割り当てはこの2つだけです。

自分がものぐささんなので、フォーマット後の再構築もさくさくやらなくてもそれなりに使えるように、ガシガシとカスタマイズはしてません。いろいろやると便利そうだけど、いろいろやること自体が便利じゃない。今の自分の使い方で不便なところだけ手を入れてます。

ってことで、どうしても「ここは使えん!」という耐えられない場面だけにしているつもりだけど、思った以上にやってるんだよなあ・・・。

「KTPocketLaunch2」の操作などの解説はウィルコムファンが詳しいのでそちらをどうぞ。
ウィルコムファン W-ZERO3: 片手操作で「プログラム」内のアプリケーションを起動/KTPocketLaunch2

MacBookでWindowsを使うときに気になるWindowsのライセンスについては

ヴイエムウェア フュージョン[VMware Fusion] -アクト・ツー-

※ Windows OS をインストールした BootCamp ボリュームと VMware Fusion を共有して使用する場合、Windows OS のライセンスは 2 ライセンス必要になります。BootCamp から VMware Fusion へ移行する場合は 1 ライセンスでご利用いただけます。

だそうです。

OS Xから仮想環境で使うのと、BootCampから起動させて使うのと、両方やりたいなら、インストールした場所はひとつで、同時に使えないけどライセンスは2ついるってことでいいのかな。

MacBookはMac OS X LeopardとWindows XPのデュアルブートでセッティングしてますが、OS XからWindowsをそのまま使える仮想環境にももちろん興味ありです。

MacでWindowsを使うための仮想環境といえば、Parallels Desktop for MacVMWare Fusion for Mac もact2から日本語版の発売がまもなくでかなり追いついてきた感じ。買うとしてもどっちを買っていいのか、わからない・・・。

ParallelsのコヒーレンスモードやFusionのユニティモード(MacのウィンドウとWindowsのウィンドウが混在して使えるモード)には実は興味がなくて(コヒーレンスモードを見たときにはおおっとは思ったけど)、LeopardのSpacesという仮想デスクトップとフルスクリーンモードを組み合わせて、全画面Macと全画面Windowsがぱっと入れ替わるような使い方ができないかと妄想中です。これができたら、買うかも。

最近はどちらもBoot Camp パーティションにインストールされたWindows(Fusionは今はXPのみ)を使えるそうなので、環境が準備できたら試用してみたいと思っています。

激しい使い方はしてないので、パフォーマンスの善し悪しとかたぶんどっちでもいいので、周辺機器が使えないとかないか試すだけだろうなと思ってます。

何となく、VMWare Fusionから・・・と思ったのですが、評価版のダウンロードに1時間ほどかかりそうな表示。今日はあきらめた方が良さそうです。

待ってる間に、Windowsのライセンスのこととか、調べとこう。

----
タイトルでPallarells Desktop for Macと。思い切りつづり間違い。はずかしっ。

<追記>
以下みたいなポイントに注目して試用してみるつもりです。
MacBookのWindowsの私的な比較ポイント

予想外にすったもんだしましたが、MacBookの内蔵HDDの交換作業は落ち着いてきました。160GBの富士通FUJITSU MHW2160BHで、順調にLoepard(Mac OS X 10.5) と Windows XPデュアルブートになってます。

Optionキー押しながらの起動でLeopardのHDDアイコンが出ないのは解決せずじまい。起動ディスクとしても認識されないようになっていたので、何かこわれていたのだと思います。

ブートローダあたりを調べて何とか直してみせるというのにも惹かれたのですが、グッとこらえ、安易な力業で完成を目指しました。パーティション切り直して、インストールしては留守中、睡眠中に放置で再構築。以下の手順でやり直しです。

  1. 内蔵以外のシステムで起動。前のシステムとか、インストールCDとか。
  2. ディスクユーティリティで、内蔵HDDのパーティションを設定。次の3個。
    1. Mac用70GB:Mac OS拡張
    2. データ用40GB:Mac OS拡張→MS-DOS(FAT)
      インストール時にWindowsが認識できるパーティションが2つあると、ブートに失敗するらしい。なので、Windowsインストール完了後に、両方から読み書きできるFAT32にする。
    3. Windows用40GB:MS-DOS(FAT)
      2番目のボリュームをWin用にしてみたときは、HDDからの起動でhal.dllがないか壊れているといわれて起動できずインストールできなかった。Boot.iniを修復してもダメ。パーティションテーブルとか、なにかブートに関することでまずいことがあるみたい。詳しいことは調べてない。
  3. ディスクユーティリティで旧システムを内蔵HDDに復元。20GBほどのデータ、USB外付けケースに入ったHDDからのデータ移行で2時間ぐらい。
    1. ソース:旧システムボリューム
    2. 復元先:新しい内蔵HDDのMac用ボリューム
  4. WindowsのインストールCDから起動して、FATのパーティションをインストール先に指定してスタート。
    次の再起動まで1時間弱。FATのままだと、インストール中のHDDからの起動でDiskErrorが出て続けられず。NTFSでフォーマットすればOKだった。念のためクイックではないフォーマットをした。
  5. 再起動のタイミングで、起動ディスクを選択して、Windows用パーティションから起動。
    CDからHDDへのデータのコピーが終わると、再起動してHDDから起動してインストールが進むが、再起動のときに、Macから起動してしまう。ここで、システム環境設定で起動ディスクをWindowsにしておくと、OSインストール後のドライバや何やらの再起動のときに気にしなくていいので楽。
  6. WindowsにBootCampのドライバをインストール。
    Windowsのインストールがすんだら、LeopardのDVDを入れると自動再生でインストールが始まる。途中で出るダイアログは勝手に進むので無視しておいてOK。
  7. データ用パーティションをFAT32にする。
    ディスクユーティリティでデータ用ボリュームを選択、上の「消去」をクリックして、ボリュームフォーマットをMS-DOS(FAT)にしてから、消去を実行。

これで、うまくいったみたいです。

BootCampでデュアルブートする方がもちろん簡単ですが、HDDを新品から作業するとか、元のデータがなくなってもよい状態が確保できるなら、比較的簡単にWindowsとMacの共有パーティションを作ることができます。

外付けのHDDや、USBメモリで十分という人はBoot Campでさくっといくのがいいと思います。簡単だし、いらなくなったら、さくっとWindows領域をMacの単一ボリュームに戻せるのは、Boot Camp利用の大きなメリットだと思います。

MacBookもThinkPadも微妙なんですが、さえてないのは自分もなんですよね(笑)。

っきから、MacBookのWindows用のパーティションにインストールしたWindows XPにBoot Camp用のドライバを入れようとして全然うまくいかず、かなり悩みまくり・・・。

"Windows Installer Instllation wraper"だったかなんだったか、ちゃんと覚えてないけれど、インストーラのバージョンが古い、インストーラのアップデートをしてもよいか、アップデートしようとしたけどできなかった・・・みたいな感じのアラートが出てで、全然ダメ。

Bootcampじゃなくて、手でパーティション分割したのがまずいのかも?
やっぱりMacintosh drivers CDが必要なのか?

と、ながらく悩んで、なぜかそこでひらめいたのは、まさかSP1のディスクをインストールしたんじゃ・・・。マイコンピュータのプロパティを確認して、はい、大当たり。インストール済みのXPはSP1でした。

ドライバ周りが全滅なので、アップデートするわけにもいかず、USBメモリで持ってきたSP2のexeファイルを実行すると、空き容量が足りないからインストールできないといわれ、あきらめて再インストールすることにしました。

やっと、Windows XP SP2のインストールがすんで、LeopardのDVDを入れてみたら、あっさりドライバ類のインストール開始~~。Boot Campをインストール中ということで、iSightとかネットワーク・グラフィック周りとか、続々と認識されていっています。

はぁ、よかったぁ。

再起動後は解像度のあったきれいな画面で、ワイヤレスネットワークの選択も出てきてあっさり無線LANにもつながるし、後は、必要なソフトを黙々と入れていくだけ。

まだまだ時間はかかるけど、OSという大物を片付けたので、今日のところはここまで。

なんだか、あっち(ThinkPad X31)もこっち(MacBook)もぼろぼろで・・・。

MacBookは内蔵のHDDを交換して、デュアルブートになってるわけですが(結局BootCampじゃなくて、自分でパーティション切った)、いろんなシステムから再起動を繰り返しているたびに、起動ディスクのアイコンが表示されないようになってきました。

最初に見えなくなったのは、旧内蔵・現外付けUSBのHDDのWindowsパーティション。これは起動しないだろうからそれが理由だと思って気にしてなかった。次には内蔵HDDのLeopard(Mac OS X 10.5)のパーティション。さすがにそれは見えないのはひどいでしょう。

USBのHDDと、インストールCDが入った状態で起動したら、見えるアイコンは3つ。でも、起動後にシステム環境設定の起動ディスクの選択だと5個見える。(追記:これ、勘違い!環境設定の起動ディスクでも見えてなかったです。外付けディスクにあるWindowsは表示されるけど、内蔵HDDのOS Xが表示されない。以下は、全く異なる現象だったようです。いつの間にかシステムがこわれた?こっちもやりなおしだ・・・)

こちらの現象と同じかな?
Leopardで起動ディスク(BootCampのXpドライブ)が起動時に選択できません~Appleも症状を認識~ - I Love Mac - 楽天ブログ(Blog)

Mac OS X v10.5 LeopardのクリーンインストールとBootCampでXPをインストールし直して、試していたのですが、今回は、起動時にパワーボタンを押した後、すぐにOPTIONを押すと、起動OSの選択画面に移るのですが、何と、XPをインストールしているドライブが表示されないではないですか。

ただ、こちらの方のように、Windowsパーティションが見えなくなるというのはいくつか見たけれど、私のようにLeopardパーティションが見えないというのはまだ見かけてないような気がする。

内蔵HDDのLeopardパーティションが起動可能かどうかは、XPの設定作業を優先しているので未確認。起動しなかったとしても、戻すのは大変ではないし、とにかくXPが使えるようにしないと、いつX31がこけるかもしれないから、ドキドキものです。

MacBookのセットアップはゆるゆると・・・と思っていたら、今日は事態が急変。なんと自宅での仕事のメインに使っているIBM ThinkPad X31の電源が入らない!なんてことになりました。

以前の「ThinkPad X31 壊れた・・・」ときの状態と同じで、電源が入らないというか、電源が入るけれど画面が真っ暗で何も動かない、Windowsが起動しない状態になっています。ちょっとやばいなとは思っていて、だからこそMacBookの内蔵HDD換装に至るわけですが、それにしても何というタイミング!!

でも、今日のところは、ACアダプタやUSBキーボードやウルトラベースを外したり付けたりしてはスイッチを入れたり切ったりしているうちに、30分ぐらいで起動しました。

もう、絶対に電源はおとしたくないという気分です。

MacBookのBoot CampパーティションはWindows Vistaでインストールをすすめていたのですが、急遽、Windows XPに変更。今、インストール中です。

うちのプリンタ(EPSONのPM-950C)は、MacBookのVistaからはドライバ未対応のために印刷できないので、XPマシンが必須なのです。X31が本格的にダメになるとなると、MacBookはXPになってもらわないと。ときどき、プリントアウトした紙に書き込みながら進めたいタイプの仕事があるのでプリントアウトできないのは困るのです。

ああ、ThinkPad X31はどうしよう。修理は前みたいにPDA工房のようなショップに依頼するとして3万円ほど、それならVistaで使えるプリンタを買うべきか?

MacBookのハードディスク交換で余ってくる内蔵ディスク。これはHDDケースを使って、外付けディスクとして、データのバックアップ用に使います。

IDE用のHDDケースはこれまでにもいろいろ見てきてけれど、シリアルATA(S-ATA)ははじめて。パーツには全然詳しくないので、SATAとか、○○-ATAというのが他にあることとか、はじめて知ったのだけれど、SATAのハードディスクは最近のノートパソコンやPS3に使われているらしくて、全然特殊なものじゃないみたい。交換用のディスクも、HDDケースも簡単に見つかりました。

これまでのものはIEEE1394(FireWire)も使えるようなものを選んできましたが、パソコンとIEEEで接続するタイプが見つからなかったので、USBでパソコンと接続するタイプをセレクト。

お手頃価格なのはありがたいのですが、安いなりのちゃちさもあるようで・・・。いろいろ悩んで買ったのが上海問屋にあったこれ。

[送料\399~]2.5インチ USB接続 外付けポータブルハードディスクケース StoreJet 2.5 SATA(青)

決め手は青メタ/黒のカラーリングでした(笑)。今は紛失中のなつかしのIBM WorkPad C3 50J(Palm OSのPDA)のケースもこんな色のを選んでたよなあ。あ、関係ないけど、ながらく乗ってないバイク(HONDA JADE/S)も青黒です。

ケースの方は、まあ、値段なりの作りで、それなりだと思います。

説明書がよくわからないのはマイナスポイント。ねじでケースの上か下を外して開けるようなのですが、どっちをあけるのが正しい作法なのか謎。したからあけて差し込むのかなとも考えたけれど、HDDと接続してからケースに収めれば確実だろうと、コネクタ側をあけました。

HDDを取り付けるとちょっと斜めについているのがびみょ~です。でも、気にせず箱に収めます。

ちゃんと閉めてしまえば、薄くて軽い、すっきりいい感じの外付けディスクになりました(笑)。

ただいま作業中のMacBookのハードディスク交換作業。まずは、ハードディスク選びからメモ。


■HDDの種類は?

接続方式はシリアルATA(SATA)で2.5インチサイズ。PS3でも使われているもの。

今までThinkPad X23(今使ってるX31の前に使ってたもの)で交換して余ってるHDDはIDE接続のものなので、手持ちの外付け用HDDケースは使えないので、新たに選ぶ必要がある。


■容量は?

もともと内蔵されているのが80GB。デュアルブートにするときついけれど、今のところ私の使い方なら単体なら問題ない容量。なので、80×2の160Bなら十分。
パーティションを3つにして、データエリアを共有にすれば、単純に2倍よりも有効に使えそう。

MacBookのHDD交換/換装あたりで検索すると、丁寧な情報はいろいろある。見つかりやすいのは、1年以上前の
160GBのHDDに交換した情報など。もう少し探すと、この夏あたりに250GBに換装した情報がある。

それだけあれば、外付けHDDで運用しているデータも内蔵できるけど、次のパソコン買ったときにまた外に出すのが面倒そうだから、現状のきつさを解決する160GBでお手頃にいけたらいいな。と、値段を調べると、160GBって1万円ほどで買えるんですね。自分的には予想外のお手頃価格がうれしい。


■機種は?

160GBでよく見かけたような気がするのが以下の2機種。
価格.com - HGST(日立IBM) HTS541616J9SA00 (160G 9.5mm) 価格比較
価格.com - 富士通 MHW2160BH (160G 9.5mm) 価格比較

口コミ情報で動作音がうるさいと記述のあったHGST HTS541616J9SA00
は避け、富士通FUJITSU MHW2160BHの方に決定。

内蔵後の動作音は、今までとの違いはわからず、今までと変わりないか、今までより静かのどちらかです。


■どこで買った?

購入経験のあるショップでは扱いがなかったので、価格.com最安のハードディスク激安市場でお買い物。バルクのHDDをプチプチで分厚くくるんで、箱ではなく袋で送ってくるという簡易な包装と、しかもそれを発送の連絡がないまま受け取ったある意味素早い対応に驚く。

先日の外付けHDDのデータがクラッシュした事件からちょっと考えて、外付けHDDを買うより、この機会にMacBookの内蔵HDDを増量しようと思いました。余ってくる内蔵のハードディスクは例によってHDDケースで外付けのハードディスクとして利用します。

本格的にWIndowsもMacBookで使っていけるように、それなりの容量で、デュアルブートにします。ThinkPad X31はたまに起動しないことがあるので、早い時期にメイン機から予備機の位置づけに変えていくつもり。

参考情報など詳しくは追って書きたいと思いますが、ざっと以下の手順で。

  1. HDD交換
    3ステップで取り出し完了! MacBookのメモリー・HDD交換ガイド:MacBook-1.83GHz/2.0GHz(2006年5月発表)<ASCII24>
    旧の内蔵HDDはUSB接続できるHDDケースに入れて外付けで利用。
  2. 旧HDDから起動
    起動時に旧内蔵HDDだった外付けHDDを指定する。以前のシステムのまま、起動するはず。
  3. 新内蔵HDDをフォーマット
    ディスクユーティリティでパーティション1つで。
  4. 旧HDDから新HDDへのシステムのコピー
    システムユーティリティの復元を利用。<ソース>に旧HDD、<復元先>に新HDDを指定して復元。
  5. Boot Camp の準備
    Boot Camp アシスタントを起動して、ドライバCDだけ作って終了。▼
  6. パーティションの2つ追加
    diskutilコマンドを利用する。ひとつはWindows 用。ひとつはWin/Mac 共有というかデータのやりとり用。
    複眼中心 : diskutilでデュアル・ブート
  7. Windowsのインストール
    WindowsはXPかVistaかは悩み中。Vistaはわが家ではプリンタが使えるようになってないのがネック。

Macを移行するだけなら4番まででOKってことです。外付けのHDDからブートできるって便利だなあ。

ただいまは復元中。2時間ぐらいかかるような表示が出てます。

<追記>
LeopardだとMacintosh drivers CDは作る必要がないのかも。Windows インストール後に、LepardのDVDからドライバーをインストールするように指示されて、CD作る操作がないままWindowsのインストールになだれ込んでいます。

ということは、新しいHDDのパーティションは最初から3つに切っておいてもよかったってことかも?

<追記2>
ドライブを選択する画面で、

このハードディスク領域にWindowsをインストールすることはできません。NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。

といわれてインストールできません。BootCampアシスタントで用意したFAT32じゃだめなのか。フォーマットできそうなので、今までもこんなことしたっけなあ。この画面でフォーマットができそうなので、やってみます。→できました。先に進めそうです。

さっきの記事で楽天のアフィリエイトのリンクを作るときに見つけました。特大キュボロ(クボロ)です!!

【楽天市場】キュボロXXL【Cuboro XXL】:木のおもちゃwoodwarlock

人気のキュボロ・クボロシリーズに圧倒的な存在感の大型キュボロが登場しました! パーツサイズが10cm角と通常のcuboro8個分の大きさ(縦横高さがそれぞれ2倍!)で、スタンダードセットは12種類30個のキューブで構成されています。

キューブが大きいなら、玉も大きい…という訳で、直径が34mmもある樹脂製の玉も4個付属、ダイナミックな遊びが楽しめます。cuboroの焼印が押されたかっこよくて丈夫な木箱も魅力的!

箱のサイズは 34.5cm × 56.5cm × 24cm。

これは、惹かれる。1個で10センチ。10個で1m。幼稚園児ぐらいなら簡単に自分の身長ぐらいになるんだよ!ひとつひとつの存在感がすごいし、できあがりの満足度がすっごい大きいと思う。

ピンポン球ぐらいのボールを背伸びしながらころんと転がして、トンネルを上手に転がるなんて、すごく楽しそうだけど、そばから見てると、高く積んだところから崩れたらどうしようとか心配になっちゃうのかもなあ。危ないだろうから、意外に軽いのかもしれない。

税込77,962円となかなか手が出る値段じゃないですね。上記のページにもありますが、児童館や幼稚園向けのもののようです。

071119-183651.jpg

最近、カズマが一人で遊ぶことが多くなってきたクボロ(キュボロ)。
(一人で遊んでいるのは私が相手してあげないことが多いから・・・。反省。)

平面で長いコースをつくっていたので記念撮影。スタート地点には斜めの溝が入った加速パーツを使って、その勢いでゴールまでいきます。

今まではクゴリーノの長いパーツは斜めにしようとしていたんですよね。斜めじゃないのはちょっと珍しい。


平面の玉の道を理解するヒントは「はじめてのキュボロ(クボロ)」が非常にわかりやすいのですが、うちは私がカズマのリクエストに応じて適当に作っているだけ。特にカズマには組み立て方は教えてないのですが、今日はなかなかわかってきたんじゃない、カズマくん・・・と、にんまりというわけです。

071121-091605.jpg

先のポケットライトですが、付属のストラップのリングから先をはずして、リングをライトのストラップホールに通してみました。 部品がちいさいから、バスの中でやるのはつらかった(笑)。 ちっちゃなカラビナでアドエスのストラップのホールをくぐらせたあたりに連結。いまは、アドエスのストラップのある根元あたりでぷらぷらしてます。 うーん、ここが一番便利だとおもうけど、自分的にはストラップあたりがじゃらじゃらしてるのは、やっぱり苦手かも。

071121-063621.jpg

例の光り輝くブツ、やっぱり買いました。pocketgamesのポケットライト。もちろん、Advanced/W-ZERO3[es](アドエス)で使います。

うす明るくなってきた部屋の中で撮影したのは上海問屋で買った超小型 専用ストラップ付きmicroSDカードリーダー(緑色ケース)です。アドエスのお供の先輩。

ポケットライトもmicroSDカードリーダも小さくて、ストラップもついてて、それはそれでいいんだけど、どうやって持ち歩くかがちょっと問題。じゃらじゃらはさせたくないけど、使いたいときにはすぐ使いたいしなあ。「アドエスのバッテリー対策:ポケパワー&エネループUSB専用充電器」で書いた緊急用バッテリあたりと一緒にカバンの中で待機してもらうのが妥当なとこか。でも、ライトはきっと電話だけしか持ってないようなときのも使いたくなりそうなんだよなあ・・・と悩んでおります。

今回はアドエスの設計通りの左手持ちのスタイルで撮影。アドエス使って一ヶ月<カメラ編>のころからしつこいですが、やっぱり写真は右でシャッター切りたいよね・・・。

アドエスだとレンズとUSBポートが近いので、マクロだと光のまわりもなんとかいける感じで、お買い得なグッズだと思います。もっと離れてる機種だと実用は厳しいかなあ。これからスマートフォンの付属のカメラの性能がどんどんあがっていったら、左右に首が振れるとか、もっと自由にくにゃっと好きな方向で固定できるライトとか出てくると楽しそうです。

今は「アドエスにポケットライト」で満足です。

<追記>次のエントリに書いてますが、とりあえずこんな感じで、アドエスに付けてみることにしました。→ポケットライトのストラップ改造

2008年のWRCラリージャパンは、もう札幌に決まっているのでしょうか。

ちょっと前の記事ですが、car@niftyのこんな風な記事を見つけました。
<LEG3情報>WRC第14戦 ラリージャパン:2007 WRC 世界ラリー選手権 情報:ラリージャパン

 さて、4年目のラリージャパン。十勝の人々はみんな知っている。「来年は札幌で開催されるから、今年で最後なんですよね」と。

 本当はこの開期中に「2008年はサッポロ」と発表される予定だったが、それは見送られた。だから、まだ十勝に残るという可能性はある。

ちょっとせつない。

でも、確かに札幌周辺なら、集客はアップするでしょうね・・・。わが家的にも、2008年のラリージャパン日程が困ったことになってるのですが、本当に札幌なら強行軍なスケジュールが組めるかもしれないとかなるので、便利さが格段に違いますよね。

となると、今度は人の集中で、トイレとか食事とかの設備や移動の手段とかが心配になってくるなあ。そういう意味で、強行軍スケジュールはやばいかも。

なんてことは、今から考えるのはさすがに無駄か。

外付けHDDがこわれたっぽいです。
パソコンの内蔵HDDはよく壊すような気がするけど、起動ディスクじゃないデータ用のHDDが壊れるのは初めてかもしれない。

壊れかけてるのは、macで管理している写真や動画のデータがいっぱいはいっているハードディスク(アイオーデータのHDA-iE160)

カズマが机のあたりでうろうろしていて、HDDの動作中にFireWireのケーブルが抜けて電源が落ちるという事件が発生!その後、Macでは認識しなくなりました。

FAT32でフォーマットしてて、MacとWindowsで共有できるようにしてるので、Windowsマシン(IBM ThinkPad X32)につないでみたところ、あっさり認識。安心して、そちらで最新のバックアップ取得・・・とおもったら、途中であるファイルがコピーできないといってストップ。

どんなファイルだろう?と、そのファイルにアクセスすると、懐かしい動画。カズマのおもしろい動作が入ったやつで、3/4ぐらいでなんかおかしくなる。再生したり、取り出せないかな〜とさわってみるたびにどうしようもなくなって再起動なんてことを繰り返してうだうだやってます。

大事なデータを一元管理していることには、さすがにやばさを感じていて、「Firewire & USB2.0で使えるHDDケース「イッコイチBOX」購入」で書いたころから、ときおりごっそりバックアップをとっていました。幸い、どうしようもないファイルもここから取り出して、データは完全復旧できそうです。

HDDのほうはどうかなあ。Windows XPを再起動したときに、ディスクのチェックを促す画面(青い背景でロゴが白いやつ)が出てきて

One of your disk needs to be checked for consistency.You may cancel the disk check, but it strongly recommended may that you continue.

っつうことで、ときどきえらい時間がかかりつつ、進行中です。

たぶんダメだろなって気がする。
フォーマットして使えるようになったらラッキーというぐらい、やばそう。

トラックバックのスパムがひどくて、Movable Typeのスパムフィルタをくぐり抜けてくるものも多くてうっとうしかったので、ちょっと対策。

mt-tb.cgiのリネームして、mt-config.cgiで

TrackbackScript 新しいファイル名

を書いて、すべてを再構築。

スパムくんは今までのトラックバックスクリプトあてに機械的に送信してくるだろうから、新しい名前のスクリプトでは受信できない。人がちゃんと送ってくれるのは、エントリーのページのトラックバックURLを見て送ってくれるだろうから、受信できる。

Movable Type 4のこの時代には古い手だと思いますが、手軽で効果的です。

スパムくんが新しいスクリプトを把握するまでの期間は短いけど、今はスパムフィルタも強力なので、たくさん届くようになるまでは、それなりの期間、のんびりできると思います。

くじ運が悪いと思っていたのですが(今まで何かにあたった覚えがないぐらい)、最近、珍しく当選したものがあります。

オホーツク景観発掘ブログ☆道東のオホーツク・隠れた観光スポットというサイトに、去年のラリージャパンにいったときに女満別空港付近で観光したときの写真を送ってみたら、
10月テーマ大賞&プレゼント当選者のお知らせ!
のページにあるおつまみ2点+はちみつがやってきました。
ありがたや、ありがたや。

とんでもなく、倍率が低かったに違いない(笑)。
オホーツク方面でとった写真がある方は応募してみてはどうでしょう?

懸賞といえば、アドエスほしい後輩は外れたそうです。あと9回がんばるとか。
クリスマスプレゼントとかお年玉になるといいねぇ。
ということで、アドエスがほしい人はこちら。
Advanced/W-ZERO3[es]を楽しもう!~みんなのアドエスブログ~

mixi × WILLCOM モニターキャンペーン」(要ログイン)という企画には「7,500名を超える応募の中」とか書いてあった ので、「みんなのアドエス」も実はすごい倍率なのかもしれない。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))でさっきからメールを送信しようとして、全然ダメ。
エラーのバルーンは今まで見たことがなかった内容。

接続できません ダイヤル先:(略) 原因不明のエラーのため接続できません。接続の設定を確認したり、設定を変更するには、[設定]をタップします。問題が解決しない場合は、製造元のマニュアルに従ってモバイル デバイスをリセットしてからやり直してください。

ふと気がつくと、画面上部のアンテナマーク(バッテリーのアイコンの右側にある、1~5本とか圏外とかの部分)が出ていない。

リセットで直ったけど、これってなんだろう?

(メモ 12/1)
C-class pamusuke:アンテナアイコン消失! - livedoor Blog(ブログ)

アドエスの充電わすれた

071102-211300.jpg

今朝出かけようとしたら、アドエスがすでにバッグのなかにありました。 が〜ん。充電できてない! しかたないので、いつものポケバワーにエネループの予備四本もってでてきました。 外部でのバッテリーのバックアップを確保して不安が減ったら気がゆるんでるのか、充電しわすれがふえました。やばいなあ。 すでに二度、買った電池でも充電。写真はそのときの残りで、旧iPod shuffulを充電してみているところです。組み合わせるとけっこうかさばる?

これ、ぐらっと買いそうになったアドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の周辺機器。

スマートフォンの強い味方!ポケットライト 販売開始!

スマートフォンにもっと光を!

ほとんどのスマートフォンにはフラッシュもモバイルライトも無いのである。
Advanced/W-ZERO3 [es]のカメラなんかはイイ線いってるのに本当に惜しい ;)
光量不足のシーンではがっかりさせられてしまうのである。

ポチッとする寸前に気がつきました。
私の場合は横構図で右手持ちでの撮影のクセを直してないので、ライトが下から当たっちゃう。

どんな写真になるんだろう。レンズと近いから、下からでも気にしなくていいかなあ。暗いところで使えるのは、結構魅力的。暗いところで、がさごそ出してくるのができるかというのはちょっと微妙だけど(笑)。

そういえば、アドエスってちょっと暗いところでは、ホワイトバランスがとっても変になりませんか?蛍光灯とか、電球とか、設定を変えてみてもあまり変わってくれなくて。私はその部屋の明るいところ、光源に向けてみたら直ることが多いような気がしてよくやってるんですが、普通はどう対策するんだろう。

071104-160557.jpg

アドエスは携帯スタイルでほとんど片手で使っているので、スタイラスはなくてもいいぐらいにしか使ってません。 ですが、先日、自分的にはとってもお役立ちでした。これ、わかるかなあ、フィルム式のカメラの途中で巻き戻すためのボタンです。 まあ、リセットボタンみたいな押し心地ですね。 いつも、ちょうどいいものをさがすのにバタバタしてたけど、アドエスのスタイラスなら常にそばにあるからこれはたすかるなあ。というほど使うものではないか(笑) だいたい、いまどき、フィルムのカメラなのも珍しいかも。

謎の麺類

今日はカズマのお弁当です。

何入れて欲しい?ときくと「○○ちゃんが焼きそばだったから、カズマも焼きそば!あ、焼きそばじゃなくて違うやつ。みっちりつめて!」
それじゃ、わからんって。

------------
やきそばと違うやつって何?
わからん・・・。

麺類?(麺類ってきいてしまったけど、わかるんかな)
めんるい。

ナポリタン?(だれかのお弁当に入ってそう・・・)
ちがう。

ミートソース?
ちがう。

えーと、スパゲティ?
スパゲティじゃない。

じゃあ、うどん?
うどんじゃない。

そうめん?
ぷぷっ、そうめんじゃない(笑)。

きしめん?
きしめんってなに?
うどんぐらいの太さでひらべったいやつ。
ひらべったくない。

穴あいてる?
あいてない。マカロニってめんるい?
(マカロニのこと聞いたってばれたw)

チャーハン?
それはごはんるい。
(「ご飯類」って!)

ラーメン?
そんなん、おべんとうにもっていけん(怒)。

はるさめ?
はるさめじゃない。

何色?
あかい。

赤い麺?
あかいソース。

スパゲティ?
ちがう。

ナポリタン?
ちがう。

謎の麺類やなあ。わからんなあ。
なぞのめんるい、スーパーにおいてあるよ。みたら、なまえおもいだせるとおもう。
------------

スーパーを二軒巡って指さしたのは、幕の内弁当に入っていたナポリタンでした。
やっぱりナポリタンやん。あ~、難しかった。

味付けがよくわからないので、レシピを検索。いくつか見たら、マヨネーズを入れると、こくが出てよいらしい。
レシピ お弁当用に☆簡単&しっかり味のナポリタン by キョク
こんな感じで。

来年、2008年のラリージャパンの日程。

2008 WRC Calendar | World Rally | News | WRC | WRC Latest News

2008 WRC Calendar

2008 FIA World Rally Championship Calendar

24 - 27 January - 76th Rallye Automobile Monte-Carlo
8 - 10 February - Uddeholm Swedish Rally
28 Feb - 2 - March Rally Mexico
27 - 30 March - Rally Argentina
24 - 27 April - Jordan Rally WRC
16 - 18 May - Rallye d'Italia-Sardegna
29 May - 1 June - BP Ultimate Acropolis Rally
13 - 15 June - Rally of Turkey
31 July - 3 August - Neste Oil Rally Finland
15 - 17 August - ADAC Rallye Deutschland
28 - 31 August - Rally New Zealand
2 - 5 October - Rallye de España
10 - 12 October - Rallye de France - Tour de Corse
24 - 26 October - Rally Japan
28 - 30 November - Wales Rally GB

2008 FIA Production Car World Rally Championship

8 - 10 February - Uddeholm Swedish Rally
28 Feb - 2 March - Rally Mexico
27 - 30 March - Rally Argentina
29 May - 1 June - BP Ultimate Acropolis Rally
28 - 31 August - Rally New Zealand
24 - 26 October - Rally Japan
28 - 30 November - Wales Rally GB

2008 FIA Junior Rally Championship

24 - 27 April - Jordan Rally WRC
16 - 18 May - Rallye d'Italia-Sardegna
13 - 15 June - Rally of Turkey
31 July - 3 August - Neste Oil Rally Finland
15 - 17 August - ADAC Rallye Deutschland
2 - 5 October - Rallye de España

日本は、世界ラリー選手権(WRC)第14戦で2008年10月24日(金)~26日(日)ってことですよね

今日きいた、仕事関係の大事なスケジュール。
10月25日(土) 関東にて
うう、見事に重なっております・・・。

ところで、十勝地方じゃなくなるんでしょうか・・・。

ラリージャパン、札幌近郊での開催を検討…赤字解消狙い : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

北海道帯広市を拠点に28日まで十勝地方で行われた自動車の世界ラリー選手権(WRC)第14戦ラリージャパンが来年以降、開催地を札幌市近郊に移す計画で、国際自動車連盟(FIA)の現地調査が行われる。

十勝で開催だと、来年いっとかないと、なくなっちゃうかも!?札幌なら、1泊2日で行ってくる可能性が増えて、それは便利になるなあ。再来年、カズマが小学生になってしまってもいけるかも。でも、十勝がいい。けど日本で開催されるか否かが重要か・・・。

ナミアゲハ:10/31

071031-174522.jpg

水曜日の夕方に羽化したナミアゲハ。 最近は羽の乾きが悪いのか、軽やかに飛び立つまでに時間がかかります。 この前日に羽化したのは、夜に放したけれど、朝も玄関の前にいました。このこも微妙に羽がパリっとしてないかんじで、外に放したのは翌朝。 この数日、暖かくて羽化しているけれど、やはり夏とは環境が全然違うんだなあと思います。

気がついてよかった。

今日は大阪に行きます。 いつもの通勤の電車より5分ほど遅いのに乗ります。 バスはいつも通り。 ふと気づいたら、普段通りいつもの電車に乗りそうになってました! ちょっと長めに停車してる急行なんだけど、発車前でよかった〜〜。 いつもの隣のホームへ移動して、反対方向の特急に無事乗れました。 体が覚えてるというか、考えなくてもできることって結構あるんだよなあ、と、こんなときによく感心してます。ぼうっとしてるときって、どこが仕事してくれてるんでしょうね。

ナミアゲハ:10/30

071030-170140.jpg

ここしばらく暖かかったからか、チョウの羽化が続いています。ことごとくナミアゲハ。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))のプレゼントキャンペーンが始まってますね。

Advanced/W-ZERO3[es]を楽しもう!~みんなのアドエスブログ~

会社の後輩に教えておきました。彼女、「○○欲しいんですよ」って発言しては、決心がつく前に誰かが買っちゃうんですよね・・・。IT系なもので新しい物好きの多いのが敗因かも。

Mac。迷っているうちに、発売直後のMacBookを私が買っちゃった。
Windowsのノートパソコン。迷ってるうちに上司が買っちゃった。
アドエス。発表になったときに私がすすめておいて、自分で買っちゃった。
iPod touch。躊躇しているうちに社長が息子さんにプレゼント。

そんなわけで、通信費は自分持ち、5個×10回で50人なので、そんなに競争率高くないかもよ・・・とか適当なこと言ってすすめてます。

アドエス用のクルクル充電ケーブル「リトラクタブル 充電ケーブル for Advanced/W-ZERO3[es]
」がでるそうです。ただいま予約中だとか。

リトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es]を買ったときにも書いたけど、最初っからこれ(クルクルで充電だけのケーブル)が欲しかったなあ。

前に買ったやつと、名前も見た目もよく似てるけど、違うところわかるかな(笑)。 ↑ は充電のみの一本だけ。前に買ったのは ↓ 。「リトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es]」。USBのデータ同期用のケーブルと、充電用の二股になってるのでデュアル。 


ここ二日ほど、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))のOutlookメールで


  • 接続できません。

  • 発信元ダイヤル先のモデムが応答しません。

  • 受信メールのパスワード

  • 同期エラー


だのがちょくちょく出てきて、イライラ気分が盛り上がり中です。こんなときには当然(?)、W-ZERO3メールも「通信エラーが発生しました」と言ってくれますよ。

モチベーションがダウンしていて、アゲハくんが何匹か羽化してる写真があるのですが、アップできてないです(笑)。

前はリセットしたりオンラインサインアップしたり、再構築してみたり、ばたばたしていましたが、この二日間は毎回、心を落ち着けて「待つ」ということで、接続可能になることが確認できました。やっぱり、「アドエスW-ZERO3メールも「通信エラーが発生しました」」で書いたみたいに、ログオンした状態が残ったまま回線が接続されたときに、二重にログオンできないような仕組みになってるんじゃないかなあと。10分ぐらい待てばいいのかなという感じ。

サーバにメールが多いと、同期に時間がかかって、途中切断(その後のアクセスエラー)のリスクが高くなるような気もするので、こまめに削除できる設定にして使ってます。Outlookメールは、サーバにメールがたくさんある状態だと確かに動作が遅くなるようなので、星羽さんのエントリーを参考に、ちゃんと削除される設定にするとよいですよ。

w-zero3日和 アドエスでOutlookメール、その後

「メニュー」→「ツール」→「オプション」→「保存場所」タブで、”「削除済みアイテム」を空にする”で、
# すぐに空にする:受信トレイから削除した直後に”削除済みアイテムからも削除”
# 接続または切断するときに空にする:Outlookでメールの送信や受信動作を行った時に”削除済みアイテム”からメールを削除
のどちらかを選択すればOKです。

私のところでは、上記は設定済みだったのですが、さらに、

「メニュー」→「オプション」→自分のウィルコムメールアカウントをタップ→アカウントのセットアップ画面が表示されるので「次へ」で進める→

で出てくる「メッセージのダウンロード」のプルダウンで、「過去 3日間」から「すべてのメッセージ」に変更して、以前よりも確実に削除されそうな設定に変更しました。

でも、まだ削除しそこねてるメールがある(受信トレイの24通のメールのうち4通を削除、その後W-ZERO3で受信すると26通受信。削除したばかりの4通は含まれず、受信トレイになり古いメール6通が受信できてしまった)とか、よくわからなさとか、使い心地・動作もそんなに変わった感触はありません。W-ZERO3メールはかなり苦手なので、ほかのメーラも試してみつつ、しばらくはOutlookメールをメインでやっていきます。

これから、MProxyを試してみます。仕事やっててできずじまい・・・。

As Time Goes By: MProxy Version 0.00Beta1

Outlookメールはプロキシと同期して、ウィルコムのメールサーバから削除しても受信トレイからは削除されないってことですよね。・・・と期待して。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja