2007年12月アーカイブ

ThinkPad X31 起動せず・・・

ただいま帰省中です。

とくに仕事の予定は無かったのですが、念のためノートパソコンを持参。

が、1度使ったものの2度目は起動してくれません。以前からあった、電源は入るけど画面は真っ暗。Windows が起動してこない状態。

ウルトラベースとの着脱で起動するような記述を見かけたことがあるし、あとから思えばそんなタイミングで起動したことがあるように思うので、帰宅後、そのあたりを確かめて、結果次第で修理行きになると思います。

11月の「IBM ThinkPad X31の電源が入らない!」以来、快調だったので、MacBookでのWindows環境構築は真剣には進めてなかったんですよね~~。まあ、最低限のところはできてるので、特に困ることはないんですけど。

一番心配なのは、Windows Vistaのアクチベーションがうまくいってなさそうなので、電話しないといけないのをほったらかしにしてあるところ。そろそろ期限だったような。期限切れでもすんなりいくのかなあ。


以前から使ってたUSB充電コネクタ付きのFMトランスミッターが壊れたみたいなので、新規お買い上げ〜。

帰省の移動中、なんといってもアドエスのバッテリが心配だし、iPod shuffulも充電したいし、充電ケーブルがあるからダンナの携帯(FOMA)にも使えるしね。

今回はシガーソケットからUSB充電できる機能だけでいいかなと。音はカセットからとるやつもあるので、そちらを使おうと思ってます。

モバイルクルーザー?とか探すつもりだったんだけど、これはアピタと一緒になってるホームセンターで見つけたもの。コンパクトなのがいい感じです。

アドエスにはUSB給電じゃなくて充電できるケーブルをお忘れなく!

プレスブログに登録してみましたけど、記事もひとつ書いてみましたけど、マイページが表示できない。

大変ご迷惑をおかけしています。現在、大変混み合っております。 しばらく経ったあとに再度アクセスをお願いします。

みんなこんな朝早くにがんばってるんだな~~。

・・・じゃなくて、こういうのはユーザのモチベーションを一気に下げるということがよくわかります。

銀行口座は、地元の銀行と、いわゆるメガバンクを使ってます。
給与振り込みとか、ネットバンクの使いやすさとか、いろいろあってひとつに絞れない。

最近は地元の銀行でもATMが便利になってきて、通帳の繰り越しとかできるようになってきて、自分が必要なレベルでは、ネットバンキング以外ではあまり差がなくなってきたなあと思います。

今日はでかい方の銀行で通帳繰り越しをしたんだけれど。
三和銀行時代のスヌーピーのグリーンのカードに赤いMUFGの通帳です。
UFJの茶色がかった赤との組み合わせもどうかと思ったけど、MUFGで少し鮮やかになって、これがまたきつい。MUFGのカードなら、おそろいですっきりしてるけど、緑のスヌーピーとはちょっと(笑)。

三和銀行のスヌーピーのころ、第一勧銀ではたしかキティちゃんでした。
会社の最寄りの銀行が第一勧銀だからとすすめられて作ったけど、三和銀行なら会社から駅の途中にあるし、実家の近くにあるからそっちがいいやと作り直したもの。ピンクでラブリーなキティちゃんセットより、グリーンのスヌーピーセットの方が自分好みでもありました。

今どきはキャラクターじゃなくて、すっきりしたデザインが主流なのかな。

すっきり系なら青系を希望。新生銀行は30色ぐらいから選べるんだったっけ?シティバンクのeセービングのカード、青っぽくて透明って書いてところが興味津々ですが、サイトじゃ透明な感じがよくわからないですね。残念。

クレジットカードの比較サイトでデザインを一覧するようなところって見かけるけど、銀行もキャッシュカードもデザインで選べるサイトはないのかな。

あ、カードを選んだところで、通帳のデザインが変わってしまうのが今の問題の原因だった・・・。

プレスブログに登録してみました。
ちょっとかじってみたくなってたときに、adwords広告を見かけたので。

myページみたいな機能は登録して使ってみないとわからないので、他のサービスもいろいろ登録するかもしれません。

a8buzzならa8.netに登録していると使えるけれど、個人的には管理画面が相性が悪いので、使わないと思います。アフィリエイトのリンクも作ってないなあ。

実際のところ、アフィリエイトも報酬型のプロモーションサービスも、どちらかといえば広告主側としての興味が強いのが正直なところ。登録しただけじゃなくて、がんばって、いくつかは記事を書きたい・・・。5つぐらい。

リンクシェアは1ヶ月ぐらい自分的にがんばってみて、バナーとテキストのクリック率とか成約率とか時期的なものとか、少ないサンプルなりにもそれなりの感触を得たので、いろんなデータが実感を持ってみられるようになりました。

マメじゃないので、あとは操作がいちばん気楽な楽天が精一杯。
ダイナミックアドも意外にクリックされているということがわかって、面白いです。

テンプレートいじって、パーツを貼ったり、貼り替えたり、エントリーのリンクをわざわざ管理画面へ作りに行ったり・・・そんな手間ほどの稼ぎがあるかないかだけれど、ちょっとしたときに概算する元になる数字があるというのは、強みだと思います。

コマ内蔵!オセロ極Jr.

カズマが保育園で覚えてきた遊びを一生懸命教えてくれます。

黒と白いのがあって、こうやって並べるとひっくりかえすん。
ナナメでもいいよ。

・・・どうもオセロらしい。

ダンナとカズマが二人で、画用紙2色で裏表作って、適当なサイズで8×8のマス目を作って工作。数日、この紙のオセロで遊んでましたが、携帯用のマグネットのコマのオセロを買うことに。ちょうど帰省中の暇つぶしにいいかもってことで。

適当にその辺で見かけたリバーシを買ったんですが、買った次によって店にあったのがこれ。

オセロ極Jr.

コマ内蔵で、コマをおきたいマスを押すとくるりと駒が出てくるというもの。コマなし、黒、白でクルクルなるみたいです。

コマがなくならないなんてすごいいい!

ちょっと悔しい気分だけど、まっすぐに並んでない駒でちゃんと自分の返すやつがわかるとか、後片付けをちゃんとしないといけないとか、不便なことを知っているのも役に立つさ・・・と前向きに考えることに。

カズマはそんなこと気にもせず、嬉々として挑戦しに来てます。写真はカズマ対ダンナ。

ところで、Wikipediaをみて、オセロとリバーシがちょっと違うというのをはじめて知りました。リバーシってオセロよりルール上の自由度が高いんですね。単に、商標のことだけじゃなかったんだ・・・。まあ、日本では名前のことだけのようですが。

オセロ (遊戯) - Wikipedia

Jr.はどうだかわからないけれど、大きい方のオセロ極(kiwame)なら、黒のコマには溝で凹凸があり、手で触ってわかるユニバーサルデザインになっているそうです。すごっ。

【コラム】あの素晴しいトイをもう一度 (9) オセロ(3) - 発売から34年、オセロは変わらない | ホビー | マイコミジャーナル

クッキー作りました


うちではアドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の心もとないバッテリーの保険にはこんなセットを持ち歩いとります。
アドエスのバッテリー対策:ポケパワー&エネループUSB専用充電器

最近は、大容量2400mAh!ポケットバッテリー Advanced/W-ZERO3[es]がキタ(・∀・)♪なんてニュースで、単体充電可能なUSBのminiB端子付きというところが素敵すぎると思いつつ、厚さが増えるのは厳しいなあとスルーした、みたいなのが近況。


昨日、手持ちのグッズ系で、もっと早くに出てたらよかったのにな~と思うものを見つけてしまいました。SANYO KBC-E1S (USBポート付充電器セット/eneloop mobile booster)、三洋電機のeneloopのUSBポート付充電器セットです。

「eleloop mobile booster」をONEDARIしました。 - [モ]Modern Syntax

の記事でONEDARI BOYSでONEDARIしたと紹介されてた3つのうちの単三電池セットのヤツです。自分のUSBポートからモバイルグッズを充電でき、かつ中身のeneloop2本をUSBで充電できて、いざというときには乾電池も使えるという優れもの。あ~これがあったら、アドエスにEnergyLINKとかポケパワーとか・・・なんて悩まなくてよかったしのに・・・。

まあ、今持ってるのもののメリット挙げるとしたら、KBC-E1Sは単3だけだけど、サンヨー 単3形・単4形兼用 USB充電器セット N-MDU01Sなら単4も充電できることがメリットかな。あと、N-MDU01SはUSBの充電ケーブルが短くて内蔵というか一体型で、ケーブルも含めたらコンパクトさは劣ってないのかもしれない。

うちのアドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))、数日前は接続できないエラーがおおくて、ちょっといやになってたんだけど、またしてもアドエス&Bluetoothキーボードの誘惑が・・・。

今日はBluetoothの折りたたみのキーボードのことをメールで連絡することになってました。

これです~~とメールを書こうとURLをチェックしていたら、iGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardが当社販売価格: ¥5,825+送料2,300で、 ¥8,125。

これは、買い!なんでしょうか。
どなたか、今の相場を教えてください・・・。

<追記>

ほかの選択肢ならRboard for Keitai RBK-2000BTII(リュウド)かな。

楽天だと9000円台ぐらい。もう、これだけの情報で決めてしまっていいのかも。

今週前半はヤツが水ぼうそうでバタバタしていたので、先週中に狙いのブツが入荷しそうだという連絡をもらっていたのに、いけずじまい。
今日は車で仕事に行って、帰りに遠回りをして受け取ってきます。

もしなかったら、これにしよう・・・。

cuboro社 クボロ(キュボロ) シックスパック メトロ 1/cuboro sixpack metro 1

クボロ メトロ に入っていそうで入っていなかったパーツです。 遊び込むと、「この道の下には、こっち向きの道が欲しい」ということが出てきます。そのときにはこちらをどうぞ。

そう、大物作ろうとすると、探しちゃうんです。

MacにRailsをゼロからインストールする一番簡単な方法をやってみて、さっそくこけてるわけですが、そういえば、Leopard(Mac OS X 10.5)にしてからDeveloper Toolっぽいもの、まだ何も入れてなかった気がする。

LeopardのインストールDVDを入れて、optional Install フォルダの中にあるXcode ToolsのXcodeTools.mpkgがいちばんそれっぽいので入れてみます・・・。

cometとかShootingStarとかやらないといけない機会があって、rubyはじめてなのにruby on railsって、うひゃ~、とバタバタしてたら、最初の一歩は想像できないほど簡単だった。

何もわからなくても動くものができてる。でも、全然わかってない。

会社で読んだRailsの本は面白かったから、勉強しようと思っていたところに、タイムリーなこんな記事が!

MacにRailsをゼロからインストールする一番簡単な方法:江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance - CNET Japan

インストールが成功していれば、

$ echo $PATH

とやれば「/opt/local/bin」が先頭に追加されているはずです。なお、MacPortsでは /opt/local 以下にインストールしたパッケージが格納されます。

とあるけど、パスが通ってないみたい。portコマンドが見つからないし、/opt/local/binうんぬんも表示されてないし。

ちょっと検索して、適当にパスを追加してみたら、selfupdateはできたけど、install rb-rubygemsがダメ。
後片付けしながらの片手間じゃだめだった・・。
もうちょっと時間があるときに。

追記:Xcode Toolsをインストールしてから、MacPortsをインストールしたら、パスが通ってる!rb-rubygemsのインストールも進んでます。

さらに追記:gemを入れたあと、railsのインストールでこける。

$ sudo gem install rails

/opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `gem_original_require': no such file to load -- sources (LoadError)
以下略

LeopardってRuby on Railsが入ってるって書いてあったよなあと思いだした。んじゃ、Xcodeをインストールした時点で何かインストールされてて、MacPortsで入れたのとバッティングしてる?
ってことで、/opt以下を削除して、パスを元に戻したら、rubyもgemもRailsも使えました。
Xcodeいれるだけ、がよかった?

会社で読んで面白かった本はこれ。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発第2版

う、自分で買おうと思ってたけど、会社にあるのに自分でも買うには、ちと高いかな。まあ、それだけの質も量もあるけど。

水ぼうそうのヘルプで遊びに来てくれた父がカズマに持ってきたおみやげ。
これだな。

日本の風景シリーズ 『GIO-BOX(ジオボックス) vol.1 余部鉄橋』JR西日本『寝台特急出雲・DD51形ディーゼル機関車チョロQ』発売について

◆『GIO-BOX(ジオボックス) vol.1 余部鉄橋』地域限定パッケージ  【価格】1,680円(税込)  ・7月20日より浜坂・豊岡・城崎温泉・八鹿・福知山の各駅構内のキヨスク系売店にて発売  ※地域限定商品につき、上記周辺地域のみの販売となります。

DD51にはわざわざナンバーがついていて、これは「車番は最終日に実際運行した『DD51 1186』としました。」とのこと。なんか、細かいパーツとか、妙にリアルで面白い。

DD51は実家にあるプラレールにもありますが、子どものころよく見かけてたので、すご~く懐かしい感じ。四角いEF何とかより凸な形がかわいくて好きでした。

ところで、上のページでJR西日本のグッズショップへのリンクを発見。

トレインボックス

いろんなチョロQがあって、ちょっとほしくなってしまいそう。
オーシャンアローとかサンダーバードぐらいは押さえておくか→じいちゃんにたのんどくってこと(笑)。

昨日は珍しく、アドエスで電話したりメールしたりが多かったのです。

なのに、メールは不調。
まあ、送受信をやり直せば通ったから気にしないことにしよう。

でも、電話。
「発信できません」って、どういうこと?

「データ通信中のため、発信できません」じゃなくて「発信できません」とだけ出てくる。

直前にはメール送ったし、そのあともメールOK。
ダンナの電話から自分にかけてみたら着信もOK。
でも、発信できない。
いま、電話かける用事があるんだよ!!

リセットしてダメだったので、フルリセット・・・とおもったのですが、W-SIMの接触が悪いのかも?とふと思って、押し込んでみたら、抜けて、電源が切れました。
まあ、そうか。外すつもりじゃなかったんだけど。
W-SIMを入れ直して、起動。

これで、なぜかわからないけれど、電話がかけられるようになりました。
ネットの通信OK、着信もOK、なのに発信ができないってどういうことなんだろ。

もう、ほかの電話からかけようかと思ってました。

前日のアドエスのエラー:メールで「ネットワークへのログオン」と言われたのに引き続きで、かな~り、むかついてるってことです。

カズマがポケットモンスターが好きなので、クッキーとか野菜とかの抜き型がないかな~と探してみてたんですが、あるようで、売られてないという感じ。

そのうち、トミーのクッキーメイク、クッキーメイク2というキーワードをちらほらと。

そのあたりでつっこんでみると、以前に販売されていて、今は販売されてないけれど、クッキー型はYahoo!のオークションあたりでときどき出品されてるというような状況のようです。

ヤフオクか。まあ、そこまでがんばらなくていいかなと思いつつ、あると喜ぶだろうなとか、つい。

クッキーだけじゃなくて、野菜も抜けるようなやつだと、ポケモンのキャラ弁作りたいぶきっちょママさんのニーズがあると思うので、また発売されるといいのになあ。

クッキーはもともと来週作るつもりだったんですよね。実は、こんなものを注文中。

NordicWareノルディックウェア 3Dクッキー型

このページの紹介されている2種類のうち、クリスマスモードなウインターシリーズにしました。サマーセレブレーション(アフィリエイトの画像で見えてるやつ)や別ページにあるズーアニマルもいいなと思いましたが、まあ、今回はクリスマス気分で楽しむのが目的なので。

クッキーはケーキ作るより、子どもと一緒に楽しむのに手軽なのがいいですよね。うちのオーブンレンジはムラがきつくて、ケーキをキレイに焼くのは難しいところも、なかなかケーキを作る気分になれないというのもあるんですが・・・。

来週はアイシングも準備して、カラフルにいこうと思ってます。

どんな感じのクッキー作りになるかはこちらをどうぞ(これみて、買っちゃったという記事)。

クリスマスパーティー 1st ステージ (ウィルコム家族のAdvanced/W-ZERO3[es](アドエス)ブログ)

ブログ名でわかるとおり、アドエス関連のブログ。アドエス欲しい人は「みんなのアドエスブログ」へで書いたアドエスのキャンペーンやってるところのブログですが、件の後輩女子はいまだ当選せず。迷いの彼女には、ただいま、噂の超軽量ノート型Macを絶賛おすすめ中。

ウィルコム家族のブログは、別エントリーの名刺リーダの活用のトライ&エラーがおもしろい。アドエスの名刺リーダーで診察券を読み取るはナイスアイデア!やってみようと思ってます。うまくはできなさそうだけど(笑)。

めだまクッキー?


昨日のこねこね型抜きクッキーは、こんな風に。

もう、ないです。

アドエスくん、昨夜(アドエスのエラー:「ネットワークへのログオン」といわれても。)に続き、今朝はOperaで「接続できません」。
昨夜と同じようにメールもエラー。

<追記>

何もしないで直りました。
それはそれで、なんでやねん!!と怒りたくなる。


ゆうべはお好み焼き


ひま人カズマにぐるぐるしてもらったお好み焼き。
もちも入れてみました。

カズマはエビが嫌いなので、お好み焼きからよけて食べてます。

青のりはいいけど、かつおぶしはいらないみたい。でも踊るのは見たいらしい。

センターにメールがあることがわかっているのに、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))にダウンロードできない。

「ネットワークへのログオン」という画面。
リソース:CLUB AIR-EDGE
ユーザー名:clubh
とか出てて、接続できません。パスワードとドメインの欄もあるけど、ドメインって何?

ふう。

以前と表示される画面が変わってるけど、これはeメールのサーバの工事があったから?

いらいらしますねぇ。


<追記>

OperaやNetfrontで、オンラインサインアップの最初の画面みたいな画面が出てきます。

これまでの
Advanced/W-ZERO3[es]のメール接続「同期エラー」も「通信エラー」も「待つ」が肝心?
アドエスW-ZERO3メールも「通信エラーが発生しました」
とかだと、メールはダメでもWebの閲覧はできてたので、メールサーバで拒絶されている雰囲気だなと思ってたけど、今度はメールもダメ、Webもダメ。もっと前の段階で却下されてる感じ。

子どもとお風呂はいってからも直ってなかったら、オンラインサインアップをやり直してみます。
・・・ということで、オンラインサインアップをやり直してみたら解決しました。

もしかして電話もダメだったのかなあ。
今となっては確かめられないけれど。

<さらに追記>

同じようなことが起こったけど、何もせずにすぐ直りました。もう、わけわからん、です。
今朝のアドエス「接続できません」

クッキー製作中


型抜きクッキーのはずだけど粘土細工になってます。

水ぼうそうなので外では遊びづらいので、うちの中で暇つぶし。
ただいま水ぼうそうにかかりたい方にプレゼントいたします(笑)。
加熱されてるからうつらないのかなあ。

そうそう、いま感染すると、年末年始の休みに発症するからちょうどいいってお医者さんが言ってたよ。

発疹はたくさんあるけど、熱はぜんぜん出てなくって、ほんとに元気で助かる。
けど、この数日間、何してすごそうか。

赤いプツプツ 水ぼうそう

カズマ、水ぼうそうだそうです。
来週水曜日は発表会。ぎりぎり大丈夫か!?

復帰していきなり本番ってどうよ・・・と思ったけど、本人いわく、もう本番でも大丈夫だそうです。

Google Analyticsの管理画面が変わったみたいってことでちょっとのぞいていると、新しいトラッキングコードが取得できるようになっていました。

このトラッキング コードを使用すると、今後提供されるさまざまな新機能をご利用いただけます。

ということなので、よくわからないけど張り替えておきます。
個人なので、検証なんてどうでもいいのだ(笑)。

飽きられてるけど餃子


昨日の夕食は、休みの日に作り置きしてた餃子。
頻出なので、飽きられてる気配をかんじる。
でも、冷凍庫から出して焼くだけなので頼りまくり。
バリエーションの少ない母を許して〜。


通勤途中の駅にあるクリスマスツリー。

この写真も三回目だなあ。

クリスマスツリーの準備


このあいだの週末に、クリスマスツリーの飾り付けをしました。

さすが五歳にもなったら、自分でどんどん飾り付けしてくれる。わざわざ、蛍光灯を消してイルミネーションを楽しみながら、さくさくと。

こっちは手伝いもせず写真撮影を楽しんでおりましたとさ。

もう一つ、コンパクトカメラのエントリー。富士フイルムのTIARA(ティアラ)のことです。

ダンナはTIARA IX。
がばっとカバーを抜き取ってフィルム交換するのが衝撃的なカメラです。

APSフィルムの管理がどうも苦手なのと、シャッターのタイムラグがTC-1より大きいのが欠点で、私はあまり使ってません。

一応、私が選んだのですが、ほんとのおすすめは、TIARA II。35mmフィルムのもの。それより、ちいさいixがよかったみたい。質感重視で贅沢仕様のTITANIUM。

収納しているときのデザインはシンプルで美しいです。撮影のときの見た目が、メカメカしていて、そのギャップがちょっと残念な印象があります。

TIARA IIは、その少し前に、母へのプレゼントとして選んだもの。

母の好みから考えて、風景がキレイに撮れると喜んでくれそうなので、広角でレンズがよくて写りがいいという評判で、かつお手頃だったこの機種、フィルムを入れるのがポンと放り込むだけの「ドロップ・イン・ローディング」なのも、あまりカメラを使ったことがない母にもぴったりかなと。

TC-1買うよりも前だったのかなあ、何度か借りたことがありますが、TC-1とは比べた印象がないなあ。結構好きなカメラです。

カメラの思い出話の続きで。

ミノルタTC-1の前に使ってたコンパクトカメラは、コニカ BiG Mini(ビッグミニ) BM-201。

こちらのブログに、懐かしい姿が。一年ほど前の記事なので、今も現役で活躍しているのかもしれません。
セミクラシック な写真から EOS kiss Digital N まで: Konica BIGmini BM-201

シンプルなデザイン、ストロボの強制ON/OFFが設定可能という点で選んだこの機種、4年半使ったときに一度修理し、その2年後にもう一度壊れたときに修理せずに、お古一眼レフ一本にしました。

でも、レンズ交換しながらより、望遠レンズの一眼レフと、スナップのコンパクト機の合わせ技の運用が便利で、やっぱりペアのコンパクト機はほしいよね・・・ということで、TC-1へと至ります。

サブといいつつ、使用頻度はメインと言っていいほど。他人から見たら、存在感のあるOM-2(一眼レフ)がメインっぽく見えていたと思うけど、自分の中では、ビッグミニが確かにメインだったと思います。

トラベルミニ三脚なんて小物もビッグミニ時代からの相方。なくしたり、壊れたりで、代替わりしてますけどね。

このミノルタTC-1、スナップとか風景とか、気軽に広角ぎみで撮りたいと思ってた私が、叔母のお古で使ってた一眼レフOM-2n(オリンパス)のサブとしてレンズ交換しないでいいように買ったもの。

そのとき自分が気軽にコンパクトカメラと考えていたのではあり得ない値段でした。十万円を軽く超えてたはず。普通のカメラを選んでいるうちに、惚れてしまった、という感じで、思い切るまでちょっと時間がかかったけど、結局入手してしまったと・・・。

最近、デジタルの広角のものが選べるようになってきて、あれい~な~、これい~な~と思うことが増えてきました。
ずいぶん小さいと思ってたTC-1も大きく思えるようになってきたしね。
デジカメも使うようになると、銀塩カメラのコストも気になるし。

TC-1をヤフオクで手放して、広角デジカメかな・・・なんて思ってたら、今更の時期ですが、TC-1は生産中止になっていたということを知りました。

なんか、急に大事になってきた。

やっぱり、このカメラすごくいいんですよね。
レンズがいいからか、シャープだし、ごく普通のフィルムを使っているのに、なんだか発色いいし。
サービスサイズしか焼いてないけど、びっくりするほどきれいな写真もよくあります。

普通のコンパクト機とはちがって、シャッターのタイムラグが小さくて気持ちいいし、質感がすごくいいから、持ってて満足感が高いし、撮影後のフィルムの巻き上げの手応えが、がっしりした金属のボディでしっかり感じられて、信頼感があるように思えます。

欠点は、もっと明るいレンズだったらよかったこと、電池が少し弱ってきたときにAFが頼りなくなること、かな。
周辺が暗いのも欠点かもしれないけど、なんか味があるように思えて好きなんです。

部品が入手できなくなるってときが来そうなのが遠くなさそうなのがいやだなあ
いつまでも使っていられますように。

特徴・機能 | コニカミノルタ TC-1 : 主な仕様

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))のカメラは、カメラ機能に注目して機種選びをするんじゃなくて、携帯におまけでついてるという意識で見れるなら、十分だと思ってます。

おすすめレベルってほどではないけれど、マクロもあるし、露出の補正も多少はできるし。

でも、気になるのがフレーミングのクセ。
縦位置にして下になる部分、画面に入ってないけど、写りこむ部分があるんですよね。

下に並んでるボタンのところも撮影範囲なのかも?と思いつつも、デジカメでも露出補正とかのメニューを表示してるときはこんな感じなので、まあ、そんな感じであまり気にせず使ってました。ボタンの隙間に画像が見えてたらわかりやすいのになあとは思ってましたが・・・。

フレーミングで意識的に外したものが入ってくることが多かったり、逆に、端っこの方で写したいときには、あえて液晶の表示から切れるような構図で、ボタンのあたりにどんな風に被写体が写り込むのかを見極めないといけない。

たとえば、最近の写真だと、シトロエンC4のは思ってたより画面ぎりぎり、カローラは思ってたよりちょっと広い。

この記事読んで、吹きました。
かなり以前の記事なんですが・・・

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:少々腑に落ちない部分はあるが……かなり“カメラ”っぽくなった──「Advanced/W-ZERO3[es]」 (1/3) - ITmedia +D モバイル

なにより前モデルのW-ZERO3[es]と比べると、撮影機能がかなり作り替えられた。タッチパネルを生かしたり、画像の縦/横が選べるようになったほか、画質もやや安定するなど、よくなった点が多く、“カメラっぽく”なったといえる。ハイエンド端末のケータイカメラ機能と比べてしまうと性能面で足りないところは多いが、総じて実用性はかなり上がった。問題は「中心がずれる」など、使ってて腑に落ちない点がいくつかあるくらいか。

そうか、腑に落ちなくていいんだ!
堂々と、撮影エリアがこれだけしかないかのような表示。やっぱり、変なんだよ(笑)。

コンパクトカメラを使ってると、ファインダーで見えたものと、現像後の写真がずれてることってよくあります。高校生のときにはお古の一眼レフをつかってて、大学行ったときにコンパクトカメラを使うようになってびっくりして、それ以来、そんなことは慣れてました。

でも、これってデジタルだよ?
ほんとにずれるってわけじゃなくって、見せ方の問題。
なのに、こんなもんだと思ってた自分もどうよ・・・。

見えないもの・・・とかってこのエントリーを書いてるうちに思い出したので、今日のお供はBuck-Tickにしよ。このアルバム、かなり好きです、Six/Ninedarker than darkness-style93-もかなり。嘆美でダークな感じが思わずひたってしまいます。

今はリマスター版が出てるんですね。うちに赤っぽいのと青っぽいのと2枚あるのはなんでだろう?


シトロエンC4といっしょにやってきたカバヤのマジョレットはトヨタ カローラ。

ミニカーの裏面には

TOYOTA
COROLLA

とあります。

うちにあったアイスレーシング 2005 to 2006 アンドロス・トロフィというのDVDのパッケージの裏面にも載ってました。えっと、まだ見てないけど、登場するんだと思います(笑)。

ランクスがベースということでいいのかな?
詳しくないのでわかりません。

わからんといいつつ、ランクスつながりでつなげてしまうけど、ランクスといえば、ラリージャパンに出場したらんくす君。
去年まではセリカで参加していたプライベーターさん。
セリカも感動したけど、今年はランクスなんて見に行きたかった~~。

その行っても見れなかったかもしれない、らんくす君の勇姿と波瀾万丈の参戦記はこちらで。

らんくす君の大冒険


スーパーで買えるトミカサイズのラリーカー、カバヤのガム付きマジョレット(majoRETTE)。
店頭にある台紙が今まで見かけなかった車種が載ったデザインの物に変わってから、ダンナがスーパー巡り再開、もうかなりの期間になります。

ようやく待ち望んでいたWRCっぽいミニカーを発見。
連れて帰ってきました。

シトロエンC4です。底には

C4 CITROEN SPORT
CONCEPT CAR

と書いてあります。

クサラと並んで記念撮影。
あ、黄色のC2も入れてあげればよかったなあ。

ゴロワーズカラーのクサラ(青いやつ)もあるらしいので、しばらくスーパー巡りは続くかも。

C4と一緒に来たのはもう一つあるので、そちらは後ほど。

いまさら出てきた、MacBookの内蔵ハードディスク交換のときの写真です。

MacBookのHDDのユニットは簡単に外せるのですが、マウンターに取り付けられているねじが普通の+とか-とかのドライバーじゃ外せない☆型(角は5個じゃなくて6個だけど)のねじなんです。

これを外すにはT8のトルクスドライバーが必要とのこと。トルクレンチかとおもって、バイクの工具のなかにもしかしてあるかもしれないけど、HDDとめるようなサイズのやつは持ってないなあと思ったけど、どうもドライバーっぽい。どっちにしろ、うちにはないなあ・・・。

ホームセンターに行ってさがしてみようと思ったのですが、ほかの用事で都合よくダイソーに行けたので工具コーナーに行ったら写真のドライバーがあるじゃないですか!

トルクスドライバーじゃなくてヘクスローブドライバーと書いてあるけど「トルクスネジ」に使えると書いてあるから大丈夫なんだろうと思って買ってきました。

ちゃんと使えましたよ。

トルクス - Wikipedia

トルクス(TORX)とは、アメリカ合衆国のカムカー社が開発したねじ頭の規格。トルクスという名称は登録商標のため、一般にはヘクサロビュラー(hexalobular、6つの突起の意)と呼ばれる。

とのこと。

学生のときにはマックオープナーと先生が呼んでいた謎の工具でSE30をあけてマザーボードの交換とかしてたけど、あれはもう、10年以上も前のこと。

(210円とはいえ)100均で買える工具が必要なぐらいどうってことないなあと思える交換の簡単さと、今どきの100円ショップの品揃えに驚いたというだけのエントリーです。

電子レンジで焼きリンゴ

カズマが「焼きリンゴ」が気になるらしい。

作り方を聞いてくる。わからんな~って言ってると、ダンナにも聞きにいった。
なんでそんなに気になってるのか知りたいけど、まずはつくってみるか。

電子レンジでもできるみたい。
うちのオーブンはムラがきついので、その方がいいかも。

レシピ レンジ焼きりんご by dragonmami

基本的に、芯をくりぬいてバターと砂糖を入れて加熱。
作り方は簡単だけど、芯の抜き方がわからんなあ。

自分がほしくて、カズマも喜んでくれそうなやつという観点になりがちで、もっとカズマよりに行こうやと、意識しつつ、プレゼント選びをしたいと思っている今日この頃。

もっと自分よりで行くと、しゃべる地球儀より頭から離れないのがこれ。

asahi.com:分子模型「モル・タロウ」 特許で組み立て簡単に - 頭がよくなる!? - 小中学校 - 教育

従来の精密模型は、原子にあたる球の大きさは一定で、原子と原子の間の距離を棒の長さで調節するタイプが主流だったが、棒の長さが様々なので組み立てるのが難しかった。

 これに対し、モル・タロウでは棒の長さを一定にして、原子ごとに球の大きさを変える、新しい原理を導入。大きさは「実物」の1億2500万倍にし、分子の実測値から棒の長さと球の大きさを算出することで、ほとんどの分子で誤差を10%以内に収めた。

なのにとても美しい。G-Toolsでアフィリエイト画像のリンクを作ったらすごく大きいのがあったので、思わず(笑)。

モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( ブルー )
モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( ブルー )

開発元のページにもいろいろ紹介されています。
ようこそナノの世界へ(Welcome Talous-World)

もしもこれで授業してくれてたら、この世に存在するものすべてが、美しいビーズ細工のように思えたかも(笑)。

いままで、スルーしてたしゃべる地球儀。
普通のでいいよ、と思いつつも実は興味があったり。
楽天で探しみても何種類もある

この秋にタカラトミーから出たトーキンググローブは1万円前後で、これまでのものより手が出やすい値段のもの。今までのは「ペンで指す」タイプばかり見かけてて、壊れやすそうでいやだったんだけど、トーキンググローブは、ちょっと違って、多少強そうなデザイン。

クリスマスプレゼントに悩んでる今は、とっても揺らぐ・・・。
地球儀はしゃべらなくてもいい、地球儀はしゃべらなくても大丈夫、しゃべらない地球儀でも楽しかったやん、と言い聞かせること、数分。

こういうのは読まない方がいいです(笑)。
コラム:やじうまミニレビュータカラトミー「トーキンググローブ」

来年(2008年)のWRCラリージャパンは十勝ではなく、道央圏で開催されることが発表されていました。

Rally JAPAN : Japanese: ラリージャパンは2008年に新しい開催地へ移転します

ラリージャパンは、WRC誘致イベントとして北海道・十勝で開催された2001年の「インターナショナルラリー・イン・北海道」からスタートし、2002 年と2003年はFIAアジアパシフィックラリー選手権「ラリー北海道」として開催。その成功により2004年に日本初のWRC「ラリー・ジャパン 2004」となりました。ラリージャパンは十勝で生まれ、育まれて来ました。そして十勝での7年間の輝かしい実績を携えてラリージャパンは、同じく北海道の道央圏に移ります。

極端に便数の少ない、とかち帯広空港より、千歳空港の方がだんぜん便利。札幌の近くなら1、2時間の範囲で宿泊施設も多いはず。
便利なのはうれしいですね。
日本でのラリージャパンが興行的にも成功して、その未来が開けるのは、喜ばしいことなのだと思います。
でも、残念な気持ちもいっぱいです・・・。

やっと小さなノート型Macが出るかもしれない。
この夏から、ちょこちょこ噂はありましたね。
ついに信じたくなるレベルのニュースも登場。

アップル、超軽量ノート型MacをMacworldで発表か?--CNBCが報道:ニュース - CNET Japan

このノート型Macは、同社製品で最大のノート型Macである現行の「Macbook Pro」に比べ、厚さも重さも半分になっているという。価格はAppleのサイトで現在入手できる13.3インチ「Macbook」のブラックモデルと同じ1500ドル程度になるだろうとCNBCは報じている。

ほんとにこの値段ならすごいな。めちゃ、売れそう。

そういう私は今回はスルー。
bluetoothのキーボードとか、いろいろ使えるプロトコル対応希望で、iPhone待ちです。

実は、iPhoneが日本で実現するころには、アドエスの1年契約が終わってると見込んでのアドエス購入だったのでした。希望がかなうなら、iPhoneにするもよし、そうでないならアドエス継続もよし。

こんなパーツを購入済みだったりするので、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))とMacBookでワイヤレス同期を試してみてました。

国内最小・最軽量クラスのBluetooth USBアダプタ!
プラネックスコミュニケーションズ BT-MicroEDR2 Bluetooth Ver2.0+EDR対応 USBアタプタ

星羽さんのwakeBTのおかげで、アドエスでの準備はあっさりクリア。MacBookとの接続もよくわからんなりに適当につながってくれてばっちり!と思ったら、画像ファイルを全部転送できないうちに接続が切れてしまって、だいたいは再接続はできない。

いまのところ、私の環境では実用的ではありませんね。
残念~~。


(追記)大きさがわかりやすい写真にさしかえました。

ただいま、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))とMacBookを同期するのに、Missing Sync for Windows mobile 4.0.2を試用中。

ところで、マウントができないことに気がついた。
「マウント」ボタンがず~っと無効なんです。

Bluetoothでやってみてたからかと思ったけど、USBで接続しても出てこない。
何で~、と思ったらありました。

Mark/Space Products - Missing Sync for Windows Mobile 4.0: Known Leopard Issues

Desktop Mounting: Desktop Mounting is NOT supported when using Mac OS X 10.5 (Leopard) with 4.0.2. You can use Desktop Mounting if using version 4.0.2 with Mac OS X 10.4.x (Tiger). At this time we are not sure if or when we will be able to support Desktop Mounting in Leopard.

4.0.2ではLeopardでのマウント機能はサポートされない。マウントしたいんだったら、Tigerを使ってね。Leopardでいつもマウントできるようになるかはわかんない・・・って言ってる気がする。

ここ数回、Missing Sync for Windows MobileでMacBookのiPhotoへ画像取り込みで同期するようになって、どうしても気になるのがBluetoothでの同期。パソコンの近くにスペースがないので、コードの取り回しとか、充電と同期が同時にやりにくいんですよね。いまは、同期するときは、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))はノートパソコンの後ろ側に転がってます(だから今までもあまり同期してなかったんだよなあ)。

充電は少し離れたところでやってます。このときでワイヤレスで同期できたら・・・と、アドエスのBluetoothについて考えていると、なぜか話が変わっていって、Bluetoothキーボードについて考えてしまうんですよね。

ちょっと前にはウィルコムファンで解説されていたのはリュード「RBK-2000BTII」。
ウィルコムファン W-ZERO3: 【キーボード】折りたたみ式のBluetoothキーボードでAdvanced/W-ZERO3[es]に高速テキスト入力/RBK-2000BTII

モバイルガジェットに詳しいブログでは「iGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboard」もよく見かけます。ニュースメディアの記事ならこちら。

スマートフォン周辺機器特選:ビジネスの達人が選ぶモバイルキーボード (1/2) - ITmedia エンタープライズ

夏頃にはDellブランドのDell Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardが特価だと話題になってたけれど・・・。
当社販売価格: ¥7,145+送料2,300で、 ¥9,445。
あ、今も同じ値段かも。

あの頃には、どれぐらいキーボードを使うかわからなくて、手が出なかったんですよね。
今は「パピヨン(FKB66PU)」使ってます。
通勤電車の中の短時間だけだけど、あるとすごく助かってる。

これはこれでUSBケーブルでつながってて、忘れ物しないという安心感はとってもありがたいんですけど。
うう、なやむ。

いや、机の周りを整理するのがいちばんって話も・・・。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の特徴のひとつ、くるくるするカーソルキー“Xcrawll(エクスクロール)”。

クルクルピッピで知られていたジョグダイヤル搭載のソニーの携帯SO206(これはDoCoMo。その前にツーカーかどこかで出ててうらやましかった)を愛用、いまだに忘れられない私としては、アドエスいいじゃん!と思わせるポイントのひとつでした。

たしかにXcrawl、いいです。いいんですけど、かなりいらつくところがある。カーソルをクルクル移動させて、クリックするときに、ずれて違うところをクリックしたことになってるんです。ちょっと慎重にボタンを押すことで誤動作しないようにそおっと操作するのにすぐなれたので、すぐに気にならなくなったのですが・・・。

最近誤動作が多くなってきました。
たぶん、寒いから?
指がかじかんで、どうも繊細さがかけてきたらしい。

Xcrawlの誤動作の悩みを解消するアプリは早々に開発されていて、もう定番というぐらい大勢使ってるんじゃないかなあ。いまさらな感じもあるのですが、入れました。

ダウンロードはこちらから。
XcrawlEx v2007.07.31b - まかべのtip ware

だけど、紹介文が何に便利かわかりにくいので、こちらを見た方がよさそう(笑)。
窓の杜 - 【NEWS】Advanced/W-ZERO3[es]に搭載された“Xcrawl”の操作性を改善「XcrawlEx」

ちょっとスクロールの動き始めが鈍いのが気になるので、ちょっと感度の設定が必要だなと思ってます。
が、すぐなれそうな気も。

寒い中での歩きモバでも、メニューの押し間違いにめげずに、もう少しがんばれそうです。


冬はホットでマイボトル


SIGGのアルミボトル、小さいのを買いました。ジャストサイズのカバーは別ブランドのもの。詳しくは後日。

中身はコーヒーメーカーで多めに入れたコーヒーか、熱いお茶。

電車でほっと一息入れながら、読書したり、メールチェックしたり。がらがらの電車で通勤してるからこそ可能なリラックスタイム(笑)。

今日はバスが遅れて、リカバリのために特急に乗ってますが、この車両、私一人です。

クリスマスプレゼントに、今年はどうしてもほしいというパーツが思いつかないキュボロ(クボロ)はパスして、カズマと一緒に遊ぶ時間を絶対に増やさないといけないゲームにしようと考え中。

カズマはただいまお化けブームなので、第一候補はこれ。

Drei Magier オバケだぞー

が、クリスマス商戦に出遅れました・・・。品切れだそうです。クリスマスまでの再入荷について問い合わせてみてますが、微妙という感じ。

こっちも同じかな。でも値段が結構違うんですけど。

ドライマギア社ボードゲーム ガイスタートレッペ

う~ん、どうしよう。

昨日はNetFrontが使えなくなっててびっくりしました。
週末、新しいバージョンのレビューが出てたってことは、以前のバージョンが期限切れだったってことなんですね。

日付を過去に変更して起動することで急場をしのぎ(これ、前回もやったなあ。あほだ)、落ち着いたときに新しいバージョンをインストールしてみました。

ブックマークの制限がとれてる、ウィンドウ(タブ)が3つ以上できるというのに加えて、個人的にうれしい点と残念な点を。

■うれしいところ

フォントが大きくなった。
いつもテキストブラウズでズームとフォントサイズを最大にしてみているのですが、字が大きくなったと思います。
だいたい歩きながらWebメールのチェックをしていることが多いので、字が大きいというのは助かります。

■残念なところ

以前はページ最下部までスクロールすると、最上部に戻ってたのが、今回は最下部で行き止まりになってること。以前は、はじめのうちは違和感があったけれど、なれると多用していたので、なくなると不便。

まあ、最初は違和感感じたので、変だという声が多かったんだろうなあ。設定ないかみてみて、なかったらアンケートで希望だしてみようと思います。あと、字が大きいのがうれしいっていうのも。

どこかの設定で選べるといいのになあ。

VMWare FusionでBoot CampのWindows XPを使ってたときは、キーボード周りの操作はこんな感じでした。
MacBookでVMWare Fusion(1)IMEがオン/オフできない?

ここでは仮想マシン(VM)にインストールしたWindows Vistaについてです。

MS-IMEは、かなキーでIMEオン、英数でIMEオフになってるようです。
この違いは、Vistaだからか、仮想マシンだからかはわかりません。もしかして、勘違いかも・・・。

今回はATOKもインストール。手持ちのものはATOK2006。
MS-IMEとは同じキーでオン/オフができませんでした。
なので、以下のように設定。

プロパティ(環境設定)→キー・ローマ字・色タブ→キーカスタマイズ
・ひらがなキー → 日本語入力ON
・英数キー → 日本語入力OFF

私の場合は文字種を切り替えて入力するようなことはないので、この設定でOS Xでの場合と同じような感じでIMEのON/OFFができるはず。

VMWare Fusionの試用エントリー、先のこちらはBootCampパーティションのWindows XPの話。
▼MacBookでVMWare Fusion(2)アドエスとのActiveSyncは?

ここでは、ゲストOSがVM(仮想マシン)にインストールしたWindows Vistaのときの話になります。

MacBookにはMissing Syncがインストールされています。

まずは、Vistaを全画面表示でアクティブにしている状態で、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))を接続。自動的にデバイスのドライバのインストールが始まります。完了したら、そのままWindows Updateを実行して、WIndows Mobible デバイスセンターのインストールにも成功。

ここまではOK。おかしかったのはそのあと。

Windows Mobile デバイスセンターがインストールされたのに、アドエスが接続されてない状態になってしまって、Vistaからは何もできず・・・。かといって、Macに戻しても接続されず、Missing Syncも反応なし。

MacBookを再起動ではこの状況は変わらず、アドエスをリセットすることで、MacでもVistaでも認識されるようになりました。

VMWareでの接続/切断で、MacがMissing Syncでその状態を受け取って起動するのに、デバイスを認識しなかったり、新しいデバイスか以前に接続したことのあるデバイスかを訪ねてきたり、すんなりいってない部分もあります。

Windows←→MacでVMWareからデバイスの接続先を切り替えるようなことはせず、USBケーブルの接続のタイミングを、Macのみ、Windows のみで完結するようにすると安全かな、なんて考えています。

Windows XPのときもそうだったけど、ActiveSync、Windows mobile デバイスセンターそのものがわかりにくい上に、macの方もあって、さらにわかりにくい。きちんと理解するためにちょっと時間が必要な感じ・・・。

サンマの蒲焼き


サンマの蒲焼き。
カズマが作った記念に撮影。
作ったというか、フライパンに並べてコンロを点火だけだけど(笑)。
余熱なしのガッテン流だと、パチパチいわなくて怖くないのでやりたくなるみたい。

あ、弱火の調整もしっかり覚えてたなあ。
もっとお気に入りの鶏肉のソテーはこちら。
ためしてガッテン流チキンソテー

クリスマスプレゼントはいまだ悩み中。

ここ3年、続けてキュボロ(クボロ)というピタゴラスイッチ系の積み木を買ってます。今年は、買い増しするほど遊びこんでないので、どうするか・・・。こんな動画を見ると

cuboro社 クボロ(キュボロ) デュオ  cuboro duo
※ひとつの積み木に2つの溝が入ったパーツがある

がいいかなとも思うんだけど、とにかく今のパーツに不足を感じてないところがダメだなあ。

何ポイントかチェックしてきて、好みの問題で、試用はVMWare Fusion一本、VMWareで気に入らなかったらBoot Campでいこうと決意して、Parallels Desktop for mac をアンインストール・・・・と思ったら、Parallelsのインスタンスをすべて終了してくださいとか何とかとかいうアラートが。確かに、Windowsが終了できなくて、Parallelsが終了してなかったみたい。

そのまま待ってみたけど、Windowsが終了せず、強制的に仮想マシンを終了しようとしたParalleslも応答なしになって、アプリケーションを強制終了させました。

アンインストールはインストーラと一緒にアンインストーラも入っていたので簡単にアンインストールできます。
さあ、これでVMWareでもうちょっと設定・・・と思ったら

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした:
<windows root>\sysytem32\hal.dll.
上記のファイルをインストールし直してください。

でたよ。ダメだろうなと思いつつ、Boot Campでネイティブ起動もしてみましたが、結果は同じ。

Parallelsで起動して、正常終了すればOKという情報を見かけたけど、またインストールするのも面倒。あるいはコマンドでboot.iniを復旧してもいいかもしれないけど、ま、ここで思い切ってWindows Vistaを仮想環境で入れろってお告げだなと判断して、Boot CampパーティションのXPはあきらめることにします。

思い切って、XPを削除したエリアに作ろうかと思いましたが、Vistaの仮想環境ができるまでは復旧できるように残しておくことにします。
ThinkPad X31がいつ起動しなくなるかわからないので、すぐ戻せるデータはある方がいいし。今は、容量に余裕もあるし。

activesync.jpg

Parallels Desktop for Mac とアドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の接続は、Missing SyncとParallelsのデバイスの奪い合いにびっくりです。

まずは、Windowsを全画面で使っているときに、何気なくアドエスを接続。すると、Parallelsがゲストに接続するかどうか聞いてきてくれます。おおっなんか親切かも。
「はい」か「いいえ」か悩んでいるうちにmissing Sync が起動。

そのあとは、はいでもいいえでも、Missing Syncで接続を解除しても、MissingSyncを終了しても、えんえん上のような画面がくりかえされて、なぜかアラートは2こづつ表示されたりして、どうしようもない感じ。

Missing Sync が動作している状態ではちょっとうまくないのかも?

そこで、Missing Sync の環境設定をチェック。
「常にデバイスをリスンする」というのがあったのでチェックを外してみたら、接続しますかのアラートは1回表示されるだけで、「はい」と一回答えるだけで認識できました。

ほんとにこれが理由でうまくいったのかどうかはちょっと疑問なんですけど、今日はここまで。
ほかの点でVMWareの方が好みなので、これ以上つっこまないかもしれません。

VMWare Fusionでチェック済みの点のキーボードの操作感をParallels でも。
対応するVMWareの試用エントリーはこちら。
MacBookでVMWare Fusion(1)IMEがオン/オフできない?

前提として、Boot Campで英語キーボードでインストールしてしまったキーボードレイアウトは、先のVMWare Fusionの試用のときに日本語キーボードに修正済みです。

■特殊なキーの割り当て

<Windows>   <MacBookのキーボード>
Windowsキー → cmdキー
Altキー   → optoionキー
Ctrlキー   → controlキー

※VMWare Fusionも同様

■Windows内でのアプリケーションの切り替え(Alt+Tab)

割り当てが上のようになってるので、ここは option + Tabキー でOK。

※VMWare Fusionも同様

■右クリック

MacBook側でシステム環境設定の「キーボード&マウス」で副ボタンの設定をしておけば、VMWare内でも二本指タップでコンテクストメニューが表示できる。

※VMWare Fusionも同様

■フルスクリーン/通常表示の切り替え

通常→フルスクリーン  メニューから全画面を選択
フルスクリーン→通常  Alt+Enter(option+enter)またはCtrl+Alt(control+option)でコントロールをParallelsに戻してメニューで戻る

もっとすんなりいく方法があるかも。

画面が切り替わる効果はフェードイン/フェードアウトのVMWareと、どんでん返しのように画面が回って切り替わるParallelsで全然イメージが違う。私はVMWare方式が好み。


■フルスクリーンのままMacへの切り替え

期待通り、ここはcommand + Tabキー。Spacesもいい感じ。
VMWareよりよいのは、ParallelsのWindowsが全画面でもコヒーレントでも単一でも、バラバラにWindowsアプリが選べること。Windowsでやりたいことにすぐアクセスできるのはよい!


■日本語入力のオン/オフ

かなキーでIMEがオン、英数キーで入力文字種が変わる。
VMWareとMacBookのキーの割り当て方が違うようで、こちらは英数キーはWindowsの無変換キーみたい。

MS-IMEのプロパティ→全般タブ→設定ボタン→キー設定タブで無変換キーをIMEオフにしたら、Macの英数キーでもオフになった。自分的にはこれでOK。

ATOK依存症なので、早く入れないと、なかなか仕事はこなせないなあ・・・。

■スクリーンキャプチャ

フルスクリーンのときも、MacのショートカットでMac側でキャプチャできる。
※VMWare Fusionも同様

■Caps lock
shift+caps lockでロックされます。
Macのように、押すだけでロックされるわけじゃない。
でも、光るのは押すだけで光ったり消えたり。
光るのと、大文字/小文字の入力モードは連携してないので、とまどうかも。しばらくの間、Shift押しながらじゃないと大文字が入力できないのかと悩みました。


VMWare Fusion用のように、Parallels Desktop用のキーボード関連のドライバもあるようです。
よりMacっぽい操作感がほしい方は入れてみるとよいのでは。
AppleK for Parallels - Parallels用キーボードドライバ

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))をVMWare FusionのWindows XP とActiveSyncで接続してみました。

VMWareのメニューとか右下から接続するよう選択すれば、ちゃんと認識はできてました。フルスクリーンで使ってたときには、いきなりWindows側で認識されたこともあったような。

ただ、適当なコトしてたからか、「アドエスのデータが消えた・・・」なんてことになったので、複数のパソコンを扱うのになれてない方は、注意が必要なんだと思います。あと、何も考えずに接続したり(Macで急に解除されるかも)解除したり(Macで認識される)はしない方がいいと思います。線を抜き差しするのではないから、ちょっと不用意にやらかしてしまいそう。もしかして、接続中のアプリ側でうまくストップかけてくれるかもしれないけれど、この辺はやってないのでわからない。

ホントに使うつもりで設定するなら、Mac側の認識がどうなってるとWindowsがどうなるとか、慎重にやらないとなあ。Mac側の同期アプリケーションの設定でどうなるのかとか、もっとしっかり見ていく必要がありそう。

でも、今回はここまで。意外にVMWareが早くに解決したので、早々にParallelsも試用してしまって、Vistaにしてしまいたいので。

VMWare Fusionも最大の調査ポイント(キーボードの割り当て関連)をチェックし終えたので、その勢いでParallels Desktop for Macも見ておけという感じで、今日はParallelsにトライ。

私のMacBookは内蔵HDDを交換してからパーティションが3つ。
こちらを参照のこと→MacBookのデュアルブート(Loepard & Windows XP)はこんな感じで。

Parallels Desktopインストール後、BootCampパーティション(実際にはBoot Campでインストールしたわけではないけれどネイティブで動くやつ)のWindows XPを起動しようとしたら、こんなことを言ってきました。

え~、一個しかいれてないよ・・・。

ちょっと気になったのが、共有用のMS-DOS(FAT32)のフォーマットのボリューム。どうせ、今はデータがはいってないしってことで、Mac拡張でフォーマットし直してリトライしたら、案の定?起動しました(アンマウントだけですんだらラッキーと思ったのですが、残念ながらだめでした)。

・・・まあ、ホントにParallels Desktopを使うとなったら、BootCampと共存はしないし、共有用のパーティションはなくてもいいですからね。

お試し期間中は、共有なしでやってみます。

(追記)
プロトンのFAQにありました。
Parallels Desktop for Mac よくある質問 - FAQ

Q. Boot Camp 用に複数の Windows 用パーティション ( NTFS / FAT32 ) を作成したところ Parallels Desktop で Boot Camp パーティションの Windows が起動ができません A. Parallels Desktop で利用できる Boot Camp パーティションは 1 つだけです。Boot Camp 用に複数の Windows 用パーティション ( NTFS / FAT 32 ) が存在する場合 Parallels Desktop は Windows の起動に使用するパーティションを特定できません。Boot Camp パーティションを利用する際には Boot Camp 用の Windows 用パーティションを 1 つにしてご使用頂くことをおすすめします。既に複数の Windows 用パーティションを作成済で再構成が不可能な場合は従来どおりの仮想ハードディスクイメージを利用することもご検討ください。


2週間ほど前にみたNHKのためしてガッテンでやってた余熱なしで焼くチキンソテー。

カズマがジューシーラインという言葉が気に入ってやりたがる。

確かに上手に焼けて、いい感じ!

ためしてガッテン:過去の放送:新技発見!フライパン驚きの調理術

ポイント1「フライパンにフタをしない」

肉の内部の色の変化をみるためのポイントの1つは、「フライパンにフタをしないこと」です。フタをすると、フライパン内の空気全体が温められ(対流熱)鶏肉の表面全体が白くなってしまい、内部の色の変化がわからなくなってしまうのです。

フタを外し、フライパンから肉に伝わる熱(伝導熱)だけで鶏肉を加熱すると、フライパンと接している肉の下側から徐々に火が通っていくのが見えるのです。

ポイント2「弱火」

炎の先がフライパンの底に付かない程度の弱火の火力だと判明しました。この弱火を維持し、ジューシーラインが身の半分ほどに達したのを目安に皮目をチェックします。パリッと香ばしい焼き色がついていたら返し、上下のジューシーラインが合体すれば完成です。見事に、皮がパリッと香ばしく、身は絶妙な火の通りになり、柔らかくジューシーに仕上がります。

ポイント3「予熱なし」

予熱をすると、熱せられたフライパン面から光のような性質を持つ「放射熱」という熱が発生してしまいます。「放射熱」がある状態で鶏肉を置くと、肉の側面に早く火が通り、ジューシーラインが見えなくなってしまうのです。

予熱なしで調理すると、この「放射熱」の影響を極力少なくし、フライパンの底から直に伝わる「伝導熱」だけで調理することで、ジューシーラインを見えやすくできるのです。

リンク先にもある実習コーナーの鶏もも肉のソテーはオリーブオイルで香り付けのニンニクやローズマリーも書いてあるけれど、普通のサラダ油に塩だけで焼いてみても、あっという間になくなってます。

ジャガイモのソテーとか、ホタテのソテーとかも紹介されてて、何にでも使えそうです。

鶏のソテーの場合は、リンク先ページにもありますが、

※注意:ジューシーラインを見る際、絶対にフライパンをのぞきこまないこと!

バチっ!と派手に油がはねてきます。子どもがかじりついてみているには、注意が必要です。

今日は体調不良で、会社を休みました。
午前中、少し休んでだいぶ復活。

今朝、駅まで行ってから「今日はダメだ」と思って会社に電話をしようとしたら、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の連絡先にデータがないっ!

会社の電話番号ぐらいは覚えていたので、自分で番号をダイヤルして電話かけて家にUターン。
事なきを得ましたが、これって状況によってはとっても深刻なのでは。

結局、連絡先、仕事、スケジュールが空っぽになっていることがわかりました。ちょうど電話やメールをこちらから発信する機会がなかったし、スケジュール見たりしてなかったので、いつからこうなっていたのか気がついてませんでした。

怪しいのは、ここ数日、MacBookでMissing Sync for Windows Mobileとか、SyncMateとか、VMWare Fusionの中のWindows XPにインストールしたActiveSyncとか、あっちこっちと接続してたこと。他のパソコンと同期設定があるとか、他のデバイスの記録がある(たぶん、アドエスのフォーマット&再構築以前のときの記録かな)とか表示が出て来たような気がするけど、適当にすすめてしまったけれど、複数のパソコンと同期したり、複数のデバイスを使ったりするときのコツも身につけてかないとやばいことになるかもなあと思った一件でした。普段、同期しないで使ってるから、全然理解してませんでした。

でもなあ、写真以外は何も同期しないように設定して接続してたんだけどなあ・・・。

無線LAN機能オン/オフの「wifictrl」とよく似た操作方法のアプリで、W-SIMのオン/オフを簡単にするのが「SetWSIM」。

SetWSIM - WS00*SH ServiceMenu Hack

SetWSIMは、WS0**SHで設定アプレットを呼び出すことなく電波OFFモードを切り替えるアプリケーションです。

自分の使い方では、電波を使えないところでアドエスを使うというのが想像できなくて、「wifictrl」を使い始めても、こちらには魅力を感じていませんでした。

でも、ある日、通勤電車(だいたいいつも空いてる)の中でアドエスと外付けキーボードを使ってメールをいくつか処理していたときに、メールの着信があって、何度も手が止まることがあって、イライラ。

着信があると、フォーカスが奪われたり、未確定の文字列が確定してしまったり、本当にうっとうしい・・・。

通信機能を完全にオフしてしまうというのはどうだろう?
着信がなくなるから、スムーズに作業できる。マナー面での配慮ではなくて、テキスト入力への障害を取り除くためのW-SIMをOFFするという考え方なのです。

これもやっぱり、「wifictrl」と同じように「KTPocketLaunch2」経由での2アクション起動で使ってます。

MacBookでVMWare Fusionの試用メモ。まずは、MacBookのキーボードでどこまでWindowsを使えるか。
これがわかんないと、何をやるにも、ホントやってらんないので。

■キーボードレイアウト

日本語キーボードなのに英語になってたから修正。これは Windows のインストールの仕方のせい(Boot Campでキーボードをちゃんと指定できないままインストールした)であって、VMWare Fusionとは関係ないような気がする。

キーボードの認識をやり直す方法はこちらがわかりやすい。
ダイヤテック・製品サポート ~PS/2日本語

直しとかないと、あとで日本語入力のオンオフではまります・・・。

■特殊なキーの割り当て

<Windows>   <MacBookのキーボード>
Windowsキー → cmdキー
Altキー   → optoionキー
Ctrlキー   → controlキー

■Windows内でのアプリケーションの切り替え(Alt+Tab)

割り当てが上のようになってるので、ここは option + Tabキー でOK。

■右クリック

MacBook側でシステム環境設定の「キーボード&マウス」で副ボタンの設定をしておけば、VMWare内でも二本指タップでコンテクストメニューが表示できる。

■フルスクリーン/通常表示の切り替え

通常→フルスクリーン  command + control + enter
フルスクリーン→通常  command + control

■フルスクリーンのままMacへの切り替え

期待通り、VMWareと他のMacアプリで切り替えOK。ここはcommand + Tabキー。
Spacesで、ざくっと表示が切り替わるのが素敵だ~~。
command + Tabキー でVMWareとFinderとか他のMacアプリと切り替えられないときは、VMWareの環境設定で、「Mac OS キーボードショートカットを有効にする」のチェックが外れていないか確認する。

■日本語入力のオン/オフ

先に書いたように、あらかじめ、キーボードを日本語キーボードとして認識させておけば、かなキー、英数キーでMS-IMEのオンオフが可能になる。(12/2修正)かなキーでIMEがオン、英数キーで半角英数になる(IMEオフではない)。いまいち、MacBookのキーボードのどのキーがどのWindowsのキーに対応しているのかわからないけれど、MS-IMEのプロパティ→全般タブ→設定ボタン→キー設定タブで英数キーをIMEオフにしたら、Macの英数キーでもオフになった。自分的にはこれでOK。


キーボードが英語キーボードとして認識されてたまま、気にせず試してたときは挫折気味・・・。
control+spaceあたりに割り当てようかと思ったら、Spotlightが起動する。その辺の設定を変える手もあるのだろうけれど、せっかくなので、相当快適そうなこちらのドライバを試用。
AppleK for VMware - VMware Fusion用キーボードドライバ
かなキー、英数キーでIMEのオンオフが可能になる。そのほか、Macっぽいショートカットが使えるようになるので、同じ操作感で、MacとWindowsを使いたい人にはよさそう。

ほんとは普段使いはATOKだけどまだ入れてない。

■スクリーンキャプチャ

フルスクリーンのときも、MacのショートカットでMac側でキャプチャできる。
上記のAppleK for VMwareで設定すれば、同じショートカットでBMPでウィンドウズ内に保存できる。
PrtSc(Print Screen)キーがなくても何とかなる。


これだけわかれば、あまり困らずに使えるかな。
プリンタとか、アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))とかはおいおいやってみます。

(追記)Parallels DeskTop for macの同じような内容の試用エントリーはこちらです。
MacBookでParallels Desktop(2)Caps lockで大文字が入力できない?

HONDA JADE/S

071201-134557.jpg

久しぶりにダンナがエンジンかけてくれました。たしか93年式。いつのまにか、古くなってきたなあ。

(追記)
ちゃんと調べたら1992年4月日が発売日でした。
「ホンダ JADE/S(ジェイド・スラッシュエス)」を発売

自分のは97年頃に中古で入手したもの。それから考えても10年かあ。5年ほどはほとんどと言っていいほど乗れてないです。

このブログはデフォルトのまんまMT4のロゴが表示されてるとおり、Movable Type 4で作ってます。

今日は検索結果のタイトルタグを、ちょこっとカスタマイズ。

テンプレートの修正箇所は、インクルードモジュールのヘッダのタイトルタグ部分を、MTIfで、検索結果の場合のタイトルタグで、検索キーワードが表示されるように。

elseif的なものはないのかな?ちょっとわからないので、入れ子でいってます。
ぼちぼち勉強しないとなあ。

太字が追加した部分。

<title>
<MTIf name="entry_template">
<$MTGetVar name="page_title"$> - <$MTBlogName encode_html="1"$>
<MTElse>
<MTIf name="main_index">
<$MTBlogName encode_html="1"$>
<MTElse>
<MTIf name="search_results_template">
<$MTBlogName encode_html="1"$>: “<$MTSearchString$>”<$MTGetVar name="page_title"$>
<MTElse>
<$MTBlogName encode_html="1"$>: <$MTGetVar name="page_title"$>
</MTIf>
</MTIf>
</MTIf>
</title>

代打 VAIO PCG-C1XF

071201-114348.jpg

MacBookには、Windows Vistaを入れたいんだけど、今はXPを入れてます。それは

・もうすぐ、ThinkPad X31が起動できなくなるかもしれない
・MacBookのWindows Vistaからは印刷できない。
 プリンタ(EPSON PM-950C)のVista用のドライバじゃダメで印刷できなかった

ということで、MS Officeの文書をまともに印刷するには、XP以前のWindows機が必要なことが理由です。たぶん、普通のVistaマシンがあるというのでもいいと思うけれど。

でも、さっき気がついた!うちには、眠ってるパソコンがあるやん!!視線をたった20センチ上に向けた引き出しに!

それが、わが愛しの SONY VAIO PCG-C1XF です。

一度手放したけれど、2年ほどしてからサブマシンとしてヤフオクでもう一台買ったもの(XFにこだわったわけではなくて、またC1がほしくて、XE以降ならどれでもよかったんだけど、たまたま同じXFが出てたというだけだけど)。

忘れててごめんよ~~、VAIOくん。

印刷できるようにしようと思ったら、ちゃんと設定済みだった。

これで電源入れてもThinkPad X31の画面が真っ暗・・・っていう状態になっても大丈夫。多少の間、修理のためにX31がいなくなっても、印刷はVAIOくんがやってくれる。MacBookには安心してVistaを入れられます。

いまはVMWare Fusion(Boot CampパーティションのVistaには未対応)の試用をしているので、そちらが落ち着いたら、MacBookはXP→Vistaにしようと思います。

EPSON PM-950Cのドライバは、Windows Vista用のものが2007年10月26日公開になっていたので、新しくなっているのかも。MacBookにVista入れ直したら、こちらも再チャレンジですね。

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH))の大きな魅力のひとつであるはずの無線LAN。実はほとんど使ってなかったんですよね。
公式サイトから提供されている自動でアクセスポイントに接続してくれる無線LAN自動サーチツール(ウィルコムファンの記事)もあるけれど、

・外に出たときに使えるところがないので、自動での接続先は自宅しかない
・メールの着信時に面倒なので、家でも常時オンは困る

みたいな無線LAN自動サーチツールの意味が感じられないライフスタイルというのもその理由。

無線LANを使っていると「メールの受信ができない(センターにあることはわかるけど)」ということと、受信のために「無線LANのON/OFFが面倒」というあたりが解決しないとあまり使わないだろうなあという感じです。キーボード出してショートカット使えよ!って声もあると思いますが、片手で使ってるときはやりにくくて、持ち替えるのがうっとうしいんですよね。

ちょうどそんなとき、「窓の杜 - 【特集】“Advanced/W-ZERO3[es]”対応ソフト特集 第3回」に掲載されていたのが「wifictrl」。

W-ZERO3 Holic: wifictrl

W-ZERO3向け 無線LAN ON/OFF切り替えツールです.

起動するたびに、無線LANのオンオフが切り替わるだけという、単純明快なアプリケーションです。

キー割り当てで一発起動が便利なのでしょうが、私は適当なところにインストールしたら、とりあえずショートカットをプログラムフォルダへポンと置きます。すると、先にAd[es]メモ:片手使いのものぐささんに「KTPocketLaunch2」で書いた「KTPocketLaunch2」に表示されるようになるので、何回か使ったらいつの間にかメニューのはじめの方に出てくるというお手軽さ。私の手元の設定なら
(1)文字キー長押しで「KTPocketLaunch2」起動
(2)1ページ目に表示されている「wifictrl」を選択
という2アクションで、無線LANのON/OFFができるようになります。

もちろん、キーの割り当てで1アクションでオンオフできる方がとても便利だと思うけれど、割り当てを設定したり、割り当てをどうしようと悩んだり、そんな手間が不要で便利が手に入るところが「KTPocketLaunch2」がものぐささんにおすすめの理由。

話を元に戻して・・・。

「KTPocketLaunch2」と「wifictrl」のおかげで、ちょくちょく無線LANを使うようになりました。無線LANの悩みを「無線LANのON/OFFを簡単にしてくれる」という面から、かなり解決してくれたもよう。以前は自宅だから、パソコンで何でもやってたけど、アドエスの無線LAN環境に慣れてくると、パソコンじゃなくてアドエスでブラウズしたりするようになってきました。これは、ちょっと大きな変化です。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja