2008年10月アーカイブ

スバルのメールサービスより。

デイ1は札幌の東部、夕張周辺の林道を中心とした4本のSSをリピートするステージと札幌ドーム内に設定された1.49kmのスーパーSSを2回走行する計10本のステージで構成されていたが、昨日、SS3とSS77が積雪のためキャンセルが発表された。夕張方面はこのところ、天候が不順で路面はかなり緩んでおり非常に難しいコンデションとなっている。

積雪でキャンセル!

うちの出発は明日です。まずは札幌ドーム。
あさっては外、寒そうだ~。

ここ数日、グッと冷え込んできたと思っていたら、旭川では初雪というニュース。ひえ~。

ラリージャパンの公式サイトでも、こんな案内が出ていました。

Rally JAPAN : Japanese: しっかりとした寒さ対策を

本州などの感覚ですと、今の北海道は真冬と同じです。昼間は気温が上昇しても朝と夕は、ずいぶんと冷えます。札幌ドームでの観戦ならはば問題ありませんが、サービスパークは屋外ですので、それなりの寒さ対策をご用意下さい。さらに山の林道観戦を予定されるならば「厚手のコート」などは不可欠で、風が吹くと「帽子」「手袋」「防寒イヤーパッド」「マフラー」などが大変に役立ちます。特に屋外で長く立っていると「底冷え」して足腰に寒さがこたえますので、「ズボン下」などの肌着も快適なラリー観戦には重要です。

寒がりな私は、がっちり用意しました。
すっごいかさばるから、ホテルに送付済み。160サイズのでかい箱になってしまいました。

・ダウンジャケット
・オーバーパンツ
・靴下用使い捨てカイロ
・手袋
・帽子(スキーのときの耳まであったかいやつ)

ダイソーでかった衣類の圧縮袋にいれて、少しだけ圧縮。帰りはもっと圧縮して、荷物を詰めてくるという算段。

持参する荷物には、雨に備えて、カッパもあります。ラフ&ロードのバイク用のカッパ。夏用の通気性のいいやつじゃなくて、厚手で風が通らなさそうな感じ。昔、GWの北海道のツーリングのために買ったんだっけなあ。もこもこの上から着たら、かなり変な姿だけれど、寒いとめげるので、見た目はあきらめて、がっつり着ますよ~~。

靴はトレッキング用の防水のしっかりしたもの。カッパと靴の隙間のために、登山用のスパッツもあります。ダウンジャケットの上からきれるサイズのカッパもそうだけど、雨でも寒くてもツーリングできるためのグッズでした。普通、そんなの持ってないよね(笑)

カズマはスキーウェアに雪遊び用の長靴です。カッパは、来年に向けて、ランドセルの上から着れるやつにしてたから、雨でも大丈夫!

インナーはユニクロのヒートテックのやつ。吸湿発熱繊維だと、以前からミズノのブレスサーモがスキーウェアやスポーツ用品、思いっきりババシャツな肌着で見かけてたけど、最近は、ユニクロのヒートテックで、一気に広まったんじゃないかなあ。買いやすくて助かります。

チームカマキョウのちえPさん作成の「2008ラリージャパン観戦マップ」。
メモがあるのが、すっごいお役立ち!!


大きな地図で見る

千歳のラリーパークの情報をまた探していて見つけました。

チームカマキョウ ラリートピックス: RJ観戦情報 リエゾンとラリーパーク

千歳ICを降りてすぐ 「千歳乃湯えん」に隣接するスペース

前に紹介されてた場所の向かい側みたい。
インター出てすぐなら、ラリーパークはなくても、ラリーカーはくる、駐車場もある、なにか食べたりおみやげ買ったりするようなお店もある、冷えた体をあっためるお風呂もあるってことですね。

レンタカーにお風呂セット常備は忘れちゃダメだな(笑)。

NTTドコモ向けのHTCのTouch Diamand「HT-02A」がそのうち出るんだそうです。

NTTドコモ向けと見られるHTC製「HT-02A」がFCCを通過!Touch Diamondと判明 | memn0ck.com

米連邦通信委員会(FCC)にてNTTドコモ向けと見られるHTC製「HT-02A」が2008年10月27日(月)付けで認証され,ラベル画像などの資料が公開されています。「DIAM190」な「Touch Diamond」な模様。ということで,もう一方の「HT-01A」が「Touch Pro」ということでしょうね。

ドコモからの発売のときには、高機能な機種も通信関係ではいろいろ制約が多いであろうことがいつも予想されているけれど、無線LANがあるアドエス(Advanced/W-ZERO3 [es])もBluetoothも内蔵されたWILLCOM 03<WS020SH>にしても単体でしか使っていないし、Willcomやイーモバイルでは、エリアに悩まされる私には、これなんだろうなあと。

WILLCOMとauを一本化したいけど、どちらも縛りがあるので、発売後すぐに動くと言うことはないと思いますが、今の気分はこれでDoCoMoに・・・。いやいや、DoCoMoでiPhoneを待つのが自分的にベストじゃないのか・・・、とまあ、ダブルホルダーからの卒業へ、気持ちが揺らぎまくりです。

今日のWILLCOMの発表会で、速いW-SIMが発表されたら、DoCoMoのTouch Diamondではなく、WILLCOMでがんばる気分が復活かも。フルキーボードのない、WM機でもいいかも。

2本で行くなら、昨日発表になった、これも気になるしね(笑)

8.1メガカメラ搭載のスタイリッシュな"EXILIMケータイW63CA" - 2008年 - ニュースリリース - CASIO

カシオ、809万画素のEXILIMケータイ「W63CA」

 画像合成により前後、上下、左右のズレを補正する6軸手ブレ補正に加え、デジタルズームに合わせて画像サイズを500万画素相当、300万画素相当に調整するオートリサイズを備えるほか、9人までの顔認識AFや最大4枚/秒の連続撮影が可能。また、オートブラケット機能や9点測距AFも有する。

 レンズは35mm判換算で焦点距離28mm相当。最短撮影距離はマクロモードで10cm。ズームは最大10.2倍のデジタルズーム。480×800ドットの3.1型有機ELモニターも装備する。

W61CAと比べるとオートリサイズが、便利に感じられそう。

そうか、ドコモでもカメラで相性のいいケータイが出ないかなあ。そしたらWILLCOMとドコモのダブルホルダーで自分的に不満が少ないはず。

Movable Type 4.x 本格的CMSサイトを構築するためのMTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。
IDEA*IDEAのプレゼントで当選しました!

読んだだけで、まだなんにも実践してないですが、感想を・・・。

■MTのインストール手順の解説がない

付録にあっさりとあるだけです。このおかげで、「この章、よまなくていいや」なんてことがなくなって、すっごいお得な気分です。


■マルチブログの具体的な活用法

MT4の解説本は、CMSと銘打ったものを読んだものがありましたが、マルチブログとカスタムフィールドに関する解説が物足りなく、残念に思ったことがありました。

「第1章 Movable TypeをCMSとして使う前に理解する法則」では、性格別に分けたコンテンツで複数のブログを作成し、マルチブログ機能で統合してひとつのサイトとして見せるということを基本としています。

自分では何となく、こんな風に使ったらいいのかな?と思っていたようなことが、比較的詳細に書かれていたのでここで、大いに満足しました。


■管理者・入力担当者がカスタマイズの対象者

第2章は「第2章 管理者の運用効率を高める法則」。公開するサイト(ブログ)の機能や見栄えに関する内容ではなく、サイト管理者の運用効率に関する章が、MTの概要に次いで2番目に来ているところが、この本の素敵なところです。

公開サイトについては、機能や見栄えなどのカスタマイズの紹介も多いし、活用している人も多いと思います。けれど、サイト管理者の更新のしやすさに配慮した設計や、管理画面の使いやすさ向上のためのカスタマイズ情報は、そんな気遣いができることすら気づいてない人が多いのでは。

通常のサイト運営でも管理者の運用効率は重要であることと思います。従来は、この点で管理者のスキルに頼っているケースが多いと思います。

しかし、たとえばイントラのナレッジベースとして利用する場合など、さまざまなユーザが利用します。各個人のスキルにかかわらず、誰もが管理画面で快適に作業できるか否かが、情報の集まりやすさにも関わってくることでしょう。

これからは、入力のインターフェースにも注目したサイト構築が当たり前になっていくのだろうなと、とても興味深く感じた章でした。


■CMSとしてのMTの実力

個人的な印象なのですが、ブログをベースにしたビジネスサイト構築では、「ワークフローやバージョン管理などがない、更新のしやすさを目的とした(簡易的な)CMS」と理解されている場合が多いように感じています。ですので、ブログとしてのイメージが強いMovable Typeも、更新のしやすさが主な魅力として受け入れられていると思います。

この書籍ではLDAP連携や承認フロー、Movable Type Enterpriseの紹介など、MTのCMSとしての機能の一端を知ることができます。MTは「ブログだから更新しやすい」だけがウリじゃなさそうだ・・・というあたりから、MTのCMSツールとしての実力を知るきっかけになりそうです。


■他にも目からウロコの法則がいっぱい

私の場合は、仕事でバリバリというほどではないけれど、それなりに知識はあると思います。バージョンアップで追加された新しい機能は、たいてい便利そうなので使ってみることが多いです。

最近だと、変数や制御文も簡単なものを試してみてはいたし、カスタムフィールドや、ウィジェットもとりあえず便利に使ってはいました。

でも、本書では、「この機能をこんな使い方するとこんなに便利なのか!」と目からウロコな活用法がいっぱい。そのまま自分で使うことはないと思うけれど、今後のアイデアの種として、大活躍してくれると思います。

~~~

こんな感じで、かなりおもしろい本でした。

Movable Typeってブログ用のツールでしょ?と思っている方すべてに読んでもらいたいです。「MTでCMS」のレベルがぐぐっと上がると思います。初・中級者が、上級の入り口を知る本といえるんじゃないかと思います。

さて、なにから、実践してみましょうか。ちょうどテンプレートをまっさらにしてしまったので、なにをやるにもタイミングがいいんですよね(笑)。


IDEA*IDEAの田口様、株式会社インプレスジャパンの藤井様、ありがとうございました!


【書評】 MovableType 4.x 本格的CMSサイトを構築するためのMTスーパーテクニック(5名にプレゼント!) | IDEA*IDEA
Movable Typeの「新・100の法則。」プレゼントキャンペーン中。 - fujii-t:blog(続・ひと編。)

Movable Type 4.x 本格的CMSサイトを構築するためのMTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。
Movable Type 4.x 本格的CMSサイトを構築するためのMTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。加藤 善規

おすすめ平均
stars制作意欲をかきたてられる
starsプロとしてMovableTypeを使いこなすために
stars初めて企業向けサイトを作成する方向け

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Movable Type 4の目玉機能のダイナミック・パブリッシング、ようやく始めました。
ちょっとばたばたしました。

のど元過ぎれば熱さを忘れる・・・っぽいけど、忘れないようにメモしておきます。
といっても、今日はメモするぞという宣言だけ。

テンプレートいじるときに再構築がいらないって、マジでいいわ~~。

ねんきん特別便がきた!

ねんきん特別便がきた!

すげーわからん。
こんなにわからんとは思っていなかった。

加入期間は20才になってから、今まで勤めてたところは厚生年金で、それ以外が国民年金になっているから期間はあっているのかもしれないけれど、ダンナの扶養だったり自分で入っていたり、ころころ切り替わっているのが全部「国民年金」とだけ羅列されていて、正しく処理されているかどうかわからん。つーか、羅列されているのが、1号と3号が切り替わっているせいだって気づくのに時間がかかった。

で、問題点。なんだか未納の期間が思ってるよりたくさんある。といっても、ねんきん特別便には、未納が○ヶ月あるとは書いてくれてなくて、国民年金を納付した月数と加入月数の値に差があるからそう判断した(よくぞ理解した>ダンナ!)。気づかなかったら、厚生年金と国民年金であってるから、OKにしたと思います。

二十歳になってすぐとか、当時、確信犯的に未納にしてしまった部分はあるんだけど、数が合わないので、ねんきん特別便専用ダイヤルに電話してみた。

結果的に、扶養で加入できるはずの期間が、本人で加入する扱いになっていて未納になってしまっているところがあるということ。ねんきん特別便は、どういう種類の保険の加入しているときに、いつ未納かという資料ではないので、ねんきん特別便だけではわからない話でした。

もとはといえば、当時手続きをした役場の年金係の人が間違ってたんだけど、それの訂正を後でできることになって、そのための書類を郵送してくれる話だったのが、郵便がいまだ届いてない・・・という状態だったのでした。

一時期、なぜか私がこの家から転出したことになっていて、郵便物が届かなかった時期があるんだよね。自動車保険の保険証が保険会社に戻っていったから住所確認の電話があって発覚したんだけど、そのころだったのかもしれないです。

それならそれで、差出人に戻っているはずなんだけどね~。税金の還付の通知も再送するといったっきり届かなかったし・・・。そのころ、役場も、社会保険事務所も、郵便局も、税務署も、しっかりしてると先入観があるところも、あてにならんもんだなぁと思ったです。民間の損保がしっかりしてた(笑)。

ねんきん特別便専用ダイヤルの方によると、まず最寄りの社会保険事務所に「郵送してくれるって言った書類、まだ届いてないんだけど」と相談することから、だそうです。

ねんきん特別便には、国民年金がいつからいつまで何号かなのと、「あなたには未納とされている期間がある」とわかるように計算したら出てくる未納の月数ぐらいは書いてくれてもいいと思いました。

今回(2008年)のラリージャパンは、リエゾン区間で高速が多いのと自分たちの移動ルートの関係で、どこでリエゾン観戦するか悩んでます。ラリーパークが開設されるなら、コースに組み入れたいと思っているのですが、まだ、公式サイトでは情報がないんですよね。

今までだと、ラリーパークなら地元物産品の屋台があったりして、道ばたとかコンビニとかよりも現地を楽しむこともできて、リエゾン観戦とあわせて一石二鳥と思ってるんですが、今年はどうなんでしょう・・・。

ちょっと探してみたら非公式の情報があるようです。

ラリージャパン2008 千歳ラリーパーク、恵庭ラリーパークが誕生か-ラリージャパン(RALLY JAPAN) 北海道からラリー情報【WRC世界ラリー選手権第14戦】

千歳ラリーパークは 北海道千歳市真々地4-9-1 北海道まるごと市場 - オホーツク観光グループ に設置されるとの事です。

一番車が通過する予想時刻は
DAY2 11月1日 8:10~8:20頃、13:30~13:40頃
DAY3 11月2日 6:40~6:50頃、11:30~11:40頃

(中略)

恵庭サービスパーク

北海道恵庭市盤尻20-7
一番車が通過する予想時刻は
DAY2 11月1日 11:40~11:55、17:00~17:10

恵庭は時間が合わない・・・。千歳でタイミングが合えばいいなあ。

いずれも非公式情報のため、「噂どおり設置されれば良いな」程度にお考え下さい。』とのこと。

期待をこめて、上のURLにあった予定地と地図をメモ。

北海道まるごと市場 - オホーツク観光グループ


大きな地図で見る

調子の悪いX31のメンテをしたり、ラリージャパンの準備や調べ物してたりしたら、遅くなったので結局、新型のMacBookの発表をついついチェック。

「ノートブック」のイベント "spotlight turns to notebooks"というだけあって、MacBook、MacBook Pro、MacBook Airで新型の発表あり(Airは大きくは変わってないのかも)。

速報:アップル「ノートブック」イベント - Engadget Japanese

一体成形アルミのUnibody筐体、LEDバックライトディスプレイ、NVIDIAグラフィック、マルチタッチ対応ガラストラックパッド、ミニ DisplayPort端子、環境対策。基本的にMacBook Proとおなじ要素。「人類史上でもっとも環境に優しいMacBook」。人類史上?

現行MacBookが$999とのこと。$800はやっぱりないのかな。たしかに、FireWireはなくなってしまったっぽい。

自分的には、人類史上最も環境に優しいMacBookだという"Next genelation MacBook"が買いかと。NVIDIAのグラフィックチップ、マルチタッチのトラックパッドと、なかなか魅力的なので、買い換え時期だったら、迷わず買うと思う。魅力的なモノが新しいモノであったりするので、その点、心配なところもあるけれど(笑)。いや、自分的に十分な仕様の現行MacBookとの価格差で迷うかな・・・。アップグレードの128GB SSDというのも気になるけれど、このあたりは普通にHDDでいくと思う。

な~んて、不調ぎみなThinkPad X31、初代MacBookのVMWare Fusionではちょっときびきびさが足りないWindows Vistaを使ってると、ついつい新型のMacBookたちに心奪われまする。

鈴鹿バルーンフェスティバル(CA3A0005.JPG)

鈴鹿バルーンフェスティバル(IMG_3377.JPG)

鈴鹿バルーンフェスティバル、何年か見に行きたいと思っていたけど、ついに実現しました。

鈴鹿バルーンフェスティバル 公式ホームページ

はじめて見にいったときは、前日のニュースで見たから。鈴鹿川の河川敷・・・という情報だけで適当にアプローチしたら、たどりつくことはできたような感じなんだけど、イベントをやってるにしては、妙に寂しい雰囲気。事務局みたいなテントにいた人に聞いたら風で競技中止とのことで、気球は見れなかった。

去年は覚えてないけど、都合が悪かったんだと思う。日程を調べたからなのか、公式サイトで「午後は風が不安定、早朝の観戦がおすすめ」ということを知ったのを覚えている。

そして、ようやく今年、本物を見ることができました!

体験搭乗で気球にも乗った!!3時間待ったけど(笑)。カズマが乗りたいといったから並んだんだけど、よく待ったなあ。風の具合など天候に左右されるので、まっても乗れないことがあるらしいですが、今年はかなり大勢乗れたようです。

鈴鹿バルーンフェスティバルブログ:【2008年】体験搭乗 - livedoor Blog(ブログ)

日が高くなると普段は風が強まって10時過ぎぐらいには撤収することになるんだけど、今回はナゼかうまい具合に風が吹かないまま12時近くまで(驚異的!?)時間が過ぎて約900人のお客さんに乗っていただくことができたとのこと。

加速をほとんど感じず、上昇していたのは、すごく不思議な感じ。

写真の一覧はflickrにて。
SUZUKA Balloon Festival 2008

YouTubeにアップした動画は、夜のイベント『バルーンイリュージョン』のもの。気球を熱する炎の赤みのある光と、『バーナーオン!』で一斉にバーナーが焚かれると、ほんのり暖かくなるのが印象的でした。

ちょっと残念な情報。

新「MacBook」筐体画像が新たに漏えいか--FireWireポート不搭載の可能性:ニュース - CNET Japan

中国のサイトMacX.cnに MacBook関連の複数の写真が掲載された。同サイトは、13インチ版MacBookの新しいアルミ筐体の写真だと主張している。この写真で興味深いのは、側面の写真(これらの写真はすべて分解後に撮影されている)を見ると、現在、標準的なMacBookに見られるFireWireポートがなくなっているように見える点だ。

まあ、来春までにTimeMachineか、無線LAN対応のNASを買うつもりだったし、すぐにMacBook買い換えもないので、困ることは全然ないんだけれど。

イベントでの発表前の正確さのわからない流出情報だけど、この仕様についてはあり得る、とは思います。

個人的には、USBは1.1しかなかったG4 Cubeで使うために買ったFirewire外付けHDDとの接続でデイジーチェーンで使いたいがためにFirewireとUSB2.0の両方に対応する機器をできるだけ買うようにしているけれど、USBのみ対応のものの方が簡単に見つかるし安いし・・・。

iPodがFireWireじゃなくてUSBになったのもずいぶん前だし、今どきはFireWire(IEEE1394)はなにに使ってたんでしょうね。

ほんとに出るか楽しみなのは、800ドルと噂される低価格のMacBook。
新しい「MacBook」シリーズをめぐるさまざまな情報--価格は800ドルからか:ニュース - CNET Japan

バルーンイリュージョン

バルーンイリュージョン

鈴鹿バルーンフェスティバルにて

鈴鹿バルーンフェスティバル

鈴鹿バルーンフェスティバル

写真を見て思いました。

リアルgoogleマップ!

実物ではそう思わなかったんだけどなあ。

セレモニアルスタート、シェイクダウン、SSSやセレモニアルフィニッシュが行われる札幌ドームについて、周辺駐車場の情報が公開されています。

発売はなんと明日(というか今日)。

北海道入りするのが午後になってから、その日が札幌ドームでの観戦日。
これは、空港からドームに直行できるように、駐車場のチケットを買いに行くべきか?

Rally JAPAN : Japanese: 札幌ドーム周辺駐車場および駅発バス運行のご案内

札幌ドームご来場のお客様用に周辺駐車場を用意し、駐車券を発売をいたします。駐車券は10月10日(金)10時よりローソンチケットで発売します。詳しくはご案内PDFをご覧下さい。

駐車場は旧ポスフール西岡店。気温や天気が悪い可能性も考えると、この距離はちょっとつらいかも。

バスは大人1000円/1日×2人(小学生以下無料)で、駐車場代2000円/1日とあわせると合計4000円。う~ん、高いなあ。

札幌ドームご来場のお客様用に地下鉄「平岸駅」「南郷18丁目駅」「真駒内駅」「白石駅」と新札幌バスターミナルの5カ所から札幌ドーム間を結ぶシャトルバスが運行されます。詳しくは札幌ドーム公式サイトをご覧下さい。

札幌ドーム公式サイトには時刻表もありました。

コストとメリットを考えると、もともとの予定通り、ホテルに車をおいて、地下鉄&徒歩かシャトルバスを考えた方がよさそうな気がする。無理にチケット取りに行くことはないかな・・・。

iPod touchとかW-SIMなしアドエスとか、そもそもキャリアじゃないWindows Mobile端末とか、無線LANしか使わなくしたiPhoneとか、ちょっとけちなことも含めて(笑)、いろいろ妄想がふくらむリリースがありました。

WILLCOM|~超小型通信モジュールW-SIM(ウィルコム シム)搭載。いつでもどこでも日本全国が無線LANスポットに~ 「どこでもWi-Fi」の発売について

【1】「W-SIM(ウィルコム シム)」搭載。いつでもどこでも無線LAN機器のご利用が可能
【2】ウィルコムのマイクロセルネットワークで安定したレスポンスの早いインターネット環境を実現
【3】無線LAN簡単設定システム「AOSS」を搭載
【4】三洋電機の高性能充電池「eneloop」を採用。繰り返し使えるバッテリーで環境に配慮した製品

ま、SIMもセットみたいなので、自分的にはそんなすぐには楽しいことにはならないと思うけど、それでも楽しみです。無線LANだけじゃなくて、Bluetoothで使えるのがでたら、もっといいのになあ。

あ、まだ、8xのW-SIMっていう話はないのかなぁ。

花火!弁慶祭り

花火!弁慶祭り

よさこい弁慶踊り

よさこい弁慶踊り

法事で帰省したら、祭りのひだった。

運動会

運動会

運動会は昨日でした。
数日前には、お天気が心配だったけど、いい天気!

カズマがすごいがんばっててちょっと泣けた!

CA3A0035.JPG

クラシックカーラリー2008 in 滋賀にて。
新井敏弘選手がドライブしたのがこれ!
WRC関連のイベントより、すっごい近くにいました。
トークショーとかに出てくるのかと思ってたからめちゃびっくり。
記念撮影もしてもらった!!

最近電気屋さんにいって、軽くのぞいてくるのがプリンタコーナー。

MacBookをメインに考えると、カズマが生まれる前に買ったPM-950Cでは、Bootcampでも、VMWare FusionでもVistaで印刷できてなくて、すっごい不便なのです。

プリンタは最近の技術を追ってなくて、どの程度のものを買えばよいのかよくわからないけど、ちょうどプリンタ(カラリオ「EP-801A」)のダイレクトメールが届いていて、のぞいたので自分が気になるポイントをピックアップ。


■年賀状向け機能

なくてもいいけど、あると楽しい。

○手書き合成シート
テレビでよく楽しそうなCMしてるやつ。プリントゴッコなき今、パソコン上での作業じゃなくて、家族で手作り感ある年賀状作成作業を楽しめるような気がする。


■写真の簡単プリント系機能
いまや、PictBridge(プリンタとカメラを直接つないで印刷指定できる)は当然ぽいですね。お店プリント派の私は、正直あまり興味なかった機能だけど、ここまでできるなら、やるかも・・・っていう気になる。

○オーダーシート
メモリカードを入れたら、まずは、写真を一覧できるオーダーシートをプリント。用紙の種類、レイアウト、プリントしたい写真をマーク。後はシートをスキャンするだけで写真プリントのできあがりです。

○赤外線・Bluetoothでワイヤレスで直接印刷


■プリンタ自身の取り回し
ここあたりは、十分吟味したいところ。

○サイズ
前のがでっかすぎるので、コンパクトになってきているのはありがたい!

○前面給紙
コンパクトな筐体が生かされるのが前面給紙だと思う。PM-950Cを買った少し後から出てきていて、うらやましかった!

○2種類のサイズの紙を同時にセットできる。
はがきかLサイズとA4とかで同時にセットできると、写真プリントの頻度が上がりそうな気がする。

○印刷時の音

PM-950Cは給紙の音がうるさいので、その辺はサイトやカタログでは確認しにくいけれど、チェックしたいねぇ・・・。

○ノズルつまりトラブルの軽減

PM-950Cでの悩みの種。今どきの機種は、さすがに改善されているようです。


■複合機

○パソコンなしコピー
プリンタ&スキャナの複合機なら今や当たり前的機能かも。


これはちゃんと調べて買うと、かなり快適になりそうです。

Mac で Windows を動かすなら act2.com

act2.comのアフィリエイト開始とVMWare FusionのLinkShareからのアフィリエイト開始を知らせるメールで思い出しました。

あ、アップデートしてないや(ダウンロードはしたけど)。

Windowsメイン機は、相変わらずThinkPad X31でがんばっているので、MacBookのWindowsは予備機扱いではあるのですが、今回はMac1台で帰省しようかと思っていたので、このエントリをX31で書いている横で、作業しています。

VMWare Fusionのインストールのあと、仮想マシンを起動しようとすると、仮想マシンのアップデートを案内してくれるので、案内に従って作業。起動したら、VistaのWindows Updateです(久しぶりの起動なので、いっぱいあって遅い!!)。

どうしても、故障がちなXPのThinkPad X31を卒業できなくて、MacのWindowsがメインになってこないんだけど、VMWare Fusionが理由なのではなくて、XPのほうがVistaより好きなせいです。

他に、あえて不便なことを挙げれば、VM Wareを使い始めた当初、lenovo(旧IBM)のThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付が普通のUSBキーボードに認識されてしまったこと。赤いトラックポイントは使えない。BootCampで直接起動したWindowsなら、しっかり認識してくれるんだけどなあ。

今は知りませんが、まあ、最近は、Windowsでの操作がMacでのキー操作に近くなるようなキーバインドになっているので、Macのキーボードのママでもするっと使えるようになってきました。

最近、X31がHDDとかファンの音が派手になってきて、動作が遅いことがよくあるので、またやばいのか・・・とMacBookをWindows作業のメイン機移行計画を、本格的に実行しようと思ってます。帰省中

うちの旧記事に日本語の切り替えとか、Macのキーボードにはないキーとかで、検索してくる方が多いので、その辺の案内はわかりやすい方がいいなあと思っています。

VMware Fusion 製品情報ページ

あれ、FAQはどこだっけ?

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja