ついにペターが帰ってくる。

タイトルは、この記事の写真のキャプションから。
なんか、ぐっときた。

<直前情報>WRC第2戦 ラリー・ノルウェー:WRC 世界ラリー選手権 情報:ラリー・ノルウェー

ペターは去年の年末にスバルが活動終了を発表して以来、WRカーのシートを探して毎日奔走していた。しかし、なかなか最新のWRカーをドライブする話しがまとまらず、最終的にはシトロエンの1世代前のWRカーであるクサラWRCを駆ることになった。チーム名は自らの名を冠したペター・ソルベルグ・ワールドラリーチーム。完全なプライベートチームでありマシンも古いことから苦しい戦いを強いられる可能性が高い。しかし、逆にプライベートエントリーということで現在はマニュファクチャラー系チームでの使用が禁じられているトリプル・アクティブデフを使うことができる。ペターは様々なマシンをテストした上で、トリプル・アクティブデフを備えたクサラWRCを最終的に選んだという話しもあるから、場合によってはトップ争いに絡んでくるかもしれない。いずれにせよ、絶大な人気を誇るペターの帰還はラリー・ノルウェーをおおいに盛り上げることだろう。

「ペター・ソルベルグ・ワールドラリーチーム」は、ノルウェーを含め11戦に出場とのこと。
期待しちゃうなあ。

« 前の記事:

ネット不通

» 次の記事:

Amazon「Kindle2」発表!スティーブン・キング新作「UR」独占配信

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja