BICC Rally of Tsumagoi 2009(ラリーオブ嬬恋)観戦記<3>

2009年2月1日、嬬恋のスノーラリー観戦の最終日。
BICCでのイベントは中止だそうで、ホテルグリーンプラザ軽井沢の駐車場でのデモランを見にいくかどうかというところだったのですが・・・

インフルエンザに倒れる!

トウミくんパパ、おねえちゃんが発熱。
弟くんがインフルエンザだったので、きっと同じ。

トウミくんママにつれられて、トウミくんパパ、おねえちゃんはお医者さんへ。
デモラン見に行こうなんて状況じゃなかったです。

うちの3人はめきめき復活してきた弟くんとお留守番してました。弟くんは、ご飯をおかわりするぐらい元気に!よかった~~。

うちも、そのうち発症するかもしれないので、元気なうちに帰ることにしました。
まったくもう、スノーラリーな感じが全然しなかったなあ・・・。


長野といえばそばだよね

ということで、お昼前にサヨナラして、近くのそば屋さんでちょっとはやめの昼食。
ボリュームが多くて、満腹で苦しいほど・・・。

12時ぐらいには、本格的に帰路につきました。

帰りが早いのが残念なので、ある程度、三重まで近づいたところで寄り道をしてから帰ることに。

あまり高速から外れていかないところ・・・ということで思いついたのが、以前にイルミネーションがを見た川島ハイウェイオアシスにあるアクア・トト ぎふという水族館。

普段は通らない、東海環状道を土岐から関へ通ってみるのも楽しそうです。


後ろから来るインプレッサが

昨夜は少し降ったのか、屋根に雪があるとか行きよりも白いものを多く見た気がしますが、あまりに雪のない風景に、スキー帰り、スノーラリー観戦帰りとは思えない気分。

不思議な気分で三重を目指します。

順調に進んでいますが、行きにバタバタしたので、そろそろジャンクションでの分岐に注意しないと~~と思っていたころ、「後ろからかっこいい車が来たよ」とダンナ。

BICC?:CA3A0025.JPG

おお~、なんかいかつい感じのインプレッサだ~~。

もしかして本物?
嬬恋ラリー参戦してたとか?

すぐに、インプレッサもうちの車も土岐ジャンクションで東海環状道へ入り、インプレッサは豊田方面へ、うちは岐阜方面へと分かれていきました。

誰なんだかよくわかんないけど、ほんとに出てた人なのかもわからないけど、ここまで帰ってきてから、ラリー観戦気分はかなりうれしい!!


岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

アクア・トト 岐阜:CA3A0041.JPG

アクア・トト ぎふは普通の水族館とはちょっと違った雰囲気でした。中国やアマゾンなど、大きな川の大きな魚が印象的。日本とは、水の流れも時間の流れもちがうんだろうなあ。

地味だけど、わたしは好きでした。

最近人気のカピパラくんもいたけど、写真を撮ろうと思ったときには小屋に入ってしまってました。残念。アシカショーもあるみたいだけど、ショータイムには間に合ってなかったようです。

ちょっとついたのが4時半ぐらいと、ちょっと遅めだったけど、早足で駆け抜けることもなく、それなりにのんびりしながら見て回れました。

外に出たのはまだ暗くなる前。おなかもすいてなかったので、どんどん松阪を目指すことにしました。

そのあと、夕ご飯はどうしたんだっけなあ?
松阪に帰ってきてから、外食したような気がするけど、もう思い出せない・・・。

インフルエンザは、このときはかからずに済みました。
よかった。

インプレッサはしゅうへいくん

何日もたってからになりますが、このラリーに参戦した選手や観戦した人のブログをふらふらと見ていたら、会場から遠く離れた場所で気持ちを盛り上げてくれたあのインプレッサが誰だかわかりました。

とあるブログで「しゅうへいくん」として紹介されている牟田周平選手でした!

ブログにコメントしたところ、とてもうれしいお返事をいただき、感激です。カズマに、「あのインプレッサの人とお友達になった~~」と自慢したり(笑)。

あ、あと、しゅうへいくんのブログにコメントしたいがために某サービスに思わず登録してしまいました。あちこちおじゃまさせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします~~。

身近に感じられる人、応援したい人が増えてくると、これからますます楽しくなりそうです。


« 前の記事:

[DMC-LX3]古いSDカードで動画の撮影に挫折

» 次の記事:

iPod shuffle が故障した!

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja