松阪ケーブルテレビの「ケーブルプラス電話」に申し込んでみた

自宅のネット環境をBフレッツから、コストダウン&グレードダウンしようと、検討中です。

以前に「安さNo.1」とCMを流しているコミュファ光を見てみたけれど、エリア外で会えなく断念。ふとケーブルテレビのことを思い出して、サイトをチェック!実はテレビはケーブルなのです。

引っ越してきた当初はみたいチャンネルの都合でCSにしたかったんだけど、ダンナ実家から「風が強いからアンテナが心配」と説得され、ケーブルテレビにしたのでした。

ネットのサービスも一緒に申し込みたかったけれど、当時の仕様がどうも気に入らなかったので(ケーブルテレビのインターネット網でローカルLAN扱いとか)、まずはADSLを導入。しかし、あまりの切れっぷりに困り、Bフレッツへ変更・・・という状態でした。

今は、自宅でルータも使っているし、自宅のネット比重も下がっているし、いろいろ妥協してもいいかなと。

で、松阪ケーブルテレビのインターネット接続サービスを利用しようとして見つけたのが、ケーブルプラス電話のサービス開始の案内。

ケーブルプラス電話 - MCTV松阪ケーブルテレビ【マーブルウェブ】

ケーブルプラス電話とは、松阪ケーブルテレビ(MCTV)とKDDIとの提携により、MCTVのケーブルネットワークを利用して提供する新しい固定電話サービスです。NTTの電話番号を継続して使用する事(番号ポータビリティ)ができ、従来よりおトクな基本料金、通話料金を設定しています。

ついでに資料請求して、そのまま申し込み。ここまでが先週のこと。

昨日、資料が届いたとのことで、担当者から電話がかかってきました。予約の申し込みが殺到しているらしく、工事は2ヶ月近く先になるとの連絡でした。

先にインターネットの工事をしませんか、といわれたけれど、解約が一発で完了する方がいいので、電話の工事とあわせてすませてください、とお願いしました。

で、工事のめどは?と聞いてみると、返ってきたのがこんな答え。
・工事が始まるのが、サービス開始の3/10から。
・このタイプの工事は初めてなので、工事担当者が1日に何件こなせるかわからない

電話しながら、笑ってしまいました。

それにしても、申し込みが殺到しているというのは正直にびっくりしました。
NTTの電話じゃなくなるって、わたしは結構ドキドキするんだけどなあ。

固定電話はほとんど使わない、電話料金を下げたいという人が、本当に多くなっているということなんでしょうね。

« 前の記事:

近鉄難波が大阪難波に

» 次の記事:

AX420Nスペシャルモデルが発売!新つなぎ放題が月額980円

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja