[ThinkPad X31]無線LAN:WPA-PSKで接続できない

| コメント(1)

ここ数日の自宅LAN再構築の苦戦の原因の一つが、IBM ThinkPad X31での無線ルータ(BUFFALO AirStation WZR-HP-G300NH)との接続のこと。

ルータのAirStationとは無線LANで接続しています。

AirStation側は暗号化の方式は「WPA/WPA2 mixedmode-PSK」を設定していて、設定画面の説明によると

WPA-PSKおよびWPA2-PSK, TKIP/AESをサポートした各無線LAN子機が混在可能

であるはず。

しか〜し、ThinkPad X31からは、WPA-PSKで接続できないのです。TKIPでもAESでもどちらでもだめ。


AirStaitionで「WEP専用SSID隔離」という機能を有効にして、WEPでの接続を許可するように設定を変更、X31でもWEPで接続するように設定すると接続できます。

これでインターネットは利用できるのですが、WEPでの接続ではセキュリティ面からLAN内では制約があり、LinkStationが見えなかったり(中途半端に見えるので悩む)、有線で接続したAirMac Expressが使えないのでプリンタが使えないとかで、このままでは困ります。

X31の無線LANカードのドライバをアップデートすればましになるかと、
Lenovoのサポート & ダウンロードあたりをうろうろしていました。

これだと思うものもなく、ユーティリティ類を入れてみても状況は変わらず、いったんゼロからドライバをインストールしようと、ドライバを削除してみました。

ダウンロードして展開されたファイル類もきれいに削除してからX31を再起動。

再起動後は、インストールされていないハードウェアが認識され、自動的にドライバがインストールされました。これはX31標準の状態のはず。

この時点でWPA-PSKで接続可能に!

LinkStationが使えるようになったし、AirMac Expressからの印刷もできるようになってます。

なんで解決するんだよ?
解決したのに納得いかない気分であります。

« 前の記事:

AirMac Express を有線で使う(プリントサーバ&AirTunesのみ使用)

» 次の記事:

[DMC-LX3] マクロで庭の花を:ユキノシタ

コメント(1)

私も同様のことでしばらく悩み(親機はWHR-G300Nでしたが,親機のほうに問題があるのかとしばらく時間を費やしました),貴ブログがヒントになって,内蔵LANチップのドライバを以下のものに更新したら,問題解決しました。
バージョン: Ver.4.1.2.156
リリース日: 2007/06/15
ありがとうございました。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja