Vmware Fusion 2.0.5にアップデートしたら、不調っぽい

久しぶりにLinuxをさわっています。

MacbookのVMware Fusionでいろいろ試そうとしているのですが・・・。

まずは、VMware Fusion 2が2.0.5になったので、アップデータをインストールしました。

ちょうどそのころから、MacBookを終了しようとしても、画面上端のメニューが消えただけで、ドックや壁紙が表示された状態で止まってしまうことがあったり、VMwareを使っているときには、スクリーンショットのショートカットがきかなくなったり、コマンド+tabキーでのアプリケーションの切り替えができたりできなかったり。

直接関係があるのかどうかはわかりませんが、なにやら調子が悪い感じです。

しかも、Fedora 10のインストールがさくっとできなくて、手間取っています。
簡単にすむと思ってたのになあ。

« 前の記事:

Advanced/W-ZERO3 [es]の電源が勝手に落ちる

» 次の記事:

VMware Fusion 2でFedora 10がインストールできない?

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja