ATOK定額制サービス ATOK for Mac:Snow Leopardに入れてみたかったもの

Snow Leopardのクリーンインストール後に入れてみようと思っていたもの、その1。

9月8日にスタートしたATOK定額制サービス ATOK for Macを入れてみようと思っていました。

「ATOK for Mac」のプログラムと1年分の使用権がパックに!

日本語入力システム「ATOK」を月額300円から利用できる「ATOK定額制サービス」。
Windowsでも、Macでも、「ATOK」を気軽に使ってみませんか?

今まで使っていたのがATOK 2006。

サポート/ Mac OS X 対応:「Mac OS X v10.6 Snow Leopard」での動作状況について

●ATOK 2007 for Mac
●ATOK 2006 for Mac
●ATOK 2005 for Mac OS X
●ATOK17 for Mac OS X
●ATOK16 for Mac OS X

動作保証外となります。

ということで、本家サイトの情報では動くかどうかもわからない状態。すでにLeopardで、CDから素直にインストールできず、アップデータが必要な状態になっているので、この機会にMacは最新にしようと思っていたのでした。

しか~し、選択肢のないまま進んだ上書きインストールのおかげで、アップデート前の状態でATOK 2006を引き継いでしまいました。今のところ、気になることもなく動いています。なので、不具合を感じるまでそのまま旧バージョンで使ってみようと思います。

Mac用のATOKは、WinとMacのセット版が出たときに買おうと思うことがおおいです。こういうやつ。

ATOK 2009 for Mac+Windows
icon

「ATOK 2009 for Mac」と「ATOK 2009 for Windows」のお得なセットです。MacとWindowsの両方をお使いの方におすすめです。<5,000本限定>


単体のATOKを買ってユーザー登録した人なら、AAA優待の割引のおかげで割安だし。

でも、最近はSnow LeopardとWindows 7待ちでタイミング悪いな~と買ってませんでした。次に買うのは、Win版が次に新しくなった後かな。セットが出るのはMac版が出た後かな?

毎回買わなくても、不便しないアプリケーションだから、困らないと急ぐ必要がないんだよなあ・・・。

« 前の記事:

親子でタンデム:松名瀬海岸まで行ってみた

» 次の記事:

SHARP NetWalker PC-Z1にATOK X3 for Linuxは無理か・・・

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja