SHARP NetWalkerとか工人舎 PM(mbook M1の日本語版)とか

けっこう欲しいなと思ってて、実物が見たい!と思っているもの2つ。

ケータイのお供に!シャープのネット端末「NetWalker」の使い道 - デジタル - 日経トレンディネット

小型・軽量と高性能を両立できた理由は、Linuxのディストリビューション「Ubuntu」の搭載。Ubuntuは、元々PC向けのものであったが、 2009年4月の「9.04」からスマートフォンやMID(モバイルインターネットデバイス)などに載っているCPU、ARMに対応。加えてARMの劇的な高速化もあり、小型端末でもパソコン並みの使い勝手が可能になったのだ。さらに、ARMでもパソコンのUbuntuと同じアプリを使えるのが魅力だ。

妙におもしろい記事。可能性に期待する内容になっていて、ある程度の人にはとてもおもしろい機種なんだろうけれど、普通のパソコンと思って買うと苦労するんだろうなという感じで受け取りました。

もう、amazonで予約できるけど、黒が4万円ちょっと、白と赤は4万円を切っているようです。
手頃じゃんと思っている自分がヤバイ(笑)。

SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
シャープ 2009-09-25
売り上げランキング : 869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Windows なら1週間ほど前に発表された工人舎の手のひらサイズ、345gの超小型ミニノート「KOHJINSHA PM シリーズ」。

【PC Watch】 工人舎、ポケットサイズのWindows PC「PM」

 株式会社工人舎は、ワイシャツのポケットに入る超小型PC「PM」を発表した。価格は59,800円。

 量販店店頭でも順次予約を開始し、10月上旬より出荷を開始する。

 韓国UMIDとの技術/業務提携による製品で、同社の「mbook M1」がベースとなっている。M1の欠点とされていた、液晶ヒンジ部分の強度不足と、ACアダプタの大きさという弱点を修正し、日本語キーボードを搭載している。ソフトウェアは、日本語版Windows XP Home EditonとEIOffice2009をプリインストールした。

展示しているところがあるみたいなので、近くにあったらいこうと思ったけれど、三重にはなかった・・・。

« 前の記事:

退職しました

» 次の記事:

新つなぎ放題980円/月のWILLCOM NSスペシャルモデル/SWS026T

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja