「ThinkVantage System Update」でX31のドライバを一発アップデート!

リカバリ中のIBM ThinkPad X31、ドライバの更新は「ThinkPad ソフトウェア導入支援」というツールで一括で管理できるのです。

だけど、今までは必要なドライバだけIBMとかlenovoのサイトからダウンロードしてきて、手動で入れてました。理由はなくて、単にうまいタイミングで思い出せたことがなかったというだけ。

今回は、リカバリ後に無線LANカードのドライバをアップデートするときに、そんなツールがあったはず!と思い出したのです。

だけど、「ThinkPad ソフトウェア導入支援」という名前を覚えてなくて、うろ覚えで検索してたら、今はサービスが終了していて使えないということがわかりました。代わりに新しいツール「ThinkVantage System Update」が提供されているということです。

Vista以前のOS向けのものはこちら。
Lenovo System Update 3.14 - Japan

対応機種:
Lenovo C100, C200, N100, N200, V100, V200 ノートブック
Lenovo 3000 J100, J110 デスクトップ
ThinkCentre すべて
ThinkStation すべて
ThinkPad A30, A30p, A31, A31p
ThinkPad G40, G41, G50
ThinkPad R30, R31, R32, R40, R40e, R50, R50e, R50p, R51, R51e, R52, R60, R60i, R60e, R61, R61e
ThinkPad T23, T30, T40, T40p, T41, T41p, T42, T42p, T43, T43p, T60, T60p, T61, T61p
ThinkPad X22, X23, X24, X30, X31, X32, X40, X41, X41 Tablet, X60, X60s, X60 Tablet, X61, X61s, X61 Tablet, X300
ThinkPad Z60m, Z60s, Z60t, Z61e, Z61m, Z61p, Z61t
ThinkPad R400, R500
ThinkPad SL300, SL400, SL500
ThinkPad T400, T500
ThinkPad W500, W700
ThinkPad X200, X200s, X200 Tablet
ThinkPad X301

Windows 7ならこちら。
Lenovo ThinkVantage System Update - Japan(4.0)

重要な更新はなく、推奨の更新が無線LANのドライバだけで、ほかはオプションの更新として10件ほどだったか。しておいて困ることはなさそうだったので、全部まとめて更新しました。

IBMからlenovoにかわったこともあってか、このサービスが停止した時期もあったようで、継続的に使えるかどうかわからない雰囲気。だけど、こういうメンテナンス性のよさはThinkPadの魅力だと思うので、ぜひ継続してもらいたいものです。

« 前の記事:

ThinkPad X31 リカバリ中

» 次の記事:

VMWare Fusion 3で使ってるWindows 7が勝手にサスペンドする

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja