2010年12月アーカイブ

MacPeople 2010年12月号、レビュープラスより献本していただきました。


Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス 2010-11-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんといっても目を引くのは
(引用はMacPeople 2011年1月号(11月29日発売) - MacPeople Webより)

巻頭特集1 MacBook Air最適化&カスタマイズガイド

 発売以来、人気沸騰のMacBook Airの魅力にトコトン迫ります。その薄さやデザインはもちろん、限られたストレージ領域を有効活用するさまざまなテクニックも紹介していきます。なかなか見ることができない、11/13インチの内部構造も大公開。冬のボーナスでMacBook Airの購入を検討している読者は必見です。

ポート、スロット類の解説や、光学ドライブを持たないAirでのリモートディスクや外付けドライブの紹介、Boot CampでのWindows 7の動作状況など、買おうかどうしようかと思っている人は自分の使い方でもAirが快適に使えるかどうか、判断しやすい記事になっています。

・・・というか、若干マイナスに評価されそうな点がこまめにフォローされているので、やっぱり買っちゃおう♪と思ってしまいそうな内容ですね。

Airの最大の懸念事項ともいえそうなストレージの空き容量にかんしては、LAN内では別マシンでのファイル共有やNAS、インターネットではオンラインストレージの利用やIMAPやGmailを利用してメールをサーバに保存する方法が紹介されています。

ここで外部のサービスに興味をもったところにさらに押してくるのが、

特集1 実感! 有料サービスの価値

 EvernoteやDropbox、SugarSyncなど、無料で使えるウェブサービスが人気を集めています。さらに、月換算すると数百円の出費で有料会員になれば、これらのサービスがさらに使いやすくなります。そこで、人気のウェブサービスの有料会員は具体的にどのようなメリットがあるかを詳しく検証しました。

で、紹介されているMobile Me。さらに別冊付録小冊子2の「MobileMeマスターガイド」でもその機能が解説されているので、どんな風に便利になるのかじっくり読んでみてはいかがでしょうか。

※iPhone を探す機能は、もうMobile Meじゃなくても使えるんですよね?

Mobile Meに限らず、他のクラウドのサービスにもこれは便利!と感じる部分や、Airを購入する検討中に、機能が不足していると感じる部分を補完できると思ったりする点があるかもしれません。

私の場合はGmail、Flickr、DropBoxとWebサービスを利用していますが、バラバラといわれればその通り。WindowsとAndroidも一緒に使っているので仕方ない部分もあるのですが、もしもMacだけ、あるいはMacとiPhoneなら、Macで一元管理できた状態で相性のよいMobile Meが便利そうですね。

また、amazonやcookpadをはじめとするいくつかのwebサービスの有料会員向けサービスの内容や、シェアウェアの機能など、コンパクトな記事でまとめて読めるので、新しく使いたいものが見つかりそうです。

また、自分向けに解説としてわかりやすかったのが、

巻頭特集3 Enjoy! ムービーライフ

 切望されていた日本国内でのムービー配信が始まり、ようやくその存在価値が高まってきたApple TV。実際に映画をレンタルして、その使い勝手をチェックしました。

これまでムービー配信とか特に興味がなかったのですが、簡単な操作で自宅から購入、レンタルできるようになると、急に広まりそうな気がしてきました(Apple TVに限らず、アクトビラとか?)。これからが楽しみですね。

ま、そんなこんなで、今号はMacbook Airがとっても欲しくなる危険な雑誌でした。

落ち着け>自分。
11インチが欲しいなんて、どこでモバイルするっていうの。

そんな感じです。

AMN【Fans:Fans】のプレゼントキャンペーンで当選し、日経BP社「ビジネスEVERNOTE」という本をいただきました。

まずは、私のEvernote歴を。過去のメールを探してみると、EVERNOTEのアカウントを取得したのは2008年の4月。

最近までは、EvernoteをインストールしたWindows Mobileのアドエス(Advanced W-ZERO3[es])でときどきInkNoteで手書きメモする程度。あとは、twitterとこのブログで書いたことのバックアップをかねてログを自動で記録させ続けているぐらい。

手書きメモは、子どもの習い事の付き添いの時に、宿題をメモするときに手帳を忘れていったのがきっかけ。ケータイのテンキーで入力しても問題なかったんだけれど、キーを連打するより手書きで静かにメモできるのがいいなと思ったのです。自宅では書いたメモのページを探さなくても、パソコンをのぞけば確認できるのも、優れもの。忘れ物が多く、ものをよくなくす私には、これだけでずいぶん助かりました(笑)。

たいしたデータの量ではないので、ずっと無料のアカウントだったのですが、先日、Xperiaで使っているAndroidのEvernoteクライアントのアップデートで1年間プレミアム会員がプレゼントされました。

そこで、少しだけ使い方をグレードアップ!きっかけはやはり子どもの習い事。掲示板に張り出されていた案内をカメラで写して(ここまでは今までとおなじ)、こないだから容量増えたし・・・とEvernoteにアップロードしてみたのです。

たまたまなにかの検索をしたときに、その写真が検索結果にあがってきてびっくり!なんなん、これは便利やわ!!いままでやってなかったのがもったいない!

ということで、がぜんEvernoteへの興味が増しているタイミングで当選したのがこの本です。


ビジネスEVERNOTE (日経BPパソコンベストムック)ビジネスEVERNOTE (日経BPパソコンベストムック)
日経BP社編

日経BP社 2010-11-25
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おもしろかったのが特集1「Evernote導入で劇的に成果を上げた!九つの事例」と、3人の方が語る「Evernoteへの三つの視点」。今のEvernoteでどんな活用がされているのか、どんなところに限界があるのか、ざっくり理解できるので、自分ならどんな風に使えば役に立つのか想像できるような気がしてきました。

ポメラやスキャナ、iPhone/iPadなど、Evernoteをより活用するための道具もしっかり紹介されており、ビジネスの場で注目される理由がよくわかります。

また印象的だったのは、「自分は20年後も手書きノートに記録をしている」という東海大学の面谷信教授の記事。何が電子化に向いていて、何が手書きに向いているかを考えることが大切ということ。30年で529札のノートを保管しているという「電子ペーパーの研究」の第一人者の記事は説得力があります。物理的な制約、どんな方法でアクセスするか、自分が書いたものか他人が書いたものか・・・人によってどこにそのラインがあるのかはさまざまでしょうが、具体的な解説が考え方の参考になります。

他に特集2「基本から応用まで 操作Tips 50」という操作方法の解説記事もカラーで画像も多くわかりやすいので、Evernoteについて知りたいと初めて選ぶ1冊としてはおすすめのムックだと思います。


このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja