【読んだ】クチコミページと社長ブログ、売上に貢献しているのはどちら? ~マンガでわかるウェブ分析

リアルアクセス解析の小川卓さんによるウェブ分析の解説書です。マンガありの初心者向けの書籍と言うことで、とても期待していました。



内容はわかりやすく、期待通りというか、自分もデータをみてウェブ分析してみたくなる内容なので、期待以上というべきかもしれません。

Google Analyticsなどのアクセス解析のデータで、ページビューとかユーザー数とかの「アクセスが増えたor減った」以上の、見てるだけではなく実際にサイトに生かせる分析をしたい方はぜひ読んでみてください。アクセス解析ツールのデータの読み方、活用方法がわかりやすく解説されています。

わかりやすさの決め手はやはりマンガ。あるネットショップを舞台に、ウェブの分析をしながらショップの課題を見つけ、どんな施策を考え、実施していくのか、現実味のあるストーリーで説明がすすめらます。マンガだけでなく、ストーリーに沿った解説もしっかりあり、重要な部分もわかりやすくまとめられています。

Google Analyticsなど特定のアクセス解析ツールの操作が詳細に解説されているわけではないので、利用しているツールの操作方法については別に参考書籍が必要になる場合もあるでしょう。しかし、ツールの操作方法をまなぶだけではわからない、データが物語っていることをしっかり受け取る考え方がわかりやすいのはこの本ならでは。こんな切り口で自分のサイトの分析もしてみたい、そして課題を見つけてアクションしていきたいと感じられます。

サイト制作会社などで設置してあげて、お客さんに相談されたり、社内で後任に引き継ぐなどで、教える立場のかたにとても役立つと思います。そうさだけではなく、データの読み方、生かし方のような面は伝えるのがなかなか難しく、実際のデータをもとにどう解釈したかを議論しつつすりあわせていくような感じで、手間をかけて伝えることしかできていなかったのですが、マンガと解説が、具体的なデータと議論の部分をかなり担ってくれるのではないかと思いました。

Google Analyticsの入門書にプラスして、ぜひ読んでほしい書籍です。

« 前の記事:

iPad mini届いた

» 次の記事:

行くかも♪JR西日本「2013春休みドラえもんスタンプラリー」

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja