Linuxの最近のブログ記事

気になってチェックしてしまう。

・液晶はきれい
・キーボードはよくない(ただし許せるか許せないかはその人しだい)
・モバイル機としてはあまり評価がよくなさげ
 たぶんキーボードと、通信関係の仕様のせいかと
・小さいLinux機としては興味津々の人がおおそう

情報源は2チャンネルのモバイルLinuxのあたりとか、この辺とか。

シャープNetWalker (sharp_netwalker) on Twitter
公式アカウント。イベント中のお客さんがどうこうとか、アピールしたいことの紹介など。@sharp_netwalkerの呼びかけへの反応はしないのかなあ。実機の使い心地の紹介についてはちょっと期待はずれ。movatwitterからのがあるのが気になる。
Twitter / Search - netwalker
リアルタイム検索。#netwalkerのほうが、めっちゃ興味のある人とかこれから買った人が増えてきて濃いかも。公式アカウントではハッシュタグ使ってないし、「ネットウォーカー」とカタカナ表記なので、リアルタイム検索で一目で見られなくて残念。もしかして、半角全角の切り替えが面倒とか?
NetWalker PC-Z1触ってみた: CreativeStation::Blog
2chにアップされてた妙に腑に落ちるインタビュー。


今の自分には興味は持てるけど、実用性はないものだな。と、わくわくしていた気持ちがかなり落ち着いたところで、お絵かきの練習に戻ります~~。

もうちょっとやったら、運動会の場所取りに行ってみる。明日の運動会、今日の3時が場所取りの解禁なのです。仕事だから行くつもりなかったけど、仕事やめちゃったからな。行ってきます。

MacのATOKを見てても頭をよぎるのはLinuxのATOK。これですね。

ATOK X3 for Linux AAA優待版
icon

MyShop価格 5,250 円(税込) [税抜 5,000円]
基本ポイント 250pt 
対応OS Linux対応製品ですLinux対応


ubuntuにインストールしたというのを見たことがあった記憶があったので期待していたのですが、どうやら無理みたいです。2ちゃんねるで見たけど、X86用のバイナリしかないらしい。確かにATOK X3 for Linuxの仕様にも「Intel Pentium互換のプロセッサを搭載のPC (32bit/64bit)」と書いてあります。

すなわちOSの問題ではなくて、ハードウェア、CPUの問題ということ。Macのソフトで例えるならば、「Intel MacはOKで、Power PCはだめ」というのが近い雰囲気かな。

ということは、これから先、MIDがどんどん増えてきたら、ジャストシステムも発売してくれるかもしれない。

ちっちゃいLinuxマシン♪と思える人には不要かもしれないけれど、ネット(ブラウザ+メール)&テキスト入力と考えると、私以外にも必須アイテムだと考える人の割合は高いと思うんだよなあ。たとえば、ポメラにネットの機能が欲しい・・・と思っている人は絶対欲しいだろうと思うのです。

しっかり売れて後継機種が出ますように。他社からもいろいろ出てくるかな。

個人的には、タッチ操作よりもキーボード重視したもの、あるいは、外付けキーボード利用を前提に、キーボードなしので普段はタッチ操作みたいな機種を期待してます。

18日(もう今日だ!)には先行販売があるんですね。タッチ&トライイベントもあるとか。おっと、無駄に情報収集してしまいそうだ。

【PC Watch】 ビックカメラ、シャープ製MID「NetWalker」を18日に先行販売 ~タッチ&トライイベントも

株式会社ビックカメラは、シャープ製MID「NetWalker」の先行販売を18日より実施する。価格は44,800円。
(略)
 また、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店では18日と19日、ヤマダ電機 LABI渋谷店では19日と20日にタッチ&トライイベントが開催される。さらにJR品川駅構内7・8番線階段横でも、18日11時~20時にタッチ&トライイベントが開催される。

amazonより4千円,5千円ぐらい高いというのが絶妙。連休をこれで遊べるとなると、ビックカメラで買っちゃいそうだなあ。

SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
シャープ 2009-09-25
売り上げランキング : 869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

けっこう欲しいなと思ってて、実物が見たい!と思っているもの2つ。

ケータイのお供に!シャープのネット端末「NetWalker」の使い道 - デジタル - 日経トレンディネット

小型・軽量と高性能を両立できた理由は、Linuxのディストリビューション「Ubuntu」の搭載。Ubuntuは、元々PC向けのものであったが、 2009年4月の「9.04」からスマートフォンやMID(モバイルインターネットデバイス)などに載っているCPU、ARMに対応。加えてARMの劇的な高速化もあり、小型端末でもパソコン並みの使い勝手が可能になったのだ。さらに、ARMでもパソコンのUbuntuと同じアプリを使えるのが魅力だ。

妙におもしろい記事。可能性に期待する内容になっていて、ある程度の人にはとてもおもしろい機種なんだろうけれど、普通のパソコンと思って買うと苦労するんだろうなという感じで受け取りました。

もう、amazonで予約できるけど、黒が4万円ちょっと、白と赤は4万円を切っているようです。
手頃じゃんと思っている自分がヤバイ(笑)。

SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-Z1-B
シャープ 2009-09-25
売り上げランキング : 869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Windows なら1週間ほど前に発表された工人舎の手のひらサイズ、345gの超小型ミニノート「KOHJINSHA PM シリーズ」。

【PC Watch】 工人舎、ポケットサイズのWindows PC「PM」

 株式会社工人舎は、ワイシャツのポケットに入る超小型PC「PM」を発表した。価格は59,800円。

 量販店店頭でも順次予約を開始し、10月上旬より出荷を開始する。

 韓国UMIDとの技術/業務提携による製品で、同社の「mbook M1」がベースとなっている。M1の欠点とされていた、液晶ヒンジ部分の強度不足と、ACアダプタの大きさという弱点を修正し、日本語キーボードを搭載している。ソフトウェアは、日本語版Windows XP Home EditonとEIOffice2009をプリインストールした。

展示しているところがあるみたいなので、近くにあったらいこうと思ったけれど、三重にはなかった・・・。

小さいものは気になる人なので、こういう端末は当然気になってしまいます・・・。

ひさびさの大ヒットになる予感──と松本副社長:「NetWalker」はPCでなく、もちろんケータイでもない"第3の新モバイルツール" (1/2) - ITmedia +D モバイル

「いよいよクラウドコンピューティングの時代が到来。ケータイユーザーの2台目端末として、大きな市場性を感じている」──。シャープは8月27日、モバイルインターネットデバイス(MID)「NetWalker(PC-Z1)」を発表。登壇したシャープ代表取締役の松本雅史副社長は声高に述べた。

大きく、気になるところがひとつ。
印刷って簡単にできるようになってるのかなあ。できないと不便に思う人は多いような気がするけれど。LINUXのプリンタドライバ入れるとか、きっと、ubuntsuを普通に使える人なら大丈夫なんだろうなと思っていますが、そうじゃない一般の人でも大丈夫なのかどうかは心配なところ。

あとは、自分的には日本語入力はATOK頼みなので、LinuxのATOKが使えて欲しい~~。ATOK X3 for Linuxだとしばらく前にubuntsuに入れたという情報がちらほら見つかるので、そんなあたりでがんばらないといけないかな。

上で紹介した記事では「ひさびさの大ヒットになる予感」とあるけれど、、本当に「好評で新機種続々・・・」という状況になって欲しいものです。実は結構ほしいので・・・。今は、VBAでエクセルとかアクセスのマクロをつくりまくっているので、ちょっと使う場面がないのですが、少したってから本当に買いたいときになくなってませんように。

先に書いたようにやっとのことで、MacBookのVMware Fusion 2にFedora 10がインストールできたわけですが、この後にも難関がありました。

実は、別の実マシンで、ネットワークの設定がうまくいかなかったので、その検証をやってみたかったというのが、今回のインストールのきっかけ。固定IPアドレスでの設定ができなかったのです。簡単に設定できると思っていたのに・・・。

やっとのことでできあがったVMWare Fusionの仮想マシンでも、うまく問題が再現できたと言うべきか、固定IPでの設定ができませんでした。

悩んだあげくわかったことは、
・各設定ファイルを手で編集すれば、設定できる
・GNOMEのGUIのネットワークの管理ツール(システム>管理>ネットワーク)で編集すると、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0には画面上で設定した値とは違う値が書き込まれてしまう(バグ?)
・ネットワークの管理ツールをアップデートすれば、ちゃんと設定できるようになる
ということ。

まだ、びしっと理解できていないので、時系列で体験したことを書き連ねておきます。


MacBookのVMware Fusion 2に、Fedora 10をインストールしようとしているのですが、これがめちゃめちゃ難航しました。

新規マシンで、isoイメージのファイルからインストールするために、「ディスクを使用せずに続行」をクリックします。「オペレーティングシステムのインストールディスクイメージファイルを使用」をクリックし、イメージファイルを選択します。準備ができたら、仮想マシンの起動でインストールの開始!

ここから先が全然スムーズでなくて、途中には「インストールできない」と思ったほどです。

今ちゃんと使えているのが不思議なぐらい、大はまりしました。いまだに、なんでちゃんと使えるのか不思議なほどです。数打ちゃあたる方式のようなのりで、インストールできたような気がする。

ここに、苦しんだこと、羅列しておきます。

久しぶりにLinuxをさわっています。

MacbookのVMware Fusionでいろいろ試そうとしているのですが・・・。

まずは、VMware Fusion 2が2.0.5になったので、アップデータをインストールしました。

ちょうどそのころから、MacBookを終了しようとしても、画面上端のメニューが消えただけで、ドックや壁紙が表示された状態で止まってしまうことがあったり、VMwareを使っているときには、スクリーンショットのショートカットがきかなくなったり、コマンド+tabキーでのアプリケーションの切り替えができたりできなかったり。

直接関係があるのかどうかはわかりませんが、なにやら調子が悪い感じです。

しかも、Fedora 10のインストールがさくっとできなくて、手間取っています。
簡単にすむと思ってたのになあ。

VMWareでGentoo Linux

お仕事先ではGentoo Linuxを使っています。同じような環境を自宅に作りたいと、VMWare 4.5 (Windows)でGentoo Linuxをインストールしていたのですが、インストール後のとりあえずの起動でこけまくり。仮想マシンの設定がデフォルトのままじゃダメだったようです。

Gentoo and VMware 4.5


To get Gentoo working within VMware, you need to insure the drive type is configured as IDE and not SCSI which VMware attempts to do (though scsi may work for some).

ということで、IDEに変更してインストールすると、ちゃんと起動してきました。ほっ。

最初からそうしておけば、インストールドキュメントの読み替えの必要がある場所も少なくて、ケアレスミスも少なくなるし(これでも失敗あり)、もうすこし簡単だったのになあ。Gentoo Linuxのインストールは、時間がかかる作業が多いので、今みたいな1日1コマンドみたいな状態だと、何日も(じつは2週間ほど)無駄にしてしまいました。

次はXです。

こんなメモ、WIKIの方がいろんなコマンドもきれいにまとめやすそうで、はじめたくなってしまうんですが、時間が・・・。というわけで、似合わないのですが、こちらで。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja