Apple・Macの最近のブログ記事

うちのMacBook Pro、13-inch, Mid 2009です。SDカードスロットがあるタイプのもので、重宝していたのですが、いつのころからか、SDカードを挿入しても認識されないことがほとんどになりました。

ハード的にガタがきてるとあきらめていたのですが、別件で見かけたアップルのサポートのページに書いてあった内容で解決。
まさか、こんなことだったとは・・・。

SD および SDXC カードスロットについて

カードをスロットに挿入したのですがマウントされません。どうすればよいのでしょうか?

カードをいったん取り出し、もう一度挿入し直してください。SD カードの差し込み方が遅すぎると正しくマウントされない場合があります。


認識できないときには、丁寧にゆっくり差し込むもんだと思うんですが、だまされたと思って、シュッ!と差し込んでみると、なんとマウント成功!

カードリーダーを使うというだけで、パソコンへの写真の取り込みがおっくうになっていたのですが、これでまたマメに取り込めると思います。よかった〜〜。

メインで使ってるMacBook Pro(13-inch, Mid 2009)のHDDがカツンカツンと音がするようになったので、この機会にSSDに交換しました。

すでに一度、HDDは換装していて、もともといくつだったか忘れたけど、早いうちに500GBのものに交換してました。
最近は外付けHDDやクラウドやらにデータをどんどん出すようにしていってたので、使ってるのは100GBほどに落ち着いていたので、SSDに交換しても問題ないし、いいチャンスかと。

買ったのはこれ。


Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Reseller BOX SSDSC2CW120A3K5

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Reseller BOX SSDSC2CW120A3K5
インテル 2012-02-07
売り上げランキング : 715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


交換作業してしまうと、当然メーカー保証はなくなりますので、この点は覚悟がいりますが、Webで作業工程を紹介している人も多く、作業自体は簡単です。

MacBook Pro の HDD を SSD に換装したら心も Mac も軽やかになったよ - 頭ん中
とか
やさしいMacBookProの育て方 - SSD+HDDで快適生活 | KRAY Inc
とか、写真もたっぷりなので、参考にするとわかりやすいです。

気をつけておいたほうがいいのは、T6のトルクスドライバー。もしかして入手しづらいのかも。うちでも、あると思っていたらサイズ違いで使えず、途中で買いに走るという事件が発生、行ったお店においてなくてダイソーとホームセンター2軒をはしごする羽目になりました。以前、T6を近所のダイソーで買ったんだけど、最近は工具が充実度はあんまりですね。ダイソーはなくても当然として、ホームセンターにないのはちょっと厳しい・・・。

それ以外は順調に作業して、交換からそろそろ1週間です。

ぼちぼちソフトのインストールや設定をしていて、やりたいことはたいていできるようになってきたところ。以前は、Snow Lerpardからのアップデートだったけど、今回はLionをクリーンインストールしたせいか、細々した動きでしょっちゅう戸惑っているけれど、この際、慣れていこうと思います。

いま、一番困ってるのは、command+tabでアプリケーションを切り替えたときの挙動がちょっと違ってること。VMwareにきりかえたときに、前は仮想マシンが前面に来てくれたのに、いまは仮想マシンのライブラリが出てくるのです。設定を探そうかとも思ったけれど、せっかくなので四本指スワイプとか、四本指ピンチをマスターしようとしております。


はずした内蔵のHDDはというと、このケースを買って、外付けに使っています。


玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/WH玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/WH

玄人志向 2012-04-10
売り上げランキング : 8775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうせ怪しいHDD、いつまで使えるかわからないので、お手軽なケースでいいやと思ってこれにしたけれど、写真から想像していたのよりずいぶんチープなプラスチックのケースで、ちょっと笑いました。

SSD交換直後には、optionキー押しながら起動して、元内蔵のこのUSB接続外付けHDDから起動して、Lionのインストールアプリからインストールしてみました。一応、ブートするインストールDVDも作っていたし、リカバリ領域も生きてるんだけど、なんとなくこれが一番早いかな〜〜と思って。

今のところはこのHDDも快調に働いてます。カツンカツン鳴るのは、内蔵していたときよりよく聞こえるので、ドキドキ感倍増です。使い道に迷います(笑)。

icon icon

今日、数日ぶりにVMWare Fusionを起動したところ、新しいバージョンが使えるという表示が出ました。数日前にVMWare Fusion 4
iconが正式にリリースになっていたようです。

MacでWindowsを使う方法はいくつかあるのですが、BootCampは再起動が必要なのでずいぶん前にパス。ほかの方法のうち、Parallels Desktopと比較したときに微妙にVMWare Fusionの方がしっくりきたので、それからずっとこれを使ってます。たぶん、これより前からVMWareを使ってたことがあるからだろうなあ。

グラフィック関係のソフトを使うわけでなし、たまにMS Officeを使うのが重い処理ぐらいで、そんなに負担をかけてないので、たぶんほかのツールでも問題はないのだと思います。

今の使い方なら、Fusion 3でもいいのだけれど、Mac OS X Lionに完全対応としてあげられていることとか、3から比較した4の性能がなかなか魅力的なので、早々に4にするつもりです。

VMware Fusion 4 - Mac/Windows ソフト・iPhone/Android ガジェット&アクセサリ act2.com
icon

プロモーション期間限定価格
VMware Fusion 4 ダウンロード版
4,900円 (税込)
希望小売価格 7,800円 (税込)

プロモーション期間は2011年9月15日(木)〜2012年1月31日(火)まで。

本家VMWareの購入ページ(英語)はこちら。
VMware Japan Online Store - Buy VMware Fusion; Run Windows on a Mac; VMware Mac

本日、4,635 円。 $49.99なんだそうです。
アップグレード版がないのが残念ですが、以前の価格を考えると、すごく安いと思ってしまいます。

たしか、Fusion 3はVMWareの本家サイトからダウンロード版を買ったんじゃなかったっけ。そのときはact2から買うのと2000円〜3000円ほど違ったような。今回はそれと比べるとずいぶん差がないので、日本語のact2のサイトから買ってみようかと。

もしものことがあって、Windows が使えない状況になってしまうとまずいので、インストールは数日後にする予定ですが、もう、買っちゃうよ♪

WindowsのOSは新しくするのを悩むけれど、Macはついついひとばしら〜〜になっております。

昨日はLionの日。タイミングよくtwitterで「いよいよLionが放たれた!」というのを見かけてポチッとな。2時間かかると表示されたダウンロードも寝ている間に順調に完了したようで、今朝からぼちぼちインストールしました。人柱を自称するには遅いですね(笑)。

Finderの見た目とか、ちょっとした動きとか、微妙に派手になってる気がしますが、とにかく目立つ変化は2本指のスクロールの向きがいきなり逆になること。iPhone、iPadと同じように動くようになるというのは事前の情報で知ってはいましたが、なかなかの衝撃です。

この設定だけはインストール初日ですが、従来型に戻すことにしました。それらしいところをのぞいたら、すぐに変更できました。

アップルメニューから「システム環境設定」をクリック。さらに「トラックパッド」をクリックして「スクロールとズーム」にある「スクロールの方向:ナチュラル」のチェックを外します。これでOK。


これまでもAdobe Readerがグラブでこの向きにスクロールしたと思いますが、これまでのパソコンのパッドを使ってきた人にとっては手で動かすメタファーなしにこの向きは難しいんじゃないかな...ってことが気になるけれど、特に問題ないですよ。すぐ慣れると思います。

私が気になるのは、これで慣れると他のPCを使うときに戸惑うだろうなってこと。

MacとWindowsで違うっていうのなら対応できたと思うんです。でも、今のMacBook ProにはVMWare FusionでWindowsも入っています。これも、逆向きスクロールで動きます。ここだけなら慣れればいいんだけど(実際すぐ慣れた)、普通のWindowsノートを使ったとき、絶対にスムーズに使えなくなるよ?

MacとWindows、タッチパネルの端末とパソコンの間に大きな違いがあるのは、きっちり切り替えて対応できてました。でも、ノート型のWindowsの間でスクロールの向きが違うというのはとってもキツイ(自分的には)。

Appleさんは、今回の動作を「ナチュラル」と呼んでいます。タッチパネルだとナチュラルだと思うけれど、パッドでこれはナチュラルなの?と感じる私は「タッチパネル」と「ディスプレイとは物理的に別のパッド」の間に、その区別の線を引くことにしました。

デフォルトと逆の設定って、妙に悔しいんだけどなあ。どちらが今後のイライラが少ないかと考えると、今回の選択になりました。

ところで、軽度の人柱の私、OSのインストールで今まで一番失敗したのはPantherの時で、こんな結果に。

Panther、インストールできる?
Panther、返品交換へ

一番よかったのはSnow Leopardだなあ。ちょっとした変化がたくさんあって、すごく快適になりました。

らいおんさんとは仲良くなれるでしょうか。

休養中のスティーブ・ジョブズがプレゼンしたということでもニュースになっている新型iPad。

カメラがついて薄くてさらに美しく高性能。これまでのiPadでも、どんな風に使っていくかがイメージできる人が増えてきているだろうから、これは売れるだろうなあ。

新型、初代の比較はこちらが一目瞭然。

iPad 2 vs. 初代 iPad 仕様比較チャート、変更点まとめ:engadget

スペシャルイベントで発表された iPad 2 と、初代 iPad の仕様比較チャートをお届けします。主な変更点はプロセッサが高速になったこと (1GHz デュアルCPUコア、グラフィックも「最大9倍」高速)、前後にカメラがついたこと、また従来より33%薄い8.8mm厚になり、重量もWi-Fiモデルで約80g・3Gモデルで100gほど軽くなったこと。さらに三軸ジャイロを内蔵したことなど細かなハードウェアの変更があるほか、全体を覆わないスマートカバーなど一部のアクセサリは iPad 2専用です。詳細な比較まとめは続きのチャートをどうぞ。

薄くなったとか、早くなったとか、そして、これが何とも魅力的。

高機能すぎる!進化したiMovie for iPad 2でできること : ギズモード・ジャパン

iPad 2からデュアルコアA5チップ搭載、おかげでビデオ編集のためのパワーが大幅にアップ、マルチトラックでオーディオ録音ができて、AirPlayで作成した動画をApple TVから再生できて、HD動画としても保存できるようになっちゃいました。

太字は私がしました。そろそろホントにパソコンじゃなくていいんじゃない?って思っちゃいます。そして、日本での発売日は3/25、ソフトバンクから。

新型「iPad」はカメラ搭載、薄くて軽く アップル発表 :日本経済新聞

iPad2は米国で11日に発売、日本など26カ国では25日に発売となる。米国での価格は現行機の当初価格と同じ499ドル(約4万800円)からで、通信会社はAT&Tとベライゾン・ワイヤレスの2社が取り扱う。日本ではソフトバンク・モバイルが取り扱う見通しだが、価格など詳細は未定。

iPhoneだと携帯電話なので、自分の生活圏的に圏外になるエリアがあるのが気になって、結局購入できずなんだけど、iPadならソフトバンクでも全然問題ないような気がしてる。

MacPeople 2010年12月号、レビュープラスより献本していただきました。


Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]
Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス 2010-10-29
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


巻頭特集1はAppleの新しい製品について。来夏のMac OS X Lion、すでに発売されているMacBook AirとiLife '11。

今回の発表後は詳しくチェックしていなかったので、概要を知るのにすごく役立ちました。Mac の OS は新しくすると、いつも便利になるのが体感できる(前のバージョンのOSに戻りたいとは思えない)ので、マシンスペックに問題がなかったら買っています。Lionも出たら買うとは思うのですが、タッチパネルでの操作感に優れるUIっぽいところが、マシン自体を買い換えたくなる魅力にあふれていてちょっと危険かも(笑)。

Airの記事は11インチモデルが発表された今回、自分が思ってた評価に近い記事なので、ポチを迷っている背中を押してくれている感じ。でも、買わないよっ。

iLife '11は、iPhotoとiMovieがよさそうですね。これはいつ買おうか・・・というところです。GarageBandのレッスン機能がすごくおもしろそう。どれだけ正確に演奏できたか、パーセンテージで評価してくれるとか。

Lionだけ買うなら、iLifeはいつ買ってもいいんだけど、Lionにあわせて新しいMacを買うなら今すぐiLife単体で買うこともないし・・・。これは迷います。

巻頭特集2「MacPeople15年の奇跡」は懐かしい内容がいっぱい。今は手放してしまったG4Cubeの写真も。振り返ってみると、私がMacをバリバリ使っていた第一期(大学の研究室で使わされていた頃)はちょうど創刊のころだったようです。

おすすめしたいのは「バックアップ・トゥ・ザ・フューチャー」と名付けられたTime Machineの特集。とりあえず83ページだけ見れば、バックアップが簡単にできるようになります。他のページはあとからゆっくり読めばOK!

82ページや90ページに書いてあるけれど、今はAirMac ExtremeにUSBのHDDを接続すれば、簡単に無線でTime Machineができるんですね(Time Capsuleじゃなくてもいいんだ。知らなかった・・・)。うちではWindows機も使う関係で、ちょいと頑張って、無線ルータ&NASでデータの共有とかTime Machineがワイヤレスでできる環境にしています([LinkStation LS-CH1.0TL] Time Machineを設定してみる)。無線でできるようになると、外付けHDDにつないだり外したりしなくても、無意識のうちにバックアップができているような感じになるので、持ち運びするMacBookの方には熱烈におすすめしたいです。

最近のパソコンは内蔵のHDDの容量が大きくなって、外付けのHDDなんて持ってない人も多い印象もあります。でもそれは、一発で大事なデータがごっそりダメになる危険性があるってこと。最近はずいぶん安くなったUSBの大容量HDDをひとつ用意して、Macならではの簡単なバックアップ環境を構築するのをおすすめします。Macを買い換えたときに、設定を引き継がせるのが簡単なのもよいのです。


そして、毎号楽しみにしているのが、MacPeople Basic。今号はiTunes 10でした。音楽データはそれなりにため込んでいるけれど、プレイリストを作ってしまえば(しかもその内容はアーティスト別アルバム順全曲ばかりで、一度作ってしまえばメンテナンスしないものばかり)。たまに初代iPod shuffleと同期する以外にはあんまり使わないなあ・・・と思いながら別冊をぱらぱらめくっていると、プレイリストがフォルダで管理できることを発見!いつからですか?かなり遅れてるような気がしますが、これを知ってとっても感激しています。

自分なりに使い方が定番化していて、新しいことを知る必要があまりないのですが、こうやってMacの記事をちゃんと読むと、いつも新しい発見があって、いつもなにか前進しています。やっぱり、ちゃんと新しい情報をしるってだいじだなあ。

今年もそんな時期ですね。Appleからイベントの公式発表があったようで、昨日は新型iPod touchやiTunesのクラウド化の発表への期待などのニュース記事が多くありました。

Apple次のイベントは来週9月1日に! 音楽関連イベントになる? : ギズモード・ジャパン

・新iPod TouchはFaceTimeができる?
・ついにiTunesがクラウド化?
・1.7インチタッチスクリーンのiPod Shuffle?
・ついにApple TVが99ドル(約8300円)?
・Apple TV経由でテレビ番組が99セント(約83円)?

Appleが9月1日にイベント開催 新iPod発表か - ITmedia News

アップル、9月1日に新製品を発表予定----新型iPod touchとのうわさも : Appleウォッチ - Computerworld.jp


で、うちはどうなんだというと。

Xperiaにナビとか地図とかさせつつ、音楽プレーヤにも使うっていうのは、うちの車の中ではコードの取り回し的に厳しいので、何かプラスしたいっていうのは事実。

といっても、手持ちのもので間に合ってるから、ここはがまんのタイミングだと思うけれど、即ポチしてたら笑ってください。

車の中のスペース的にはnanoとかshuffleが現実的なんだよなあ。

本物?がリークされ、iPhone HDなどと噂されていた新型iPhoneが、期待通りWorldwide Developers Conference(WWDC)での発表されたんですね。

大きさが数ミリ小さいそうなので、実物はかなり小さく感じるはず。1ミリをなめちゃいけないよ(笑)。

いまのところ、目立った変更点はそれだけかなあ(私にとっては)。あ、いやいやいままでないのが不思議だったマルチタスクですね!←最重要かも。

iPhone 3Gの人は買い換えて当然として、3GSの人ならどうなんでしょう?OSのアップデートもできるようだし、買いかどうかの要素は、HDカメラとか、Retinaディスプレイの美しさとかになるんでしょうか。もちろん人によってはかなり魅力できなポイントだと思うけれど、自分にとってはもっと心惹かれる要素が欲しいなあ。インカメラの有無が重要な人もいるのかな。

ハードウェア的にはわくわく感が少ないので(3G→3GSの違いのほうがすごくよかった)、これからの詳しい解説記事を楽しみにしてみます。

日本での発売日は6月24日とか。

うわさのAppleのタブレット型端末、なんとiPadという名前でした。どこかで商標登録されているとかでしたけど、うまく話がついたのか、あとから話をつけるのか。

アップル、タブレット端末iPadを発表。499ドルから

さて、お値段と発売日です。WiFiのみモデルと3G+WiFiモデルを比較すると当然ながら前者のほうが安く、16GB版499ドル、32GB版599 ドル、64GB版699ドルと100ドル刻みの設定になっています。一方の3G+WiFiモデルは16GB版629ドル、32GB版729ドル、64GB 版829ドルと、こちらも100ドル刻み。WiFI版は60日以内に全世界で発売予定。3月末までには日本でも手に入るでしょうか。3G+WiFiモデルは90日以内。こちらは日本でどういう扱いになるのか注目したいところです。

買うほど欲しいわけではないけれど、かなり欲しかったりする。かつては本は紙、電子ブックはないな、と思っていたけれど、いつの間にか、こんなツールがあって便利に使ってる自分が想像できるようになってる。iPhoneやスマートフォンは偉大だ。

常用するには大きすぎると思うので、普段使いはiPhoneだと思う。

私の中では、見事にスマートフォンとノートパソコンの狭間を埋めたシーンが想像できてます。

今は車に置きっぱなしにできるような経済力と、画面見てても酔わない三半規管が欲しいな。本読んで、地図見て、動画見て、ゲームして。たまには、出先のカフェとかホテルとかに持ち込んで、折りたたみのbluetoothのキーボード(純正じゃなくても使えるのかどうかは知らない)。

平凡なイメージでこれだから、ぐっとくる使い方、出てくるんだろうな。

今回、マルチタスクの発表はなかったのかな。次の新型iPhoneのときのお楽しみなのかもしれません。

タブレット型の端末の発表が期待されている1月27日のアップルのイベント、メディアへの招待状が届き始めたということで、その内容を報じる記事が増えてきています。

アップル、1月27日に新製品イベントを開催。 "latest creation"を発表:Engadget

latest "creation"というからには単なるモデルチェンジではない新カテゴリの製品、つまりはうわさされて久しいタブレット / スレートがついに姿を現すことに期待できそうです。

とはいうものの

アップル、latest creationイベントはiLife・タブレット・iPhone OS 4.0を発表?

" Come see our latest creation." と書かれた招待状が届く前に聞いたとされる話では、27日のイベントで取りあげられるのはタブレット、iPhone 4、そして iLifeの新バージョンについて。タブレットの具体的な詳細については触れていないものの、「iPhone 4」は電話の新ハードウェアを公開するのではなく、かつての iPhone OS 3.0イベントと同様にまず新 OSの機能を発表する「だろう」としています。

と、タブレット型端末の発表を否定するようなリーク情報も存在するようです。

いつものとおりといえばそうなんだけど、この記事のしめの一文がとても楽しい。「各所からの推測・憶測・自称リークであと1週間は楽しめます。」

現実的なところで、iLifeが楽しみ。今は動画の管理がしっくりきてないので、そのあたり、あっさり解決してくれるのを期待してます。

このサイトについて

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja