kintoneヘルプの私的ブックマーク

kintoneのヘルプで、試験勉強中に見つけた便利なページをまとめました。

アソシエイト、アプリデザインスペシャリストの認定試験対策で、ヘルプを読んでいて出会ったページですが、試験対策だけではなく、日ごろからよく参照したいページがあると思います。

フィールドの データの型について

kintoneで利用できるフィールド一覧 - kintone ヘルプ
当然、まずはここ。フィールドのグループ分けがなんとなく納得できるようになると、アプリを作るときにどのフィールドを使うかや、計算式での処理に、迷いが少なくなる。
(ラジオボタンが表にありませんが、選択肢の仲間にいる認識です)→2020/3/5修正済みとのこと。ラジオボタンも選択肢の仲間です。

フィールドの入力制限 - kintone ヘルプ
各フィールドに入れるデータの記載形式はこちらで確認。一番下に書いてある「そのほかのフィールドには、文字数や入力値の制限はありません。」の一言のおかげで、試験問題の引っかけの文面に動揺しなくなる。

フィールドの種類ごとの記載形式 - kintone ヘルプ
ファイルからの一括登録の時の注意点がまとまっている。データの記載形式のより具体的な例がわかる。

計算式で参照できるフィールド - kintone ヘルプ
計算式での使用可否で、なんとなく性格がわかる。

演算子と関数の一覧 - kintone ヘルプ
ここも。時間の計算は必読。

ファイルからアプリを作る際のフィールドタイプの判定基準 - kintone ヘルプ
フィールドのタイプは、読み込んだファイルの先頭100行のセルの値をもとに自動選択される。ページ内の「初期値のフィールドタイプ」「選択できるフィールドタイプ」「選択できないフィールドタイプ」を読み、次の入出力できるフィールドをあわせて読むと、なにかすごくわかったような気になれる。

入出力できるデータの一覧 - kintone ヘルプ
「各機能のデータの入出力」では、kintoneの設定にあたって、ファイルで入出力できるものが一目で把握できる。「アプリのデータの入出力」では、計算式やレコード情報のフィールド、添付ファイルが操作できないことが、一目で明確にわかるのが理解に役立つ。(ラベルがあって罫線やグループがないのは、入力データのあるなしで区別されているのかな?)
「フィールド以外の情報の入出力」で、レコードに紐付くデータで、フィールドではないデータがあることがわかる。

「ソート」で選択できるフィールドを教えてください - kintone ヘルプ
ソートには、1つのフィールドに複数のデータ(行)が入れられるフィールドはだめなんだな〜というイメージがつかめる。

アプリアクションに設定できるフィールドの組み合わせ - kintone ヘルプ
アプリアクションでコピー元とコピー先に設定できるフィールドの組み合わせの一覧。フィールドのデータの型がなんとなくわかったような気になれる。

制限値について

制限値一覧 - kintone ヘルプ
丸暗記が苦手なかたは、テスト対策として受験直前に眺めておくと効果的。把握しておくと普段から上限がわかって、業務のフローをkintone化するときに、はまりがちな制約を事前に避けられるようになる。

検索対象のファイル形式 - kintone ヘルプ
添付フィールドで扱えるファイルがずらりと。念のため、扱いそうなファイル形式があることと、「補足」に該当しないか理解しておく。テスト対策として重要なのはファイルサイズ上限50MBと全文検索は先頭1MB。

スペースについて

ユーザーがスペースでできる操作 - kintone ヘルプ
スペース、ゲストスペースで、スペースの管理者、ほかの参加者、ゲストユーザーができることが一覧化されている。

通知について

メール通知の件名 - kintone ヘルプ
通知条件により、メール通知の件名が固定の場合と、自由入力の場合が把握しやすい。

通知が送信されるタイミングと宛先 - kintone ヘルプ
通知が自分宛なのかどうかが一覧化されている。
(そういえば、1行目の「アプリの条件通知」の条件を満たしたとき通常の通知を受信するユーザー「自分宛」の通知を受信するユーザーが理解できなくて、全部をちゃんと読むのを後回しにしていたので、改めて考えてみないと…)

cybozu.com管理者について

管理者の種類 - cybozu.com ヘルプ
cybozu.comの管理者について。kintoneの知識に偏りがちなところ、cybozu.comの管理者でないとできないことの把握に役立つ。

監査ログの一覧 - kintone ヘルプ
何が記録されているのか、せめて眺めるだけでも。
(トラブルシューティングについての勉強はしづらいですね)

制限事項 | サイボウズ製品サイト cybozu.com
ブラウザごとの細かい動作は覚える必要はないけれど、読むと「へぇ」と思うことが書いてある。制限値の復習にも。
(「文字列(1行)フィールドの値、またはリンクフィールドの値が等しいことを条件にレコードを絞り込む場合、先頭の64文字だけが比較されます。」ってkintoneのヘルプにありましたっけ?)

所属組織が異なるユーザーのプロフィールと組織の閲覧を制限する - kintone ヘルプ
組織間のアクセス権の設定をすると制限されること。

その他

グラフの種類と使い分け - kintone ヘルプ
グラフの種類と用途がざっと眺められるので便利。
(個人的には、やりたい集計が特殊でkintoneの計算式では処理できないものばかりだったことと、グラフに散布図がないため、表もグラフもダウンロードしたデータのExcelでの処理が多く、あまり使っていなかったので、用途を把握するのに助かりました)

ディスク使用量を減らすにはどうすればいいですか? - kintone ヘルプ
レコードを消しても容量が増えないことがわかる。しらないと、がんばってレコードを消しても「空き容量が増えない!」とパニックになりそう。また、添付ファイルを消したつもりでも、変更履歴に残っている分があるのもしっておかないと困るかも。

kintone(キントーン)- 資料ダウンロード | サイボウズの業務改善プラットフォーム
ヘルプ内ではないけれど、PDFの参考資料がダウンロードできるページ。「便利に使おうガイドブック」がまとまっているのが便利。

ショートカットキーの一覧を表示する - kintone ヘルプ
少しでもサクサク入力したいと考えているユーザーがいるときに紹介してあげたい。

kintone認定 アプリデザインスペシャリスト受験の記録

2/17、kintone認定 アプリデザインスペシャリストを受験してきました。

kintone認定 アプリデザインスペシャリストとは

公式のページはこちら。
cybozu.co.jp

受験のきっかけ

kintone認定 アソシエイトの試験に合格した時点で、試験範囲の中で理解が不足している分野が明確になっており、もう少し勉強したいと感じていたことがひとつ。また、アソシエイトの受験前でしたが、「アソシエイト合格から1週間での受験をおすすめ」というような記述を見かけたのと、1/10のkintone café 三重に参加したときの雑談で、kintone芸人のお一人コムデック佐田さんが「アソシエイトの時がいちばん勉強した」と話していたのが重なって印象に残っていたこと。

記憶力の低下が顕著に感じられる今日この頃、アプリデザインスペシャリストを受験するには今しかないかも…という感じでした。

受験後に改めて探した「アソシエイトから1週間」の記事はこちらでした。受験し終わってから読むと、納得することばかり。初見の時に、なぜさらっと読んでしまったのだろうと後悔します。受験対策の方は、私の記事より、ぜひこちらを熟読してください(そしてたらいまわし)。
peaks-k.com

試験対策

ヒントは、公式サイトの例題5問。例2は、悩みますが、ほかの4問はkintoneの機能がわかっていれば迷うことはなさそうです。問題文を読んだ時点で、「kintoneでこのように操作したらできるorここができない」が判断できれば、合格する程度には正解を選べるのでは、と。(迷う問題は、解説なしでは無理だけど、不合格になるほど出てこないであろう)

業務改善NOTEや、事例紹介のネット記事を「ここはkintone標準だと実現できないけれど、この方法(運用やカスタマイズや別システム使用)で解決する(した)のか。なるほど。」と読めるように、太字部分を具体的に想像できるようにするために標準のkintoneの機能についてすみずみまで知ることが対策になると思います。

が、本当にそれでよいのかどうかはわからず。アソシエイトの時に不足していたなと感じた部分をやり直した時点で、目標が不明確なまま暗記する気力が続かなくなりました。そもそも試験対策としても方向性が違うかもしれないし、今後の勉強方法を定めるために、とりあえず一度うけてみようかと。

受験結果

ぎりぎりと思われる正解率での合格でした。精度はともあれ、方向性はあっていたようです。

操作画面までの遷移するための操作方法や、ボタンの名前をきちんと覚えていれば迷わないような問題を数問落とした実感あり。また、例2のような問題は、自分としては迷ったものもあり、自分は迷わなかったけど不正解のものもあり、という状態なんだろうなと思います。

こんな問題もあるのか!と思ったのは、管理者としてのトラブルシューティング。実際に使っていてもまったく経験がないし、事例もあまり見かけないので、この分野は勉強は難しいですよね。

受験を終えて

アソシエイトの時にも感じましたが、「こんなんkintoneでできたら便利やな」と思う機能が選択肢に出てくるのが面白いですね。「ないやろ!」とつっこみ入れつつ正確に回答できればよいですが、「知らんだけであるんかも…」と思わされる問題は、誤答している気がします。設問を作る方も「ありそうなのにない機能」を考えながら作っていると思うと、なんだか笑えます。

公式のページに書かれているとおり、まさに「業務改善が必要とされる実践的なシナリオに対してkintone機能を適切に選択し構築できるスキル」をはかる試験になっていると思います。

業務改善のスキルを問われているわけではありません。シナリオは問題文で提示され、それに対してkintoneの機能で実装できるのかできないのかを回答する形式です。kintoneの機能をしっかり理解していればOKです。ただし、回答に必要となるkintoneの知識は細かいので、あまり使っていない機能については、特にしっかりと理解する必要があります。

問題文は「業務改善が必要とされる実践的なシナリオ」が単純化されていて、kintoneでどう実装するかを考えやすい例になっています。アプリデザインスペシャリストの試験対策用のテキストが出れば、業務改善NOTEより取り組みやすいケーススタディの資料として活用でき、今使っているkintoneがもっと便利になるひとが増えるのではないでしょうか。受験するかどうかは別として、実践的な勉強の材料として、気軽に使えるようになるとよいと思います。

田辺メモ:2020年2月19日現在

電話で様子伺い。

父が出た

父が電話に出てくれた。普段は母が出るのだけれど、ちょうどお風呂に入っていたので、車椅子で電話のところまできてくれたとのこと。
ここ数年、こんな移動も難しくて、最初に電話に出てくれることがなかったので、ちょっと感動。しばらくそのまま話す。主にデイサービスの話。職員さんとの会話の話が何周か。自宅にいると、テレビを見ているばかりなので、本当に楽しく過ごせているのかも。ありがたいことです。

母からの折り返し

しばらくして、母から折り返しあり。私から電話があったことを、父が忘れず伝えてくれたことがうれしい。母から最近の生活の様子を聞く。特に困っていることはないとのこと。とはいえ、母は、苦労していることもそのままそんなもんだとやりきってしまうので、実際に見にいかないことにはわからない。

父の病院の件

整形外科の診察あり。足腰については言及なし。膝につけている装具のことを聞きたかったはずなのに聞いていないらしい。手の動きが悪いことについては、次回の診察は1か月後。また、そのときに聞きましょう。

母の病院の件

母の2か月に1回の通院も問題なし。この通院、これまで毎回15時の予約だったのだけれど、たまに時間がかかることがあって、父のデイサービスの帰宅の時間よりも遅くなりそうなことがあったので、次回からもっと早い時間に変えてもらうように先生と相談するように伝えてあったところ、次回からは13時になったとのこと。よかった。どうも予約の時間を変えるのがイヤみたいで、ほかのスケジュールとの調整で、私が予約変更を提案すると話がこじれる原因なので、こういうタイミングで変えておけると安心。

血糖値測定

大体、成功しているらしい。

新たなリクエスト

父が机の前にいるときに、今は車椅子なんだけれど、スペースの都合上、干渉するところがあって、それが気になるらしい。最近は、父の動きがよくなってきたので、机の前では椅子に乗り換えるようにしたいとのこと。母はキャスターがついていて肘掛けがあるものがいいと思っているみたい。私は、父が移乗のときについつかんで力をかけるので、キャスター付きには反対。肘掛けも反対。訪問リハビリの先生に「娘が反対しているけど大丈夫ですよね?」って相談してからにしてと伝える。で、私が次回行ったときに相談することになった。

あのスペース、背もたれがゆったりしているような椅子だと回れないと思うから、こんなかんじかな。肘掛けがこれくらいなら、座るときに先に机に手をつこうとして、椅子には手をつこうとしないかも。次回、ちゃんと計らないと。



私の誕生日にいつも電話をくれるのだけれど、今年はかかってこなかった。この日の電話でもその話題が出なかった。2人の生活でいっぱいいっぱいなんだろうね。

買いました:湯温計(足湯用の温度計)

湯温計を買いました。

買ったわけ

赤ちゃんの沐浴用にも手で済ませてしまったのに、なぜ今さら湯温計かというと、母のリクエストです。

父に足浴をさせたいときに使いたいそう。手で大丈夫と思っても、慣れるまでちょっと熱いとうるさいらしく、うるさがらない温度まで下げると実際にはぬるくて温まらない。ヘルパーさんにも熱いの温かくないのうるさいらしいので、温度計で「熱くないよ。熱いと思ってもすぐ慣れるよ。ほら適温だよ」と納得させたいみたい。

母が自分でコメリでみてきたけど、1000円を超えるような、思っているより立派なのしか置いてない。百均で簡単なものは置いてないだろうか・・・とのこと。

100均での探索結果

ずばりデジタル表示がわかりやすいかなとか、電池交換が面倒なので、デジタルじゃない温度計のほうがいいかなとか、母の視力でも目盛りがみやすいものがあるかとか考えながら、近くのダイソーとセリアを巡ってきましたが、本日時点ではお風呂用はなし。料理用はあったけれど、200℃程度まで計れるので、40℃前後だけみたい場合には、目盛りが細かすぎます。デジタルのものはダイソーで400円。400円なら1000円くらいでメーカー製のものを買いたいなとか思って、買わずに帰ってきました。

買ったもの

Amazonで探してみたところ、思ってるような温度計は、やはり赤ちゃんの沐浴用や入浴用として説明があるものがいろいろありました。おもちゃ的な雰囲気のかわいいものも多いなか、できるだけシンプルなものを選択。

「あつい」「ぬるい」と書いてあるものは、温度計の目盛りがずれているとか誤差があるときに、「温度計が『あつい』になってる」などと嫌がられると困るので、温度だけ書いてあるのがよいと思ったのですが、そこまで都合がよいものには出会わず、こちらの「なつ」「ふゆ」と適温の表示があるものにしました。


見た中ではこの温度計だけが「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で足湯バケツが出てるのが、ちょっと面白くて。同じような考え方でえらんでいるのかな。



実家到着は明後日。期待通りにことは運ぶでしょうか。

田辺メモ:1月23日現在

簡単に現状をメモ。

1/20(月)
父の部屋の段差解消工事、午前中に完了。10cmほど低かった
机がそのままなので、車椅子と座面の調整をどうするか。車椅子が来てから考える。

明日からは、朝から夕方までのデイサービスが週3日、残りの4日は夕方にヘルパーさんに来てもらって身体の清拭やトイレの手伝いをしてもらいつつコツを教えてもらう、またデイサービスない日のうち2日は訪問リハビリで自宅での生活に必要な動きのリハビリするようなスケジュール。

1/21(火)
父退院。自宅内での車椅子生活のスタート。車輪でこがずに、周囲の柱とか棚とかをつかんで移動しているけれど、その方が腹筋や背筋に効きそうなので、黙っとく。狭いところでの車椅子の操作は意外にうまい。
早速、自分の部屋に行き、机の前へ。車椅子の介護者用のハンドルが後ろの壁へ、前のブレーキのハンドルが机の引き出しの下に当たり、机の方向に向けないことが判明。今後、相談。
週三日お世話になるデイサービスの担当者が契約と下見。担当者さんのお父様が、父と同じ職場だったとのことで、親近感がわいた模様。

膝の靱帯が切れているとのことで、装具があるんだけれど、つけっぱなしだと血の巡りが悪いのが心配とかで、母が外しがち。なくても立てるところを病院でみたとのことで、トイレくらいなら大丈夫だのなんだかんだつけるのを嫌がる。母には「装具なしで負担がかかったとき残っている靱帯が切れるかもしれん。勝手に判断しないで先生に相談して。」と。何でも、勝手に判断しないで、プロに相談してって言いまくってる。

病院でのトレーニング結果をもとに自宅内でのベッドとポータブルトイレの配置が決まっていたけれど、父が北枕が絶対いやだと言って反対に寝ている。ベッドが上半身のみ起き上がるタイプなのでそれが使えないけれど、今の体力なら不要なので、それもよいと思ったけれど、母は退院時の指導に従いたい感じで、これもこじれるポイント。これも「父がこうしてしまう、と先生に相談しよう」ということで、父が寝たいように寝かせる。

1/23(水)
毎朝、血糖値を計る。母が手間取っていて、1時間ほどかかってあきらめた。着替えに時間がかかったことと、あと測定器に付属品の針がないらしい。
低血糖の心配がある場合は、ブドウ糖をとらないといけないとのこと。明日からは、着替えより先に測定して、低い値ならパジャマのままブドウ糖、異常がなければのんびり着替えをすればいいんじゃない?ということに。のちほど、病院で確認したら、針はもう一度出してもらえました。

このあたりから、今まで通り過ごさせてあげたい母と、割り切ってやり方を変えないと回っていかないと思っている私の戦いが始まります(単なる口げんかです)。

父の部屋のバリアフリーになった床が滑るので、コメリでフロアクッションシートというのを買ってきて、床のサイズに合わせて貼り付け。滑り解消。

ヘルパーさん初回。ベテランさんと新人さんの2名。次回から新人さん1名っぽい。バケツを置くポジションとか、身体を拭く前のもろもろのセッティングとか、手慣れていてスムーズ。明るく接してくれるし、話しやすくて、気分転換にもいいと思う。母はバケツのお湯を捨てにいくとか、なにかをとり肉とかいろいろ手伝おうとしてしまうので、私が「場所を教えてあげて」と口出し。ヘルパーさんだけで完結するようにしていって、この時間帯には買い物に行ったり自分じゃないとできない用事をすませてほしい。

夜にはベッドに横になる向きで一悶着。ものを配置の都合で、足をちょっと大きく上げて乗り越えないといけないところがあり、そこの負担は心配。父はつかれて、機嫌が悪いし、母は先生の指導の通りじゃないから機嫌が悪いし、私もどっちもいうこときかんからイライラしているしで、
父:そんなに追い出したかったら、追い出したらええんや!
私:追い出したかったら、ああせえこうせえ言わんわ!

こんなん、ずっと続きそうですね…

1/24(木)
揉めながらも、血糖値測定成功。
デイサービス(朝から夕方まで)の出発時間までに準備を完了するために、大わらわ。でも、見事に完了して、無事出発。

父の留守中には、湯沸かし器のないわが家でヘルパーさんに使ってもらうお湯を用意するのに大きなやかんやら、食卓に向かうところの小さめの段差を解消するために板やらシートやらの買い物に連れ出す。

お昼は叔母が外食に連れ出してくれた。今後もちょいちょいそうしてくれるみたい。父の糖尿病食に付き合ってたら、母が痩せこけてしまいそうで。

午後は、段差解消にシート敷き。母は結構寝てました。デイサービスの日はこうやって体力とかリカバリできるとよいな。

父が帰ってきたら、またバタバタスタート。

これをする前にあれをしておけばというのが見えてきたので、事前に「ご飯って言われたから、さきこれやっとこか」「向こうへ行く前にこれしてからいこか」と声をかける。その辺をまとめて、毎朝のスケジュールを決めて、父と母に渡す。母はなんだか不満げ…。実際に手を動かすのは自分なのに、見てる人になんだかんだ言われても納得いかんやろな。

1/25(金)
血糖値測定失敗。この日は、脳神経外科の診察があるので、比較的早くにあきらめて、次の作業にうつってた。
どのぐらい慣れればうまくいくのか。計れないときにどうしたらいいのか、内科の診察の時に相談することとして伝えておく。

脳神経外科では、前回MRIでうつらなかった脳の血管があるので、念のためと予約になっていた、より高性能なMRIでの撮影。特に異常なし。次回は半年後。半年後も変わりなければ、1年おきでOKとのこと。

元々はこの時点で松阪へ帰るつもりだったけれど、和歌山と奈良と三重の県境あたりで時間通行止めがあって、通れる時間に間に合わなくなってきたので、そのまま午後もいることにする。

午後からは訪問リハビリ。机のことやベッドのことなど、事前の想定と、実際の父の動作が異なることを相談。ベッドは配置の変更を先生が手配してくれたので、母も安心できたかと。膝が悪くて装具をつけていることについても、つけっぱなしの血流障害より、つけずに立ち上がった場合の損傷のリスクが大きいとのことで、食事の時は外す程度で運用することに落ちついた。

その後はヘルパーさん。挨拶だけして田辺から松阪へ出発。


母の作業を分担してしまうと、私が松阪に戻るとそのまま母の負担になるので、なにかしら滞るところを解消することに努めたつもり。私は母のやり方は無理があると思っているし、母は私がうるさいと思っているんだろうし、この先どうなることやら。

祝!家族で「サイボウズ チーム応援ライセンス」適用

先日のこちら、

blog.studio-fu.com

ブログでの報告が遅くなっておりますが、サイボウズご担当者様の審査が想像以上に早くて、1/16に適用のお知らせが届いていました。
ありがとうございます!

実家作業やら、kintone認定アソシエイトの受験勉強でスタートダッシュが遅れていますが、まずは家族に使ってもらえるよう、モバイルから使えるアプリを作りましょう。

kintone認定アソシエイト受験の記録

1/27(日)、kintone認定アソシエイトを受験してきました。

受験のきっかけ

kintoneとは、クラウドのデータベースで、小さなものから大きなものまで業務のデータをまとめてシステム化するのに便利なサービスです。今回受験したkintone認定アソシエイトは、kintoneのスキルを証明する認定資格の1つ。現時点では、アソシエイト合格後に受験できるアプリデザインスペシャリスト、カスタマイズスペシャリストが実施されています。

cybozu.co.jp

前職で使っていたので、スキルの整理として資格取得には興味はあり、試験対策テキストはずいぶん前に購入済みでした。Amazonの画面では2018年11月2日に注文したと出ています。

このタイミングでの受験の決め手は、やっぱり無料バウチャーです。キャンペーンを知ったのは2019年12月上旬、期限が2020年1月中。試験日まではそれなりに日数があったのですが、プライベートでバタバタしており、いつ、どこで受験するか決めかねていたことを考えると、期限がなければ、まだ受験していないだろうと思います。

受験会場は自宅から最寄りを選択、kintoneの試験は月1回しかないのが難ですが、津駅のすぐそばで公共交通機関で行くには便利なところ。ぎりぎりまで暗記するには、車より電車での移動が助かりました。受験場所、受験日を決めてからも、時間をとられ、思った通りの準備はできませんでした。予定通りの受験ができただけでもラッキーかも。

試験対策(理想)

・実物をさわりながらヘルプを一通り読む。
・試験対策テキストの問題をとく。正解と記憶が違うところは、出版時期と最新の機能の差違を確認する。
・出版時期より後に追加された新しい機能は、わざわざ開発したぜひ使って欲しい機能で周知したいと思われるので、試験範囲としてヤマを張るべきところ。
・既存の機能も、新機能も、試験対策テキストの問題のような問いかけされたときに、自信を持って答えられるまでちゃんと覚える。

実際の試験対策

・試験対策テキストに目を通しながら、問題を解く
・間違えたところ、正解でも自信がないところは、ヘルプをみる(実際に動かすところまではできず)
・知ってること、覚えていることでは全然足りないことがわかったので、ヘルプをみて、できればkintoneの実際の画面を確認して、できるだけ暗記

テキストと、実際の問題と、今触れる最新のkintoneの差違が気になりますが、そこの確認に時間を割くのがつからったので、割り切りました。
バージョン違いによる誤答があっても、ほかを全部正解すれば合格するはず!
しらんけど。

用語の暗記

試験対策テキストのような出題傾向に対応するには、緻密に暗記が必要だと思います。

暗記の方法は、じっくり読む、単語帳を作るなど、自分に合ったものでやればよいかと。私はQuizletという単語カード形式の学習サイトを使いました。Android、iPhoneともにアプリがあります。

学習ツールと単語カードを無料で | Quizlet

Excelで単語と定義のデータを作って、Webにそのまま貼り付けると学習データが作れるのが便利です。また、単語と定義のセットを適当に組み合わせて、それらしい4択を作ってくれるので、解答を書くのにいちいち調べながらになる初期の負担が軽いです。もちろん、本物の試験問題のように、意地悪な正誤の文面を自動で作ってくれませんが、あの微妙な文面を正しく判定するには、どのぐらい細かく覚えておく必要があるかを考慮して、単語と定義のセットに追加しておくと便利です。

kintoneヘルプの用語集ページの用語をもとに、ベースとなる学習データを作りました。

kintone用語集 - kintone ヘルプ

各用語の説明文を見て、不足を感じればその先のリンクも読んで、覚えておきたいと思った内容を拾います。必要に応じて、穴埋め形式にすると、コピペした文面をひねることなく、単語と定義のデータとして使えます。下記のような感じです。自分ではそんなにできていませんが、3番目以降をたくさん作れると、しっかり覚えられると思います。


単語:APIトークン
定義:外部のプログラムでkintone REST APIを実行する際に認証に使用する文字列です。

単語:kintone REST API
定義:APIトークンとは、外部のプログラムで[○○○]を実行する際に認証に使用する文字列です。

単語:20
定義:生成できるトークンは、アプリ1つにつき[○○○]個までです。

kintoneヘルプで「補足」と「注意」の部分は、試験対策テキストの問題でよく触れられていると思います。意識して覚える対象にするとよいと思います。

分類して整理

したかったけどできなかったこと。
例えば、下記にあるようなフィールド。カテゴリ別に分類して、重複不可の設定のあるなし、検索の対象になるかどうか、など。テーブルや関連レコード一覧を細かく聞かれるときにも、フィールドの性質を把握しておくと役立つと思います。

kintoneで利用できるフィールド一覧 - kintone ヘルプ
フィールドの入力制限 - kintone ヘルプ
計算式で参照できるフィールド - kintone ヘルプ



PCならできて、kintoneモバイルでできないことも整理して覚えたい分野かと。

あと、公式ヘルプにあるページでは、下記のページを「直前対策に使える!」と思ってずいぶん前にプリントアウトしたのを、試験後に発見しました。学習データを作らず、ヘルプで覚えるつもりだったのに、結局していないので、当日の試験ではできが悪かったはずです。

ユーザーがスペースでできる操作 - kintone ヘルプ

管理者の種類 - cybozu.com ヘルプ

制限値の確認

試験対策テキストの問題で問われるような数値をまとめておきたいと思っていたら、いい感じにまとまっているページが公式ヘルプにありました。試験直前に目を通すとよいと思います。

制限値一覧 - kintone ヘルプ
フィールドコードとは - kintone ヘルプ


さらに覚えておきたいところ

DATE_FORMAT関数の日付の形式
[DATE_FORMAT]計算式で日付や日時を表示する - kintone ヘルプ
試験対策にまでは不要かもしれないけれど、ここにあるということだけは覚えておきたい。
タイムゾーンの一覧 - cybozu.com ヘルプ



受験結果

バージョンの違いは無視しましたが、合格はできました。

事前に不足を感じていたところが、管理者、ユーザー管理、アクセス権、プロセス管理、日時の扱い、スペース・ゲストスペース、通知、モバイル。用語を押さえるだけでは足りない、触っていないとわからないと思っていたところが、やっぱり弱かったと思います。試験中にほかにも弱いところがあるのに気づいたのは覚えているけれど、試験直後から思い出せない…

受験をおすすめする方

職場内にkintoneがあることをイメージしたとき、アプリ作成をお任せしたい方に合格してほしいかと言えば、そうでもないなと。普段使う必要がない範囲も含めて、広く正確に覚えないと合格できなさそうなので負担が大きすぎるように思いました。そんな方には、こちらの情報がおすすめです。
kinbozu.com

試験対策テキストを見て、「こういうこと、何度も調べたな〜」って感じるような方は、チャレンジするとよいと思います。すでにある知識を正確なものにする、普段使っていなくて把握していない機能を知ることができるので、今後の使いこなしが変わってくるのではないでしょうか。

最後に

認定証の写真は、合格したらとるのだと思っていたら、受験の受付の時に撮った写真でした。私は、本人確認だと思って、認定証に使われるとは思わずに撮られた写真がそのままになったのが心残り。斜めがけしたかばんを外し、コートを脱いだだけでもマシだったか…

受付では、合格したら認定証になるというつもりで写真を撮ってもらいましょう。